国の学資ローン

 

教育一般貸付という、日本政策金融公庫が扱う教育ローンがあります。

公的な学資ローンはこれに当たります。

教育一般貸付が作られたのは昭和54年で、これまで410万人がこの学資ローンを使っています。

各金融機関や、国民生活事業各支店、日本政策金融高にて、国の学資ローンである教育一般貸付の申込み手続きが可能です。

この他、学資ローンには郵貯貸付というローンがあります。

これは簡易郵便局以外の郵便局か、ゆうちょ銀行で申込みができます。

近年の不景気の関わりの中で、平成21年8月に更に制度が強化されました。

子どもの教育にあてる費用を確保するための学資ローンという位置づけです。

貸付上限金額も、従来は200万円でしたが、300万円に引き上げられ、より多くの融資が可能になりました。

従来のものより活用しやすいように、10年以内で返済するという条件が15年以内に緩和され、返済に関する負担がより軽減されたローンとなっています。

政改革推進法や国会審議の内容から、平成20年10月以降は融資の対象条件も緩和されています。

現在では世帯収入が1190万円以下なら誰でもこの学資ローンが使えますが、それまでは世帯の収入は1年に990万円以内、事業所得者は770万円以内という制約があり、利用できない人が大勢いたようです。

また、学資ローンで受けた融資金を、学校へ支払う教育費以外にも使える幅が広がりました。

住居費用や教科書代金、教材費、パソコンを購入する際の資金として使うことも認められるようになりました。

独立行政法人日本学生支援機構が奨学金を出していますが、国の学資ローンはこの仕組みとの重複利用が可能です。

学資ローンを賢く使うことによって、財産的にこれ以上の教育を受けることが難しいという人でも、何かしらのやりようはあるかもしれません。

“国の学資ローン” への3件の返信

  1. ピンバック: brett
  2. ピンバック: Glen
  3. ピンバック: Joey

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です