主婦キャッシングと総量規制

主婦キャッシングに多大な影響を与えると言われているのが、総量規制がされるようになったことです。

総量規制により、今までのように主婦がある程度自由にキャッシングができなくなるからです。

総量規制とは何なのでしょうか。

端的に言うと、借り入れが金融会社などが出している無担保ローンについて、総収入の1/3以上は法律上不可能になってしまうというものです。

50万円以上一つの会社で借り入れがある場合や100万円以上借り入れ総額がある場合は、提出しなければいけないと決められているのが収入を証明する物です。

夫の収入を証明する物と、承諾書などが、専業主婦がキャッシングする場合には必要となります。

キャッシングを今までのように家族に知られずにするということはなかなか厳しくなるのではないでしょうか。

総量規制というのは、主婦を含む消費者保護を目的としています。

借り入れがキャッシング機能のあるカードなども含めて年収の1/3を超えると、新規の借り入れが不可能となります。

本来多重債務をなくす事が、この規制の目的だといえます。

実際には疑問の声もあり、理にかなっているかどうか分らないとも言われているようです。

金融会社に確認したほうが、主婦キャッシングを利用したいと言う人は総量規制というのは2010年6月に施行されているのでおすすめです。