【個人向け国債】の購入

2015年4月19日

【個人向け国債】は、日本国債を個人が買いやすいように簡単に改良した投資商品なので、とても購入しやすくなっています。

定期預金とほとんど同じようなものである【個人向け国債】は、初心者でも気軽に購入することができます。

株などのように売買をくり返すものとは違い、【個人向け国債】の場合、満期まで持つ投資商品になるので購入しやすいです。

そして、 1万円から購入できるのが【個人向け国債】なので、最低額 1万円から簡単に購入することができます。

購入金額の上限もなくいくらでも購入可能な【個人向け国債】は、とても有益な商品と言えるでしょう。

ただ、一度【個人向け国債】を購入すると、満期までしっかり持ち続けないと、購入するメリットが少なくなります。

もちろん、【個人向け国債】は、解約することもできますが、解約費用がかかるので、注意しなければなりません。

 

【個人向け国債】は、基本的に、定期預金のように満期まで持ち続けるべき投資商品であることを購入の時によく考える必要があります。

年に2回の利息がつく銀行預金のように、【個人向け国債】を購入すると、同じように、毎年 2回利息がもらえます。

利息は元本にかかって複利運用ではありませんが、【個人向け国債】は、株のように下がって大損したというようなことはありません。

とても安全な投資が【個人向け国債】なので、ほとんどの金融機関で扱っていて、おおくの人が購入しています。

まれに手数料がかかる場合がありますが、【個人向け国債】を購入すると、通常は手数料無料になっています。

ただ、【個人向け国債】を購入する場合、預貯金の口座とは別の口座が必要になるので、初めて購入するときは口座開設手続きをする必要があります。

その際、印鑑や本人確認書類が必要なので、【個人向け国債】を購入するときは忘れないようにしましょう。

 

【個人向け国債】を購入する場合、窓口に直接行くほか、ネットで口座開設するという方法もあります。

国債はペーパーレス化されていて、口座の中でデータ管理化されているので、【個人向け国債】の購入はとても便利です。

【個人向け国債】を購入した場合、紙に印刷された券が発行されるわけではないので、保管の必要がありません。

国に投資をする【個人向け国債】は、一番リスクが低い投資先と言われていて、最近では購入する人が増えています。

1万円から投資ができる【個人向け国債】は、半年に1回ずつ年に2回の利子がもらえるので、購入しがいがあります。

満期についても、【個人向け国債】の場合、固定金利の3年と5年、変動金利の10年があり、購入の際、自由に選べます。