ブラックリストに載ると融資が受けられなくなる

ブラックリストに名前が載ると、以後の融資は絶望的になるといううわさ話が存在します。

ブラックリストと呼ばれるものは実際には金融業界には存在しません。

一体どのような事情で、ブラックリストがあって融資が難しい人がいるという話になったのでしょう。

クレジットカードを作る、またはローンを組むなど融資を受けた場合、契約をした人の情報は信用情報機関に登録されます。

利用者が返済を遅らせたり返済できなかったりという問題を起こした時は、その情報も記録されます。

その人が借りたお金をしっかり返せなかったという事実が、信用情報機関にその人の信用情報として登録されます。

信用情報機関が保有する事故情報は審査の結果を左右するため、ブラックリストと見なされています。

実際にはブラックリストというリストは金融業界には存在しません。

融資についての事故情報が登録されてしまった状態がブラックリストに載っていると表現されているのです。

ブラックリスト入りの状態になると、審査に極端に通りにくくなります。

また、ブラックリストが原因でクレジットカードも新しく作れなくなります。

クレジットカードの作成やショッピングローン融資の利用に際しては、ブラックリストに名前がなくその人自身の信用情報に問題がないことが条件とされています。

“ブラックリストに載ると融資が受けられなくなる” への3件の返信

  1. ピンバック: Alejandro
  2. ピンバック: Virgil
  3. ピンバック: Nelson

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です