クレジットカードの注意点

 

クレジットカードが1枚あれば、様々なサービスが利用できます。

手持ちの現金がなくても、クレジットカードがあればカードを使った決済ができます。

現金が必要になった時には、キャッシングをすることも可能です。

支払いを翌月にずらしたり、分割にすることもできるのでより買い物がしやすくなるメリットがあります。

クレジットカードは使い方を誤ると、予想外の請求が来ることもあるので注意が必要です。

リボルビング払いに設定してクレジットカードを使っていると、うっかり使いすぎてしまう危険性もはらんでいます。

返済能力をオーバーするようなキャッシングの仕方をして、返済時になって困るという人もいます。

クレジットカードを使う時には、先々のことまで視野に入れて無理のない範囲で使うようにしましょう。

クレジットカードは常に信用の上で成り立っています。

一度でも返済が滞った場合ブラックリストに載っている可能性もあります。

載ったことが原因となって、新規でのカードの申し込みや、住宅ローンの申請ができなくなるケースもあります。

破産したことがある人、クレジットカードの返済ができなくなったことがある人は、ブラックリストに載った名前は5年~7年は消えませんので、気を付けるようにしましょう。

クレジットカードの審査

 

クレジットカードを作りたいのであれば、金融会社の審査をパスしなければならないものです

決まった仕事についていない人、クレジットカードの滞納履歴がある人は審査に通りにくくなります。

いくら申し込んでも、審査で利用を断られることがあるので、注意が必要です。

複数のクレジットカード会社で利用を断られた場合には、しばらくの間クレジットカードを作成できないと思ったほうがいいでしょう。

クレジットカードの審査は、本人の身分確認のほか、勤続年数や収入、過去のクレジットカードの履歴なども必ずチェックします。

間違いなくその会社で働いているか確認するために、クレジットカード会社が勤務先に電話をすることもあります。

人によっては、クレジットカードがなかなかつくれないこともあります。

働いていない人や、幾つかのキャッシング会社からお金を借りて返済途中にあるという人などです。

過去にキャッシングやカードローンの支払いを滞納したことがある人や、破産の経験がある人はブラックリストに載っています。

審査の段階で却下されてしまうようです。

通常、審査に通らなかった場合はその会社系列のクレジットカードは持つことができません。

違う会社のクレジットカードであれば、審査に通ることもあり得ます。

何が何でもクレジットカードが必要だという人は、別のクレジットカード会社に申込みをしてみるという手もあります。

クレジットカードの特徴

 

働いている人であれば、基本的に自分の名義のクレジットカードを持っていることでしょう。

この頃は、銀行が発行するキャッシュカードがクレジットカードとして使えるものもあり、重宝しているという人もいます。

クレジットカードのメリットは、何と言っても現金を持ち歩く必要がないところ。

高額商品を買いたい時にも支払いを分割にすることができます。

使用金額に応じてポイントがたまるということもあります。

クレジットカードを何枚か持って、上手に使い分けしている人も大勢います。

海外では、クレジットカードが身分証明書として機能する場面もあります。

ホテルのチェックインでは、クレジットカードを出すように求められることが、海外旅行時には多くあります。

海外に行くのであれば、クレジットカードを1枚は所持しておくべきだといいます。

クレジットカードは誰もが持てるものではありません。

新規で作成するためには必ず事前に審査はあるので利用を断られることもあります。

一般的には、仕事を持ち一定の収入がある人であれば、問題なくクレジットカードを持つことができるでしょう。

更にグレードの高いゴールドカードやプラチナカードになると審査基準が厳しくなります。

また、収入が不安定だったり、ついている仕事の内容によって、クレジットカードが作れないこともあります。

利率を考えたキャッシングの利用を

 

昔は近寄りがたいものでしたが、最近はキャッシングの利用も一般的なものになり、利率も様々なものがあります。

キャッシングカード会社や銀行も、低い利率でのキャッシングを取り扱っているようです。

銀行のキャッシングはATMから借り入れができ、返済もATMを活用できる利便さがあります。

若い人を中心にとても人気が高いと言われています。

またクレジット会社によるキャッシングは、買い物の請求と合わせて返済ができます。

クレジットカードを使っている時と同様に使えるという利点があります。

キャッシングを利用するに当たって、多くの人が名前を知っている有名な会社から借りることに安心感を見出す方がいます。

その反面、消費者金融会社などは新たな顧客を開拓するのが重要な命題となっています。

銀行系やクレジット系の会社に対抗する為に、設定している利率を低くしていることも少なくありません。

特に最近見かける利率0でのキャッシングは、消費者金融系の会社によくあります。

低利率のキャッシングは、借りたい金額が小額ですぐに返済のめどが立っている場合に大いに活用できます。

まとまった収入のあてが数日後に控えているという場合は、利率0%のキャッシングを上手に活用することによってお金を借りることも可能になります。

利率の低いキャッシングについて

 

これまでは利率がどれだけつくかわからずキャッシングは怖いと思っていた人でも、法律が見直されてからは利率の上限が決まって利用しやすくなりました。

最近では、多くの人がキャッシングを使っています。

ある統計によると、今では成人の1割を超える数の人が一度はキャッシングを経験しているのだとか。

キャッシングは銀行をはじめ、カード会社なども積極的に宣伝活動を行っています。

続々と新しいキャッシング方法を提案しては、より低利率での融資を謳っています。

給料日まであと数日という時にお金がつきたという場合は、キャッシングは心強い存在です。

キャッシングの利点は、銀行ATMなどを操作して手続ができるという気軽さです。

また、この頃は利息のないものもあります。

無利息でのキャッシングは利用条件が細かく決まっているところも多いため、事前にチェックしておくことが重要です。

30日間は利率0%と明言しているキャッシングもよく目にします。

期日以内に全額返済できれば、金利ゼロの融資も可能となりうるケースです。

条件として、初めて利用する人に限定されていたり、低利率で融資できる金額に制限があることが多いようです。

キャッシングを利用する際は注意が必要です。

もしも利率が低めに設定されているキャッシングを利用した場合でも、借り入れ期間が長ければ条件が満たされないことがあります。

キャッシングの利率

 

キャッシングでは、利率が大事です。

キャッシングは、個人を対象とした小口の融資で、金融会社が取り扱っているものです。

適用される利率は利用する店舗などによっても違いがあります。

テレビやインターネットなどでもよく目にするキャッシングの広告です。

広告にに表示されている利率はたいてい一番低い利率の場合です。

基本的にキャッシングを利用する際には必ず事前審査があり、そこでさまざまな条件が設定されています。

利率がいくらかは、審査の結果によっても変わります。

金融会社といっても色々あり、利率の違いも意外と大きいものです。

低金利で貸し付けてくれる金融会社からお金を借りれば、つく利息を少なくすることができます。

融資を軽い気持ちで受けられるようになったといっても、多重債務状態に陥ってしまうことは回避すべきことです。

最近は法改正もあり、今までのようないわゆるグレーゾーン金利による融資が撤廃されたため、利率の上限は明確化されています。

法改正により今までは最高29.2%まで設定が可能であった利率も、2012年以降一律に上限は20%までとなりました。

以前に比べてずいぶんと手軽で便利となったキャッシングです。

キャッシングを使う場合は、利率も確認し返済までの見通しを行い、どうしても借りなければいけないお金だけ借りるようにしましょう。

キャッシング限度額の引き下げ

大事なのはキャッシングの限度額は、高ければいいというものではないということです。

気持ちが大きくなってささいな理由で借りてしまいがちになるのが、本当に必要な金額よりたくさん借入ができる状況にいる場合です。

あえて限度額を低く設定することで、自己制御をはかる人もいます。

キャッシングの限度額を低くしておくことで、カードの紛失などトラブルが発生した時の被害を最小限に留めることができます。

限度額の減額は増額より簡単で、金融会社に電話などで問い合わせることで手続きが可能です。

キャッシング機能が、クレジットカードを作った時に、ついているのことはよく耳にします。

限度額は使う予定のないキャッシング枠ならば下げておくのが、防犯のためには良いかもしれません。

貸し倒れ問題の悪化などで、金融会社側から限度額の減額を申し出てくることが、最近ではあるようです。

かつては延滞さえしなければ減額はまずありませんでしたが、最近はそれ以外の点にも注意が必要です。

転職や転居の届け出をしていなかった場合や、他社での借入件数が増えている人は、限度額を減額されることがあるようです。

特に借入件数を増やすことを金融会社側は警戒します。

限度額増額の相談をした方が、キャッシングの件数を増やすくらいなら良いのではないでしょうか。

キャッシング限度額の引き上げ

増額をキャッシングの限度額はすることができるようです。

前より大口の融資が可能になりますので、自由に使える金額が、限度額を引き上げることができればより多くなるといえます。

グレーゾーン金利が撤廃されてから、以前より限度額を増やすことは難しくなりましたが、無理というわけではありません。

限度額を上げるためには、キャッシングを利用している金融会社に相談をする必要があります。

相談をするためには、自分がこれまで良い顧客であったかどうかが大事です。

延滞など返済トラブルを起こしたことがなく、借入金はきちんと返済している人のことを、良い顧客といいます。

さらに他社でのキャッシング利用額が少なければ少ないほど良いといえるでしょう。

延滞履歴がある人や収入が不安定になった人は信用力が低下しており、限度額の増額が断られることが、反対にあるようです。

キャッシング会社側からすれば、借りたお金を確実に返済してくれる客がいい客です。

よい客にはよりたくさん貸して、利息をつけて返済してもらいたいと考えています。

一社から定期的にお金を借りて、期日までにきちんと返済するという状態を継続しましょう。

限度額の増額を、キャッシング会社からの信用が増えてしてもらうのが簡単になります。

キャッシングの限度額とは

金融会社で借入可能な上限金額が、キャッシングの限度額と呼ばれるものです。

融資を借入金の合計がその金額になるまで受けることが可能です。

一旦返済をしても、繰り返し限度額までの借入が可能です。

キャッシングの限度額は、申込み時に行われる審査によって判断される信用度に応じて決まります。

返済能力が高い人の限度額は高くなりますが、収入が不安定な人や他のキャッシングを利用している人の限度額は低く設定されます。

返済能力のある人にこそお金を貸したいと考えているのが、金融会社側です。

それぞれの金融機関でキャッシングの限度額異なりますが、大体50万円~500万円ぐらいではないでしょうか。

要望や利用履歴によって限度額がアップしたり、逆に減額されることもありますので、一度決まったらずっと固定ではないものです。

限度額の引き上げには、再び審査が行われることもあります。

限度額が高いほど融資可能な金額は高くなりますが、かといって上限ぎりぎりまで借りるものと解釈するものではありません。

あくまで自分が幾らまで返済できるか、幾らの借入を必要としているかに基づいて融資を受けましょう。

一概に言えるものではないのが、キャッシングの限度額が増えても、自由になるお金が増えたのだということなのです。

外国為替市場の参加者

抽象的な存在である外国為替市場で取引をしているという人達とは、どういった人なのでしょう。

個人や企業も外国為替市場に参加していますし、金融機関やヘッジファンドなども外国為替市場で取引を行っています。

外国為替市場はインターバンク市場と対顧客市場に分かれており、参加者によって取り引きする場所が異なります。

為替ブローカー、日本銀行、証券会社や銀行関係、日本銀行は外国為替市場のインターバンク市場で取引をしています。

存在感は大きく、取引の行方がレートをも左右しています。

一方、対顧客市場では、会社だけでなく個人も参加しています。

様々な立場の人が外国為替取引を行っています。

ビジネスのため、必要に応じて為替取引をしいる層と、為替レートの変動に応じて差益を得ようとしている層とが、外国為替市場にはいます。

投機筋は金融機関や個人投資家で実需筋は輸出業者や輸入業者、一般企業などです。

外国為替市場には、マーケットメーカーとまーけっとゆーざーとがいます。

為替レートの値段をつける人達と、それを利用して取引をする人達です。

FXを行う企業や銀行がマーレットメーカー、参加者全てをマーケットユーザーというわけ方ができます。

多くの人が外国為替市場に参加していることから、市場規模の巨大さがわかるというものです。