クレジットカード現金化の違法性

クレジットカードを現金化する際に気にかがることとして、法律との兼ね合いがあります。

実はクレジットカードの現金化をする人は最終的にクレジットカードの請求が滞りやすいのです。

支払いができずに債務整理の憂き目にあう人が多いことが、問題視されています。

問題を孕んでいることが認識されていながらも、クレジットカードの現金化は法律の取り締まり対象にはなっていません。

クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、法律には触れません。

ただし、換金のためにはクレジットカードは使えないことは、クレジットカード会社との約束事項に明記されています。

条項の点からすればクレジットカードを利用した現金化はクレジットカード会社の利用規約に違反することになります。

クレジットカード会社に現金化で使ったことが発覚した場合は、クレジット会社からは強制退会させられることでしょう。

ここ最近は、カード会社も現金化にはかなり厳しい対応を取っているようです。

万が一、クレジットカードの現金化が理由で退会させられた場合、残っているカードの残額は一括返済を求められます。

クレジットカードの現金化をすると、以後は要注意人物としてマークされるようになります。

そのため新規のローンが組めなくなったり、クレジットカードが作れなくなるなどします。

また、クレジットカードを現金化する業者は、必ずしもフェアなやり方で現金化を行っているとはいえないこともあるようです。

クレジットカードを現金化する時は、それが法的に正しいことなのか考える必要があるでしょう。

“クレジットカード現金化の違法性” への3件の返信

  1. ピンバック: Marc
  2. ピンバック: Paul
  3. ピンバック: Hugh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です