REITとETF

REITは、ETFとよく間違われますが、その違いは、不動産市況の影響を大きく受けないのがETFです。

ETFは、REITと違い、日経平均株価に連動していて、その点が大きな違いということになります。

REITとETFは、共に、日銀が保有金額を増やせば、それだけ、値上がりが期待できることになります。

不動産の投資信託がREITで、証券取引所に上場していて、株式と同じように売買することができます。

資産運用を運用会社に外部委託しているので、最近ではREITは、日銀の買い入れで大きな注目が集まっています。

そして、政府の金融緩和政策においては、REITのみならず、ETFの買い入れも発表されています。

日銀のREITとETF購入の金額をみると、日銀が買うのは国債だけなのかどうか、疑問を感じます。

REITとETFは、株価指数に連動し、これまでも買ってきたのですが、ETFの保有を2.3倍の3.5兆円としています。

そしてREITに関しては、5割増の1700億円に増やすという目標を政府は打ち立てています。

日銀は国債の購入を発表すると共に、同時にREITとETFの購入金額も発表しているので、その動きが注視されています。

そうすると、保有金額がかなり増加するので、REITとETFの市場での動きが非常に注目されています。

日銀のREITの購入金額 が2年で5割増の1700億円 というのはかなり思い切った策と言えるでしょう。

また、ETFの購入金額も 2年で2.3倍の3.5兆円なので、今後益々、REITと共に、ETFも注目されることは間違いありません。

REITとETFの市場規模拡大もさることながら、日銀の購入金額が非常に多くなっていることに注目が集まっています。

REITは、ETFのように、日経平均株価の指数には連動していませんが、証券取引所に上場しています。

普通の株式のように売買できるのがREITの魅力で、投資信託会社が投資家からお金を集めて、指数を構成します。

株式のうち一定割合を買って運用するとETFの価値は上がりますが、REITとはまた、その仕組みが違います。

ETFは日経平均株価に連動していて、REITのように不動産市況の影響を受けず、ETFの場合、各種手数料は不要です。

有利な運用成績をあげやすいのがETFで、REITの場合、不動産市況によっては、値下がりすることがよくあります。

もちろん、REITは、不動産の売却益や賃料収入が利益の源泉になるので、不動産価格が上昇すれば、それだけ価格が値上がる可能性は高くなります。

REITは不動産市況の影響を大きく受けてしまいますが、ETFはそうした心配がほとんどありません。

ブラックカードの​年会費

ブラックカードの年会費というと、かなり高いというのは、誰もが容易に想像がつくところです。

そんな中、最近、ブラックカードの元祖と言われているアメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードの年会費がさらに値上げされました。

これまででも年会費はかなり高かったのですが、センチュリオンのブラックカードの年会費は倍にまで引き上げられたのです。

そうした現状にあるにもかかわらず、ブラックカードを所持する人は少なくなく、日本人には富裕層が多いことを示しています。

ブラックカードの年会費は、様々ですが、やはり、アメリカンエキスプレスセンチュリオンカードがダントツです。

センチュリオンブラックカードの年会費は、驚くなかれ、何と36万7500円となっています。

年会費で次に高いのが、これはブラックカードではありませんが、ダイナースクラブプレミアムカードの10万円です。

ブラックカードの年会費は会社によってかなりバラつきがあり、JCBザクラスカード は5万2500円です。

セブンヒルズワールドカードのブラックカードの年会費は、15万7500円となっていて、これまた軽く10万円を超えています。

各社によってそれなりにブラックカードの年会費は格差がありますが、いずれにせよ、高いことには変わりありません。

端的に言えば、これくらいの年会費も支払えないような人は、ブラックカードを持つ資格はないのかもしれません。

ブラックカードを所有するには、それなりの年会費を支払えるだけの余裕がなければならないと言うことです。

日本でブラックカードと言うと、アメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードが有名ですが、選ばれた人しか持てません。

人気の高いセンチュリオンのブラックカードの年会費が、4月から大幅値上げになってしまいました。

ブラックカードでセンチュリオンの年会費はこれまで 16万8000円だったのが、2倍以上の36万7500円になりました。

このことで、ブラックカードのステータスはさらに上がり、ますます高嶺の花になってしまいました。

なぜも、センチュリオンのブラックカードの年会費が値上げになったのかというと、元々日本の会費が低かったことに起因しています。

他の国のブラックカードの年会費を見ると、30万円台というのは普通で、日本で値上げされたのは仕方のないことなのです。

米国でも2500ドルと30万円近かったので、ブラックカードの年会費の値上げは妥当とする声もあります。

今回のブラックカードの年会費の大幅アップにより、今後の日本でのカードの発行の行方が見守られています。

REITチャート

REITを長期チャートで保有する場合、分配金で収益を得るか、株価が安い時期で購入して高くなってきた時に売却することです。

長期チャートで保有することでREITは、メリットが生かすことができますが、株価の市場の動きには注意しなければなりません。

大幅な下げがあるのがREITなので、日頃からチャートをしっかりと見ていかなくてはなりません。

下げの理由は、某投資法人が十分な審査をしていない不動産を取得したということでREITの下落に端を発しています。

は安全という思い込みは、REITのマイナスのニュースを呼びこむことになり、結果、売りが進んでしまいます。

投資家はREITのメリットばかりに捉われるのではなく、常にチャートを見ながらリスクを配慮しなければなりません。

しっかりチャートに留意して、できるだけ長期投資でREITに取り組んでいくのが、望ましい方法になります。

REITを長期チャートで取り組むなら、投資法人の経営状態や、投資対象の不動産が優良であるかをよく調べなければなりません。

そして、過去の分配金の利回りや予定分配金なども、REITをするにあたって、よく調べて色々と判断しなければなりません。

そして、株価ができるだけ安い時に購入したいと考えるのが投資家心理なので、REITをする際は、権利落ちの時期を調べておくことです。

決算告示の後などは投資家の売りが進むので、その時期にチャートなどから判断して、REITの購入時期を計ることです。

利回りの推移もREITの長期投資に影響が出るので、利回りが今後上回るのか、維持できるのかをチャートで判断しなければなりません。

長期保有していく上でチャートは投資判断の基準になるので、REITをする上で重要な指標になります。

株価が上昇すれば、利回りは下がるので、チャートでよく判断して、REITから他の投資法人への乗り換えも検討すべきです。

REITは、指数を見るとわかりやすく、東証市場に上場する不動産投資信託全銘柄を対象とした時価総額加重型の株価指数を指します。

東証REIT指数の長期チャートを見れば、指数の動きが手にとるようによくわかるので便利です。

東証REIT指数の長期チャートは、一時期相当な含み損を抱え込んでいたのですが、最近では5年前と同じ水準になっています。

今は、売るのであれば、REITからというくらいの過熱ぶりで、これはチャートを見ればすぐにわかります。

REITのチャートは、リアルタイムで更新されるようになっていて、最新の指数を反映したものとなっています。

チャートの推移をみると、REITは、サブプライムローンの破綻の影響による不動産価格の下落影響を大きく受けています。

ブラックカードの​限度額

ブラックカードというのは、選ばれた人しか持てない、非常に取得条件の厳しいクレジットカードです。

そこで気になるのがブラックカードの限度額ですが、いくらというのは、一定の決まりがありません。

中には、年収300万円の人でもブラックカードが持てるという話もありますが、そうした人の限度額はどうなのでしょう。

いずれにせよ、ブラックカードは簡単に所持することはできず、限度額も各社によってバラつきがあるようです。

ブラックカードの利用可能枠はかなり大きいので、中には限度額無しの無制限と言う人もいます。

いつでも高額な買い物ができるのがブラックカードなので、限度額がないと思われても仕方がないのかもしれません。

しかし、ブラックカードは、カード会社によって差はあるものの、基本的に限度額が設定されています。

ブラックカードの限度額は無制限ではなく、与信枠が正しくしっかりと制限されています。

カード所有者の保有財産や勤務先、勤続年数などを考慮して、ブラックカードには、限度額に制限が設けられています。

例えば、同じアメックスのブラックカードでも、限度額には差があり、購入できる物に大きな差が出てきます。

いずれにせよ、ブラックカードの限度額については、制限がそれぞれ、各社によって個々に設けられています。

カードヒストリーがしっかりあれば、ゴールドの限度額も相当なものですが、やはりブラックカードの限度額にはかないません。

インビテーションで権利が与えられるのがブラックカードなので、限度額についてははっきりした答えがありません。

会費が10万円くらいするブラックカードもザラにあり、そうしたカードの限度額はかなり高いものと推察されます。

ブラックカードは、限度額がどうというより、ローレックスなどを軽く購入できるくらいの資力が必要です。

インビテーション来た時だけ入れるのがブラックカードなので、限度額については公表されていません。

ネットで調査すると、ブラックカードの限度額については、SBIワールドカードが限度額トップと出ました。

SBIのブラックカードというと、ソフトバンクGPの北尾さんが社長なので、かなりの限度額が期待されます。

SBIワールドカードはまさしく、ブラックカードの頂点を狙っていると言って良く、限度額もかなり奮発しています。

ただ、SBIワールドカードはブラックカードの限度額の中で群を抜いていますが、アメリカンエキスプレスカードは一律の利用限度額を設けていません。

 
 

 

REITの今後

REITは、不動産投資法人が投資家から集めた資金により、複数の不動産を購入して運用する投資手段です。

賃料収入や物件の売却益を投資家に分配金として配分する仕組みが、REITにはしっかり構築されています。

株式に例えると、REITでは、株価にあたるのが投資口価格で、配当金にあたるのが分配金ということになります。

つまり、REITへ投資するということは、投資口価格の上昇による売買差益と分配金の両方が期待できるわけです。

REITがなぜ注目されているのかというと、分配金利回りが非常に高いからで、今後益々注目は高まることでしょう。

また、管理費用などの経費を除いた収益の9割超を分配すると、REITの場合、法人税が課税されません。

制度上の特典が認められているREITは、今後、多くの人に注目されることになるのは必至と言われています。

REITは、通常、半年ごとの決算で収益の大半が分配金に回されるので、分配金利回りが非常に高くなる傾向にあります。

日本においても、REITは、東京証券取引所に39銘柄が上場していて、今後は更に増えると見込まれています。

全体の値動きを示す東証REIT指数も順調な推移で、1年間で約34%の上昇を見せていて、今後の動きが注視されています。

最近では、REITは、3カ月で約53%も上昇したことになり、リーマン・ショック以降、低迷を続けていた相場が一気に上昇に転じています。

これは、需給関係の改善が効を奏していて、REITは、今後さらに大きく発展していくことが期待されています。

オフィス2012年問題に端を発し、大量供給が一巡したところで下落基調が続いていたことで、REITが注目され始めました。

オフィス稼動率に底入れ感が広がり、東日本大震災を契機に、オフィスの移転ニーズが高まったことでREITが注目されました。

REITは、アベノミクスによる心理的効果も加わったことで、今後の動きが見守られています。

安倍政権が目指す脱デフレは、不動産価格の賃料相場の将来的な上昇を連想させるので、今後のREITに期待がかかります。

日銀が金融緩和の一環として、市場からREITの買い入れを継続しそうなことも、今後の期待感を高めています。

また、円安が進む中、海外からみた日本の不動産価格に割安感が出てきたことから、海外投資家からのREIT購入も増えています。

今後はREITについては、利回り面での投資妙味をいかに保てるかが、ポイントになるでしょう。

しかし、REITの分配金利回りは低下傾向にあるので、慎重に今後の動向を推察していかなくてはなりません。

ブラックカードの​ランキング

ブラックカードのランキングを見ると、第一位は文句なく、アメリカンエキスプレスセンチュリオンカードです。

このブラックカードは、世界のアメックスの中でも取得する難易度が非常に高く、ランキングでは常に不動の地位にあります。

ブラックカードとして広く認知されている、アメリカンエキスプレスセンチュリオンは、ランキング最高位です。

また、ブラックカードと並んで高い地位のあるダイナースクラブのプレミアムカードも人気が高いです。

完全招待制のクレジットカードで、入会のハードルが高いブラックカードは、一般の人が所持することはできません。

一般では目にすることはほとんどないのがブラックカードですが、特にランキングに入るような物は、それだけ条件も厳しいです。

JCBのThe ClassやSBIワールドカードなどもブラックカードとされていますが、これらはランキング外です。

ブラックカードでランキングに入るようなカードは、一般的な認知度やステータスが非常に高い物ばかりです。

ちなみにブラックカードランキングで1位のセンチュリオンの年会費は、36万7,500円と非常に高いです。

ブラックカードではありませんが、ダイナースクラブのプレミアムカードの年会費も10万5,000円と非常に高いです。

これらのカードは他のクレジットカードと比較するとケタ違いに年会費が高く、ブラックカードの中でも最高峰です。

ランキングに入っているブラックカードは、サービス内容も他のカードと比べて一線を画すものとなっています

ランキングに入っているブラックカードのサービス内容を見ると、別格の待遇を受けているのがよくわかります。

ランキング1位のセンチュリオンのブラックカードは、専属の担当者がついていて、24時間いつでもフリーダイヤルが繋がります。

ブラックカードでランキングに入るようなカードは、利用者の要望に応じたサービスが受けられるようになっています。

基本的にブラックカードは、利用額に一律の制限がないことから、高級外車などもカードで一括購入できます。

ブラックカードのランキング2位は、セブンヒルズワールドカードで、年収7000万以上という厳しい取得条件があります。

ランキング外ですが、ブランドや専門店のブラックカードも人気があり、様々な種類のカードがあります。

今では色んな種類のブラックカードがあるので、ランキングには個人の好みも多少反映しています。

ランキング1位のアメックスセンチュリオンブラックカードは、利用実績や年収に応じて特別に審査をし、招待制にて案内します。

REITの利回り

REITなどの投資商品や銘柄を選ぶ時、重要になってくるのが、利回りで、これは選ぶ際の大きなポイントになってきます。

基本的にREITは利回りが比較的高めなので、とても人気があり、魅力がある投資商品と言えます。

株式や国債の利回りとREITを比較しても、利回りがかなり高めであることを確認することができます。

不動産の賃料収入が主な分配の原資となっているREITは、利回りが高く、賃貸住宅なら、毎月の家賃を払っていることでイメージできます。

不動産の所有者側は、空室が多いと賃料が入ってこないので、REITで多くの不動産に投資することで空室のリスクを分散できます。

そうしたことから、REITの分配金は比較的安定的に支払われていて、利回りが高くなる傾向にあるのです。

REITの分配金の利回りが高めなのは、不動産投資を目的とする特別に認められた法人であるからです。

REITは、一定の条件の下、税金を免除されるようになっていて、そのことも利回りの高さに反映しています。

賃貸ビルなどを保有している会社がREITであり、不動産から賃料などの収入を得て、利益を上げています。

そのため、REITは、賃貸不動産に関する各種費用を負担する必要があるので、当然、費用支払うことになります。

賃料収入から費用を引いた利益の90%超を投資家に分配することを条件として、税金がREITでは免除されているのです。

投資家は、税金を引かれる前の利益を分配金として得ることができるので、REITは人気があるのです。

一般的な株式会社の株主は、法人税を支払った後の配当を受けますが、REITの投資主は、法人税が引かれません。

利益の配分を高い利回りで、しかも税金を引かれずに受けることができるので、REITのメリットは非常に大きいです。

REITは、元々、安定的に高い分配金を実現できる仕組みが構築されているので、実際の利回りも高めになるのです。

売買を繰り返すことで無駄な手数料や税金を発生させることがないのが、REITの良いところと言えます。

但し、大幅な価格変動や問題が発生しない限りは、REITの長期保有は避けなればなりません。

配当金で利回りの高い他のREITや、株式を購入することで、効果的に資産を増やしていくことが可能になります。

基本的に値下がりは無視することで、利回り4%のREITに1000万円を投資すれば、その後、値下がりしても、年40万円の配当が受けられます。

不動産投資信託のREITが今、人気になっているのは、高い分配利回りが期待できるからです。

ブラックカードと​年収

ブラックカードを取得するには、年収が安定している必要があり、不動産などのアセットがあることが要求されます。

また、過去の利用実績が良好でないと、ブラックカードは簡単には取得できないようになっています。

基本的に、ブラックカードは、年収の高い開業医や弁護士、上場企業のオーナーなどが所持しています。

また、それに準ずる高収入の年収を得ている外資系金融マンや個人事業主なども、ブラックカードを所持しています。

また、芸能人やスポーツ選手も年収の高い人は、ブラックカードを所持している人が多く、特に有名人にそうした傾向があります。

クレジット会社側からすると、有名で息の長い年収の高い芸能人やスポーツ選手でないとブラックカードを与えません。

芸能人は人気がなくなると年収が減少するので、ブラックカードを貸与する値打ちがないと判断します。

ブラックカードは、年収の高いスポーツ選手などもよく使用していますが、引退などのリスクがあるので、よほど実績がないと無理と言われます。

そうしたことから、年収が安定している中小企業のオーナーなどがブラックカードを持つ比率が高くなっています。

いくら年収があるとブラックカードが持てるかという規則は特になく、800万~数億円と、かなり幅があります。

つまり、年収いくらからブラックカードが持てるという決まりはなく、クレジットカード会社の明確な回答はありません。

年収は確かにブラックカードのホルダーを決める1つの要素ではありますが、それが全てではありません。

もちろん、年収が多くて、社会的立場や職業が明確な人は、ブラックカードを持ちやすいのは事実です。

年収が高く、貸したお金をしっかり返してくれる人であれば、ブラックカードを持つ資格が与えられます。

ブラックカードは、年収の高い有名人やスポーツ選手などにホルダーが多く、知名度も大きな条件になります。

一般的に、貸したお金を踏み倒されるリスクが少ない人にブラックカードのホルダー資格があり、年収がいくらかは公ではありません。

要するに、ブラックカードを保持するための年収の定めはなく、各社によって審査基準にはバラつきがあります。

ただ、ブラックカードを取得するには、ある程度の年収は必要で、少なくとも1,000万円~2,000万円程度は必要と言われます。

年収数百万円の少ない人が、年会費数十万円のブラックカードを持っても、あまり意味がないでしょう。

ブラックカードのデスクを十分に使いこなせる決済額を有していなければ、年会費の元を取ることはできません。

REITの下落傾​向

REITは、最近では下落する傾向にあり、その動向が危ぶまれていますが、それはちゃんとした理由があります。

まず、REITが下落する理由として考えられるのは、やはり、不動産の取得競争の激化状態にあります。

つまり、REITの下落は、不動産の競争が激しくなりすぎたことにあり、不動産会社の不動産取得競争がそのまま反映されています。

しかし、REITの下落を慎重に考えてすけば、それはとりもなおさず、不動産売却で企業は本業強化のチャンスがあることを示しています

実際、REITを運用している人は、立地などの条件が良い物件は限定されていて、取得競争は非常に厳しいと判断しています。

駅から遠い競争力が低い物件などは、REITに関しては、購入を避ける傾向が色濃く出ています。

取引対象になる不動産の選別は進んでいて、REITは、不動産の取得競争が行われることでその市況は活況を呈しています

REITの下落は、このところ顕著ですが、その配当金には不動産売却益もしっかり含まれています。

賃料収入が大きな割合を占めているのがREITで、下落理由としては、不動産の取得競争の激化で、含み損が発生するからです。

結局、REITの下落は、賃料収入が十分に得られないということが、一番に考えられることになります。

最近ではREIT購入日を日銀でも発表していますが、ETFと比較すると購入余力が限られているのが痛いところです。

この先、REITの購入枠を増額しないと、益々。

下落の一途をたどることになるので、動きが注目されています。

日本のREIT市場は、軟調傾向を示しており、全体の値動きを示す指数が、約20%も下落しています。

REITの下落の主な要因は、最近の国債利回りの上昇で、保有債券価格の下落による損失が出ているからです。

REITの下落は、金融機関を中心として、利益確定の売りがでていることもその要因になっています。

下落の要因として他で考えられるのは、REITの分配金利回りの優位性が、相対的に低下していることです。

そして、日銀の買い入れ枠の残り額が少なくなっていることもREITの下落に大きな影響を与えています。

今後も短期的に債券市場の不安定な動きに影響される可能性があるので、REITの下落には注意しなければなりません。

本来、REITは、インフレや金利上昇に強い資産で、過去においては保有不動産の理論売却価値に連動する動きを示していました。

債券市場の安定化と、不動産価格や賃料の上昇が明確になってくれば、REITの下落は解消されるでしょう。

ブラックカードと​は

ブラックカードとは、クレジットカードの中でも、最上位のグレードを示すもので、知る人ぞ知る最高峰のカードを指します。

まさに、最高のステータスに位置するのがブラックカードであり、誰もがこのカードを持つことはできません。

基本的にこのグレードを示すカードの券面の色がブラックであることから、ブラックカードと呼ばれるようになりました。

ただ、提携カードなどの場合は、必ずしもブラックカードの色が黒であるとは限りません。

ブラックカードの歴史を探っていくと、まず、アメリカンエキスプレスというカードが最初、アメリカで1999年に登場しました。

その後、日本では2002年からクレジットカードが発行され、その後、プラチナカードより上位に位置するクレジットカードとしてブラックカードが発行されたのです。

よく言われるのがブラックカードは、限度額無しという噂がありますが、これは真実ではありません。

ブラックカードは、無制限で使えるカードであるとよく言われますが、実はこれは誤解であり、間違いです。

実際はブラックカードにも、個人ごとに個別の上限額が存在していて、無制限で使えるわけではありません。

しかし、いずれにせよ、ブラックカードが最高峰の年収や地位を持っている人に配られるものであることに違いはありません。

クレジットカードの中ではまさにブラックカードは最高位であり、ゴールドカード、プラチナカードを超えるものです。

最高のサービスを受けることができるカードがブラックカードであり、他のどのカードよりも最上位に位置します。

年収が相当高い人でないと、ブラックカードを所持することはできず、それにふさわしい条件が必要です。

ステータスが最高のカードがブラックカードなので、一般的には申し込むことはできません。

ブラックカードの気になる取得方法ですが、カード会社からの招待のみに限定されています。

一般からはブラックカードは申し込みすることができず、カード会社から招待がないと取得できません。

つまり、自己判断ではブラックカードを取得できず、カード会社の判断により、初めて取得できるのです。

インビテーションの案内状を受けた人が、カード会社に連絡をするとブラックカードが使用可能になります。

特典として、ブラックカードには、凄いものがあり、例えば、電話1本でジェット機をチャーターできたりします。

また、ブラックカードの場合、24時間年中無休で、専用デスクを利用できるという特典があります。