クレジットカード審査のスコアリングシステム

どんなクレジットカードでも、発行時には必ず審査があるものです。

審査の段階で断られれば、その人はクレジットカードの発行はされません。

クレジットカード会社が審査を行う場合、スコアリングシステムというもので点数を付けているそうです。

スコアリングシステムとは具体的にどのように行われるのでしょうか。

クレジットカードの申し込み情報に記載された年齢や勤務年数などの情報です。

これまでキャッシングをどのように利用しているか、返済時にトラブルは起こしていないかなども含めて判断をしているようです。

一つ一つの条件に点数をつけ、自動的に合計を算出します。

例えば、居住については自分の家を持っている人が最も点数が高く、その次から家族の持つ家、社宅、アパート、マンションの順になります。

クレジットカードの審査では、審査基準の各項目で評価を行って総合点を出してランク付けがされます。

ランク分けの結果によってクレジットカード発行の可否が決定され、クレジットカードの限度額も決まるそうです。

スコアリングシステムは手動ではなく、すべてコンピューターが行われます。

クレジットカードの審査は明確な指針が存在しており、誰でも同じように判断されているといえます。

クレジットカードの審査基準

クレジットカードを持つことが一般的になっていますが、審査を受けなければカードはつくれません。

もしも審査の段階で断られれば、クレジットカードは発行されません。

それぞれのクレジットカード会社は、入会審査の判断基準として3Cと呼ばれるものを取り入れています。

3Cとはいったいどのようなものなのでしょうか。

クレジットカードが発行されやすい人というのは職業的には医師や弁護士など社会的地位の高い人です。

また、上場企業に長く勤めている人や、公務員のような安定した仕事をしている人なども該当します。

土地や不動産を所有し、年収も安定して高い人が評価されます。

水商売や肉体労働者などは収入が安定しない職業と見なされています。

また、フリーターやアルバイトの収入も不安定であるとされ、審査ではマイナスです。

職業によって審査での評価が異なるのは、仕事の内容を差別しているためではなく、信用力のある人を見極めてサービスを提供するためといえます。

3Cの1つめはCapacityと呼ばれ、資力を意味します。

継続して返済することのできる一定の収入があるかどうかという返済能力をみるものです。

2つめはChracterと呼ばれ、性格を意味します。

お金に関しての性格、決められた日にきちんと返済する人かどうかということです。

3つめはCapitalであり、資産のことです。

負債の担保としての家や貯蓄、車などの資産があるかどうかです。

クレジットカードの発行には、一定の審査をクリアしている必要があります。

 

クレジットカードの注意点

クレジットカードが1枚あれば、様々なサービスが利用できます。

手持ちの現金がなくても、クレジットカードがあればカードを使った決済ができます。

現金が必要になった時には、キャッシングをすることも可能です。

支払いを翌月にずらしたり、分割にすることもできるのでより買い物がしやすくなるメリットがあります。

クレジットカードは使い方を誤ると、予想外の請求が来ることもあるので注意が必要です。

リボルビング払いに設定してクレジットカードを使っていると、うっかり使いすぎてしまう危険性もはらんでいます。

返済能力をオーバーするようなキャッシングの仕方をして、返済時になって困るという人もいます。

クレジットカードを使う時には、先々のことまで視野に入れて無理のない範囲で使うようにしましょう。

クレジットカードは常に信用の上で成り立っています。

一度でも返済が滞った場合ブラックリストに載っている可能性もあります。

載ったことが原因となって、新規でのカードの申し込みや、住宅ローンの申請ができなくなるケースもあります。

破産したことがある人、クレジットカードの返済ができなくなったことがある人は、ブラックリストに載った名前は5年~7年は消えませんので、気を付けるようにしましょう。

クレジットカードの審査

クレジットカードを作りたいのであれば、金融会社の審査をパスしなければならないものです。

決まった仕事についていない人、クレジットカードの滞納履歴がある人は審査に通りにくくなります。

いくら申し込んでも、審査で利用を断られることがあるので、注意が必要です。

複数のクレジットカード会社で利用を断られた場合には、しばらくの間クレジットカードを作成できないと思ったほうがいいでしょう。

クレジットカードの審査は、本人の身分確認のほか、勤続年数や収入、過去のクレジットカードの履歴なども必ずチェックします。

間違いなくその会社で働いているか確認するために、クレジットカード会社が勤務先に電話をすることもあります。

人によっては、クレジットカードがなかなかつくれないこともあります。

働いていない人や、幾つかのキャッシング会社からお金を借りて返済途中にあるという人などです。

過去にキャッシングやカードローンの支払いを滞納したことがある人や、破産の経験がある人はブラックリストに載っています。

審査の段階で却下されてしまうようです。

通常、審査に通らなかった場合はその会社系列のクレジットカードは持つことができません。

違う会社のクレジットカードであれば、審査に通ることもあり得ます。

何が何でもクレジットカードが必要だという人は、別のクレジットカード会社に申込みをしてみるという手もあります。

クレジットカードの特徴

働いている人であれば、基本的に自分の名義のクレジットカードを持っていることでしょう。

この頃は、銀行が発行するキャッシュカードがクレジットカードとして使えるものもあり、重宝しているという人もいます。

クレジットカードのメリットは、何と言っても現金を持ち歩く必要がないところ。

高額商品を買いたい時にも支払いを分割にすることができます。

使用金額に応じてポイントがたまるということもあります。

クレジットカードを何枚か持って、上手に使い分けしている人も大勢います。

海外では、クレジットカードが身分証明書として機能する場面もあります。

ホテルのチェックインでは、クレジットカードを出すように求められることが、海外旅行時には多くあります。

海外に行くのであれば、クレジットカードを1枚は所持しておくべきだといいます。

クレジットカードは誰もが持てるものではありません。

新規で作成するためには必ず事前に審査はあるので利用を断られることもあります。

一般的には、仕事を持ち一定の収入がある人であれば、問題なくクレジットカードを持つことができるでしょう。

更にグレードの高いゴールドカードやプラチナカードになると審査基準が厳しくなります。

また、収入が不安定だったり、ついている仕事の内容によって、クレジットカードが作れないこともあります。

利率を考えたキャッシングの利用を

昔は近寄りがたいものでしたが、最近はキャッシングの利用も一般的なものになり、利率も様々なものがあります。

キャッシングカード会社や銀行も、低い利率でのキャッシングを取り扱っているようです。

銀行のキャッシングはATMから借り入れができ、返済もATMを活用できる利便さがあります。

若い人を中心にとても人気が高いと言われています。

またクレジット会社によるキャッシングは、買い物の請求と合わせて返済ができます。

クレジットカードを使っている時と同様に使えるという利点があります。

キャッシングを利用するに当たって、多くの人が名前を知っている有名な会社から借りることに安心感を見出す方がいます。

その反面、消費者金融会社などは新たな顧客を開拓するのが重要な命題となっています。

銀行系やクレジット系の会社に対抗する為に、設定している利率を低くしていることも少なくありません。

特に最近見かける利率0でのキャッシングは、消費者金融系の会社によくあります。

低利率のキャッシングは、借りたい金額が小額ですぐに返済のめどが立っている場合に大いに活用できます。

まとまった収入のあてが数日後に控えているという場合は、利率0%のキャッシングを上手に活用することによってお金を借りることも可能になります。

 

利率の低いキャッシングについて

これまでは利率がどれだけつくかわからずキャッシングは怖いと思っていた人でも、法律が見直されてからは利率の上限が決まって利用しやすくなりました。

最近では、多くの人がキャッシングを使っています。

ある統計によると、今では成人の1割を超える数の人が一度はキャッシングを経験しているのだとか。

キャッシングは銀行をはじめ、カード会社なども積極的に宣伝活動を行っています。

続々と新しいキャッシング方法を提案しては、より低利率での融資を謳っています。

給料日まであと数日という時にお金がつきたという場合は、キャッシングは心強い存在です。

キャッシングの利点は、銀行ATMなどを操作して手続ができるという気軽さです。

また、この頃は利息のないものもあります。

無利息でのキャッシングは利用条件が細かく決まっているところも多いため、事前にチェックしておくことが重要です。

30日間は利率0%と明言しているキャッシングもよく目にします。

期日以内に全額返済できれば、金利ゼロの融資も可能となりうるケースです。

条件として、初めて利用する人に限定されていたり、低利率で融資できる金額に制限があることが多いようです。

キャッシングを利用する際は注意が必要です。

もしも利率が低めに設定されているキャッシングを利用した場合でも、借り入れ期間が長ければ条件が満たされないことがあります。

 

キャッシングの利率

キャッシングでは、利率が大事です。

キャッシングは、個人を対象とした小口の融資で、金融会社が取り扱っているものです。

適用される利率は利用する店舗などによっても違いがあります。

テレビやインターネットなどでもよく目にするキャッシングの広告です。

広告にに表示されている利率はたいてい一番低い利率の場合です。

基本的にキャッシングを利用する際には必ず事前審査があり、そこでさまざまな条件が設定されています。

利率がいくらかは、審査の結果によっても変わります。

金融会社といっても色々あり、利率の違いも意外と大きいものです。

低金利で貸し付けてくれる金融会社からお金を借りれば、つく利息を少なくすることができます。

融資を軽い気持ちで受けられるようになったといっても、多重債務状態に陥ってしまうことは回避すべきことです。

最近は法改正もあり、今までのようないわゆるグレーゾーン金利による融資が撤廃されたため、利率の上限は明確化されています。

法改正により今までは最高29.2%まで設定が可能であった利率も、2012年以降一律に上限は20%までとなりました。

以前に比べてずいぶんと手軽で便利となったキャッシングです。

キャッシングを使う場合は、利率も確認し返済までの見通しを行い、どうしても借りなければいけないお金だけ借りるようにしましょう。

仕事市場サイトを活用

就職活動や転職活動のために、ちょくちょく仕事市場のサイトを見ることで、条件に合う求人はないかと探す人は数多くいます。

多くの場合、求人情報を探すためには職業安定所のような公共機関で求人探しをするという人が多いようです。

新聞の折り込み広告、フリーペーパーや求人雑誌などで、チェックする人もいますが、就職情報は多い方がより有利なもの。

地域の求人サイトをこまめにチェックしている人も見かけます。

サイトを持つ会社の規模が小さく、地域も限定されています。

隣県の求人が全く掲載されていなかったり、調べようがなかったりというところもあります。

色々な求人に目を通したいならば、楽天の仕事情報のサイトなどが役に立つのではないでしょうか。

仕事市場という名称で運営されているサイトは日本じゅうの求人を網羅しているところが多く、遠くの求人について知りたいという人には役に立つサイトです。

楽天の仕事市場はサイト上にある企業数が多いことでも有名です。

自分の希望する職種や年収などで選択していくことで、該当する求人情報を手軽にチェックすることができます。

楽天の仕事市場は、載っている求人情報がとても細かく、企業としてのイメージが付きやすい点でもおすすめ。

興味のある求人を見つけたらどのようなプロセスで応募するかも詳細に書かれていることも、仕事市場が人気がある理由です。

キャッシング限度額の引き下げ

大事なのはキャッシングの限度額は、高ければいいというものではないということです。

気持ちが大きくなってささいな理由で借りてしまいがちになるのが、本当に必要な金額よりたくさん借入ができる状況にいる場合です。

あえて限度額を低く設定することで、自己制御をはかる人もいます。

キャッシングの限度額を低くしておくことで、カードの紛失などトラブルが発生した時の被害を最小限に留めることができます。

限度額の減額は増額より簡単で、金融会社に電話などで問い合わせることで手続きが可能です。

キャッシング機能が、クレジットカードを作った時に、ついているのことはよく耳にします。

限度額は使う予定のないキャッシング枠ならば下げておくのが、防犯のためには良いかもしれません。

貸し倒れ問題の悪化などで、金融会社側から限度額の減額を申し出てくることが、最近ではあるようです。

かつては延滞さえしなければ減額はまずありませんでしたが、最近はそれ以外の点にも注意が必要です。

転職や転居の届け出をしていなかった場合や、他社での借入件数が増えている人は、限度額を減額されることがあるようです。

特に借入件数を増やすことを金融会社側は警戒します。

限度額増額の相談をした方が、キャッシングの件数を増やすくらいなら良いのではないでしょうか。