信販系キャッシングの注意点

日頃は決済に使っているクレジットカードをキャッシングに使えることが、信販系キャッシングの特徴です。

手軽に融資が受けられることもあり、様々な人がキャッシングに使っています。

どのような点に気を使うことが、信販系キャッシングでは大事でしょうか。

キャッシングの審査についてです。

信販系のキャッシングは消費者金融系より審査が厳しい傾向にあります。

おおよその基準としては、成人しており、正社員あるいは派遣社員で勤続年数が1年より多く、年収は250万円以上がボーダーラインです。

信販系のキャッシング会社によっては、主婦や学生、パートやアルバイト従事者に対しては融資を行わないことがあります。

金利面でも、消費者金融系と比べれば信販系は金利が低いとされています。

とはいえ、キャッシングをショッピングカードで行う時だけ金利が高めになっていることもあるので、気をつけましょう。

どの金融会社から、どんな方法で融資を受けるかで、金利条件は異なります。

借り入れ前に金利について調べておくことが、キャッシング活用のコツです。

信販系キャッシングを利用する時は、自動引き落としの期日によって利息が高くつくこともあります。

信販系のキャッシングの落とし穴の一つで、会社の締め日や支払日によって金利の計算が変わっていくというものです。

短期間しかキャッシングしないつもりでも信販系の場合1カ月分の金利が請求されることもよくあるので金利の計算方法には注意が必要になります。

“信販系キャッシングの注意点” への5件の返信

  1. ピンバック: fred
  2. ピンバック: fred
  3. ピンバック: harvey
  4. ピンバック: Ben
  5. ピンバック: cody

コメントは受け付けていません。