有担保の事業ローンについて

借りる金額と同等の不動産などの担保を借り入れの条件として提供するのが、有担保の事業ローンの特徴になります。

万が一、借入金が返せないという状況になった時に担保を使ってその借入金を弁済するというものです。

金利が安く、借入額の上限が高いということが、有担保の事業ローンのメリットだといえます。

まとまった金額をある程度借りる場合、特にこの金利というのは重要になります。

年5%と、年8%の2種類の事業ローンの金利がつくローンがあるとしましょう。

あまり大差ないように3%程度だと感じるかもしれませんが、1千万を10年で返す場合だと例えば月額の支払い金額で1万5千円もの開きが出てきてしまいます。

18万円にも年間にするとなってしまいます。

安ければ安い方が良いに越したことはないのが、金利なのです。

事業ローンを利用する際は、大切な比較ポイントとなります。

借りることが出来るかどうかの審査が、事業ローンを申し込む場合にはあります。

直近の決算書の提出が、すでに開業している場合は不可欠なものです。

事業計画書や経営改善計画書などの提出が、新規の開業資金として事業ローンを申し込む場合は必要となるでしょう。

ノンバンク系の金融機関は短時間で借りることが出来、審査も比較的簡単というメリットもあります。

それぞれメリットとデメリットがあるので、事業ローンは両方を踏まえて上手に利用するようにしたほうが良いでしょう。

無担保の事業ローンについて

無担保、そして第三者の保証人が不要というものが、事業ローンで一般的に多いといいます。

借りる金額にも寄るようです。

住宅ローンなどに比べると、審査に必要な書類なども比較的少なく、お金を短期間で借りることが可能です。

担保として不動産や預金などを提供する必要がなくお金を借りられるのが、無担保のメリットだといえるでしょう。

借り入れ金額も少なく、金利も有担保事業ローンに比べると、高い傾向にあります。

さらにマイナス面としては、最長借り入れ期間が短いなどがあります。

無担保にするかどうかを事業ローンを組む場合に決めるときには、返済プランや、資金などをよく考えましょう。

事業ローンを組む際には、銀行系とノンバンク系の二つに分けることが出来ます。

銀行系のメリットというのは、金利が低く返済期間も長めに設定できることが多いということです。

反対に審査に時間がかかることが多いため、すぐに必要な場合は間に合わないという事態になることもあります。

金利が高いノンバンク系は銀行系に比べると借りられる金額も少ないですが、短時間でお金を借りることが、審査の時間が短いので可能です。

実際に事業ローンを組む場合は自分の用途に合わせて、担保ありか、担保なしかを選択しましょう。

事業者ローンを利用して開業する時

事業者ローンをどのように利用して開業すれば良いのでしょうか。

開業する場合や、新しく事業を起こす場合には、ある程度まとまった資金が初期投資として必要です。

一般的には開業資金の場合公的融資などを利用しまかなうことが多いようです。

金利が公的融資は低い分、審査や手続きに時間がかかるというのがデメリットです。

時間がかかることでせっかくのビジネスの機会を逃す恐れがあるのであれば、1つの方法としては民間の金融機関の事業者ローンを活用するということがあります。

開業資金には利用できない場合も事業者ローンの中にはあるので、気をつけなければなりません。

運転資金として、すでに開業している事業者が事業者ローンを申し込む場合には、直近の決算書を提出することになっています。

前もって準備しておかなくてはならないのは、新規の開業資金として事業者ローンを申し込む場合に必要となる、事業計画書などの書類です。

審査のときに調べられるのは、申込者個人の債務状況も同様です。

代表者本人が保証人になるケースが、事業者ローンの場合は多いようです。

できるだけ住宅ローンなどの負債がある場合は、減らしておく事が重要でしょう。

近頃では、キャンペーンなどで民間の事業者ローンでも、金利を優遇しているところもあるといいます。

いろいろと準備に、特に開業時には時間が掛かるものです。

事前に事業者ローンについても調べておけば、いざという時にもきっと役に立つでしょう。

ノンバンク系の事業者ローン

銀行以外の金融会社、ノンバンク系ものが、事業者ローンにはあるようです。

借り入れが銀行でできなかった事業者でも、お金が借りられる場合もあるのが一番のメリットではないでしょうか。

とてもいざという時に役立つのは、借り入れの審査にかかる時間が短くて済むからです。

2~3日程度が、ノンバンク系の事業者ローンにかかる審査のようです。

金融会社の中には、1時間程度の審査で即、お金を借りることができるところもあるようです。

提出する書類も少ないため、審査に手間がかからないというのも、銀行と比べてメリットがあるといえるでしょう。

金利は銀行系事業者ローンに比べて高くなっており、借りることのできる金額も少なめの設定です。

銀行の事業者ローンで、担保を付けて借入れした方が、どうしてもまとまった金額を借りたいのであれば良い場合もあるようです。

ノンバンク系でも、もし借り入れ金額が少なく、緊急を要していたり、借りてもすぐに返せる予定があるのであれば非常に利用する価値があるといえるでしょう。

たくさんの金融会社が事業者ローンのサービスを提供しているので、できるだけ金利の安いところから借り入れするようにしましょう。

事業者ローンはノンバンク系の場合、金利の負担が返す期間が長いほど大きくなってしまいます。

優先的にノンバンク系のローンから返済していくように、まとまったお金が入ったら手を打ちましょう。

借入金額をできるだけ少なくする事が、上手に事業者ローンを利用するポイントでもあるといえます。

事業者ローンとは

ローンの中でも事業者ローンとは、会社などを運営するために利用するものです。

ビジネスローンとも別名呼ばれています。

中小企業や個人事業主などを対象に主に設定されているものです。

数多く、担保や第三者の保証人が不要といった事業者ローンもあるといいます。

近頃では、比較的審査に必要な書類も少なく、すぐに短時間でお金を借りることができる金融会社もあるそうです。

即日にお金を借りることができる場合も、事業者ローンを扱う金融会社によってはあります。

とてもいざというときに心強いというメリットがあるといえます。

大きく分けて2種類ある事業者ローンは、銀行系とノンバンク系に分類することができるようです。

有担保ローンと無担保ローンに分けて、担保の有無によって考えることもできるでしょう。

銀行系の事業者ローンは、その中でも最優先で利用したいものです。

事業者ローンの中でもまとまった金額を借り入れることができるものなので、特に担保がある場合にはおすすめです。

また資金計画が立てやすいといったメリットも、返済期間も長めに設定できるところが多いためあるのではないでしょうか。

審査の結果が出るのにかなりの日数がかかる傾向が、銀行での事業者ローンにはあるようです。

早めに事業者ローンを申し込むように、急いで資金が必要な場合には間に合わないこともよくあるのでしたほうが良いでしょう。

クレジットカードで貯まるマイルを有効利用する

どのような方法で、クレジットカードで貯まるマイルを有効利用ができるのでしょうか。

クレジットカードで貯めたマイルにはほとんどの場合、有効期限がついています。

どんどん有効期限のあるマイルは、無効になる前に活用していきましょう。

その中でも一番おすすめのは、航空券へ利用することです。

貯まったマイル数に応じて国内外の航空券に交換できます。

航空会社はそれぞれグループに所属しているので、同じグループの別の航空会社のチケットに交換することも可能です。

海外旅行で利用する際には特に、クレジットカードをホテルの精算などに使うことで、マイルが更に貯まるので非常にお得なのです。

JALなどはクレジットカードがあれば、家族のマイルも合算できるので、数人分の航空券が手に入ることもあります。

ユナイテッド航空などは家族のマイルを合算することができないので、クレジットカードもありますが少し不便なかもしれません。

ユナイテッド航空のマイレージの場合は有効期限が、とにかくマイルの変動が有効期間内にあれば延長することが可能です。

有効期限は、マイルの一部をチャリティとして寄付しても、延びるので良い方法ではないでしょうか。

クレジットカードで貯まるマイルの活用方法はいろいろあるので、しっかり情報収集して有効に活用していただきたいものです。

クレジットカードでマイルが貯まる

マイルがクレジットカードで貯まるように、もし飛行機に乗る機会があるならば事前に申請をしておく事をまずおすすめします。

航空会社のほとんどが何らかの金融会社のグループに最近は属しているそうです。

クレジットカードを利用すればマイルがたまる仕組みになっているので断然お得です。

いつも利用する航空会社がきまっているのであれば、何かと便利なので合わせてクレジットカードを申し込んでおきましょう。

買い物での利用はもちろんのこと、旅先でのホテルの精算にもクレジットカードは使えます。

そのたびにマイルが貯まりとってもお得です。

マイルを貯めることは、クレジットカードのさまざまな利用の場面で可能となります。

公共料金をクレジットカード払いにすることでマイルが貯まります。

たくさんのマイルが、支払いはクレジットカードにすると、貯まっていくでしょう。

旅行などではサービスマイルが、ホテル選びにもこだわることでつくこともあるようです。

大手チェーンのホテルは航空会社と提携し、マイルのサービスを行っている場合も特によくあるので、チェックを事前にしてみましょう。

ANAやJALのマイルは家族の分を、クレジットカードを持つことで合算することも可能です。

クレジットカードを選ぶ際はマイルのサービスもぜひ有効に活用したいものです。

クレジットカードとマイル

クレジットカードとマイルとはどのようなものなのでしょうか。

最低一枚は、成人であればほとんどの人がクレジットカードを持っているかもしれません。

クレジットカードの中でもポイントとしてマイルがたまるものは、普段から旅行が好きな人にとっては非常に魅力的なものではないでしょうか。

旅客機を運航している航空会社が、飛行距離に合わせて設定している独自のポイントのことを、マイルといいます。

マイルの取得には、系列の会社が運航するに飛行機乗った距離によってできるそうです。

買い物でも取得が可能なのが、マイルのポイントです。

ショッピングマイルが金額に応じてたまるという仕組みにも、航空会社が発行するクレジットカードを利用することでなっているといいます。

飛行機に普段はあまり乗らない人でも、マイルの獲得がクレジットカードを利用すればできるのでとても便利だといえます。

国内外の航空券に、たまったマイルはポイント数に応じて交換することが可能です。

ほかにもマイルポイントとして、電子マネーのような扱いにもできる航空会社もあるといいます。

最近はクレジットカードに付加価値を求める人も多く、マイルのポイントはとても人気のようです。

飛行機にはほとんど乗らずクレジットカードの利用のみでマイルをためている人もいます。

海外旅行はもっぱらクレジットカードでたまったマイルで行くそうで、通称陸マイラーと呼ばれているのです。

中古車ローンの審査

どのように中古車ローンの審査は行われるのでしょうか。

中古車であれば、金額の高い憧れの車も購入はできるのではないでしょうか。

最近では不景気の影響もあり、新車よりも中古車のほうが人気とも言われています。

ローンを組んでもし資金がない場合は購入することになります。

審査が借り入れする場合にはもちろんあります。

一般的に利率が低い傾向にあるのは、信販会社よりも銀行などのオートローンの方です。

最近では低金利で利用できる中古車のローンが、JAなどでもあるといいます。

審査基準が銀行系は厳しく、車の所有権も万一の時に備えて担保としてつけなければならないことがほとんどだそうです。

中古車の場合車の評価額が新車よりも低く担保としての価値も低いので、融資できる金額も少額になります。

勤続年数や、年収なども加味されるようです。

金利が優遇されている分オートローンは保証人が必要な場合も、他のローンとは違ってよくあるようです。

比較的日本の車は壊れにくいといわれていますが、中古車を購入した場合、支払いのほかに整備点検などのメンテナンスにお金がかかる面もあるようです。

あまりに年数の経ったものや、走行距離の多い中古車はでは融資してもらえないこともあるので事前に確認が必要です。

借り入れる人のキャッシングなどの履歴もチェックされます。

カード会社でのリボ払いの支払いが多額に残っている場合や、ローンを組んでいたりした場合には、中古車ローンを活用できないということもあります。

中古車とローン会社

ローンを組んで購入するというケースが、中古車を手持ちの資金がないのにどうしても車が必要な場合には一般的だといえます。

ローンは、車を購入する中古車販売店で、斡旋しているものを組む人がたくさんいます。

とはいえ利率には注意しなければなりません。

実際に中古車販売業者が斡旋するローンで多いのは、いわゆるカード会社などの信販系の会社です。

比較的利率も高めになっているのが、分割払いに当たるローンです。

銀行で借り入れが出来なくても、オートローンなら借り入れできる場合もあるようです。

高い金利なので、返済がのちのちの苦しくなることも考えられるので気をつけたほうが良いでしょう。

中古車の購入に使われるローンは、アドオン式という方法で返済金額が決められていることが多いもの特徴です。

アドオン式は、元金である元の支払金額にあらかじめ利率を乗せ、支払い期間で割って金額を出す複雑な計算方法です。

この返済方法の場合、元金がなかなか減らないといった欠点があります。

信販系の場合は、まとまったお金が入ったのでローンの繰り上げ返済したい場合も、ローンの途中解約とみなされてしまいます。

この場合解約手数料が取られ、さらに支払い金額が増加する結果となります。

あまり金額の高くない中古車をローンで購入する場合は、いつでも繰り上げ返済できる金融機関のローンを利用して借り入れした方が支払う金額も少なく済みます。