主婦キャッシングとクレジットカード

主婦キャッシングが難しくなった場合、まず真っ先に考えるのがクレジットカードのカードキャッシングではないでしょうか。

主婦の人の場合も他の人同様、カードキャッシングも年収の1/3の枠に入ってしまいます。

借り入れは新規ではできないことになっているのは、キャッシングをもし借り入れ枠以上の金額をしたいと言う場合だそうです。

同じくリボ払いのキャッシングや海外キャッシングも入ります。

持っている枠分の貸付扱いに使っていなくてもなると言う事が、クレジットカードで気をつけなくてはならないことです。

クレジットカードで50万円の限度額のものを3枚持っていると、150万円の貸付という扱いなってしまうようです。

夫の収入がもし450万円だとすると、1/3枠分をすでに使用しているという計算にこの場合にはなってしまうでしょう。

使うカードを1~2枚に限定して所持するように、クレジットカードなどを何枚も持っている人はしたほうが良いでしょう。

ほかにはキャッシング枠を無くしておくのがおすすめです。

総量規制によって全体的に厳しくなったと言えるのが、主婦のキャッシングです。

特に従来は夫に知られる事なく、主婦も借り入れをする事ができました。

夫がキャッシングを利用したくても収入の1/3の金額を主婦の方が使い切ってしまっていた場合などできず、夫に知られてしまう事もあり得るでしょう。

もし主婦キャッシングをする場合におすすめなのは、事前に情報収集をしてから計画的に利用するようにすることです。

“主婦キャッシングとクレジットカード” への5件の返信

  1. ピンバック: Erik
  2. ピンバック: jimmie
  3. ピンバック: julius
  4. ピンバック: Kenneth
  5. ピンバック: jorge

コメントは受け付けていません。