年金をクレジットカードで支払う時のデメリットについて

クレジットカードを利用して国民年金を支払うのは便利でお得なので、そうする人が増えていますが、不利になる点はないのでしょうか。

クレジットカードを使って国民年金保険料を納付すると、クレジットカードのポイントの対象になるので一石二鳥だと思う方もいらっしゃると思います。

銀行口座からの引き落としでも割引サービスは存在します。

クレジットカード払いの時にはつかえませんが、銀行口座からの振替の場合は早割制度があります。

銀行口座からの引き落としの場合と、クレジットカード払いの時とでは、保険料をまとめて支払った場合の割引額は異なっています。

総じて、銀行口座からの振替の場合の方が割引額が高くなっています。従って、この割引額の差額と、カード利用によるポイントのどちらが高くなるかを見極めることが必要です。

買い物をしていて利用限度額までの余裕がない場合、クレジットカードで国民年金を納付することができなくなることもあり得ます。

国民年金であっても利用限度額にはひっかかりますので、年金を支払うための余裕をもたせてクレジットカードを使うようにしましょう。

クレジットカードの場合、解約の可能性もあります。紛失や盗難によってクレジットカードの番号が変わることも考えられます。

クレジットカードの変更手続きには手間がかかりますので、その点も不利な点と言えるでしょう。

国民年金のクレジットカード払いに関しては、分割やリボ払いによる納付は認められていません。あくまで一括で支払わねばならないので注意しましょう。

このように、クレジットカード払いには特有の長所と短所がありますので、そのあたりを見比べてどうするかを決めるようにして下さい。

バイナリー初心者

マイルが貯まるクレジットカード

利用するたびにマイルを得ることのできるクレジットカードをお使いの方もいらっしゃると思います。

マイルはいくつかの航空会社が提供していて、利用するごとに点数がたまっていくサービスのことです。

マイルというのは、そのポイントの単位の事になります。クレジットカードを利用した時にポイントが付くカードはいくつもありますが、マイル制の場合はマイルが貯まることになります。

航空会社のポイントプログラムであるため、飛行機を利用することでマイルは貯まっていきますが、提携しているクレジットカードを利用することでもたまる場合があります。

このポイントプログラムでマイルを貯めることができれば、往復航空券が無料でもらえたりするなど特典が用意されています。

マイルをたくさん貯めるためにクレジットカードを使って買い物をするのは、その他にも、ためたマイル数に応じて商品券やプレゼントなどが手に入ったりするからです。

出張や旅行というように、飛行機をよく利用するような人であればマイルは速く貯まります。

あまり飛行機に乗らないとマイルも貯まらないので、クレジットカードと提携しているものを選ぶ方がお得です。

提携するクレジットカードを利用した金額に応じて、マイルがたまっていきます。

このため、クレジットカードと提携があるマイルプログラムの方が速く貯まることになりますクレジットカードで買い物や支払いをすれば、それだけマイルも貯まるということになるわけです。

極端なことを言えば、一切飛行機を利用しなくても、クレジットカードだけでマイルがためられます。

バイナリー初心者

クレジットカードでのマイルの溜め方

マイルは航空会社の制度ですので、飛行機に乗るのが一番の取得方法です。

ただし、提携があればクレジットカードで貯めることもできます。それほど頻繁に飛行機を利用する人は稀でしょうが、クレジットカードを利用することは結構あると思います。

そこでマイルが貯まるとしたらうれしい制度なのではないでしょうか。

クレジットカードと提携しているタイプのマイルプログラムがあるところに限ります。

クレジットカードを利用してマイルが貯められるかどうか、そのマイルプログラムがどうなっているかを知っておくのは大事です。

クレジットカードによるマイル取得が可能である場合、そのクレジットカードを使っていればマイルが貯まっていきます。普段の買い物の支払いの他にも、公共料金の支払い、自動車のガソリン代、携帯電話の代金などをクレジットカードを経由して支払っていれば、マイル数の基準となる利用額はかなりのものになるでしょう。

クレジットカードを使って支払いをすることに抵抗感を覚える人もいるかもしれませんが、それだけお得なのです。

提携クレジットカードがある場合、そのクレジットカードを賢く利用した方がマイルが多く貯まります。

意識的にカードを利用して、たくさんマイルをためるようにした方がお得です。毎月8~9万円分をクレジットカードで支払うと、800マイル前後もらう事ができます。

毎月これだけの金額をカード払いするとして、一年で9,600マイル、一年三ヶ月で12,000マイル貯まります。

そのあたりで国内線のチケットがもらえると思います。何マイル貯めると何がもらえるか、というのは、厳密にはマイルのプログラムごとに内容が違います。

クレジットカードと提携したプログラムを選ぶ時に、何マイルで何をもらえることになるのかはきちんとチェックしましょう。

バイナリー初心者

外国為替チャートとは

外国為替のチャートというものをご存じでしょうか。

例えばアメリカと日本と言ったように、通貨制度が違っている二国間で代金をやりとりするような場合、現金を直接輸送せずに外国為替という決済方法を使って決済します。

外国為替の取引の際に参考にするのがチャートです。

外国為替取引は、インターネットが広がったことで一般の人の手にも届くようになりました。このため、取引をする人は増えてきています。

個人投資家の中にも、外国為替取引を通じて投資を行なう人が増えてきています。こうした為替取引を行なう際に、為替のチャートは必要不可欠なものです。

通貨制度が違っている二国間での取引を処理するために外国為替という方法が用いられますが、為替の決済は刻々と変化する為替レートに基づいて行なわれます。

為替レートがどう動いたかによって、有利にもなれば不利になることもあり得るのです。

刻々と変化する為替レートの動きを時間の経過で区切って、通貨の値動きをグラフに書き表したものが、外国為替チャートと呼ばれるものです。

さまざまな表現方法のある外国為替チャートですが、「ローソク足」と呼ばれるやり方で表現されたグラフが一般的になっています。

「ローソク足」の為替チャートは、通貨の値動きを一目で見て分かるように考案されたもので、使われている記号がローソクの形をしているためにこのように呼ばれています。

為替取引を有利な形で進め、資産を増やして行くには、外国為替のチャートを使いこなせるようになる必要があります。

外国為替チャートとローソク足

ローソク足は日本でよく使われている外国為替のチャートです。

このチャートには単位となる時間が決められています。

ローソク足チャートの表示において、一単位となる時間の始めについた値を始値、最後についた値を終値といいます。

中でも一番高い値段を高値、そして最も低い値段を安値として、4つの値段を基礎に作られるものです。

外国為替のローソク足チャートには、陽線と陰線とがあります。

ローソク足の外国為替チャートで白か赤で描かれる陽線からは、単位時間の値動きが上昇する傾向にあったことが分かります。

ローソク足による外国為替チャートで陰線と言った場合、黒か青で表現されるのが普通で、その時間の値動きが下落方向に向かっていることを示しています。

ローソクの形をしたチャートの胴体部分から伸びる細い線はヒゲと呼ばれます。

細い線が上に伸びているならば上ヒゲ、下に伸びているならば下ヒゲと呼びます。ひげの長さやトレンドのどの時に出現したかによって、状況が変わってくるので大切です。

ヒゲが長い場合、相場の勢いが少なくなってきたことを示しています。長い上ヒゲならば上昇力の低下、長い下ヒゲならば下げる力が失われてきたことが分かるわけです。

胴体部分が一本の線になり、十の字のように見える場合、これをコマ足と言います。

このように、外国為替ではチャートを利用して相場の状態を見極めます。

チャートが大事だと言うことがおわかりいただけるかと思います。

バイナリー初心者