ローンと金利

ローンを組んでお金を借りる際には、やはり金利が気になるという方も多いと思います。

住宅用のローンなどは特に借り入れる金額が大きくなりますので、金利が少し違うだけで月々の返済額や最終的な返済額が大きく変わってきます。

結婚や出産、両親との同居などのライフイベントが起こったことを契機に、自分の家を建てようとする人もいると思います。

新規に自宅を購入する際には、どこの金融機関からどのローンを借りるかであったり、返済に関わってくる金利をどうするかについて、きちんと見ておく必要があります。

ローンを組む際に特に注意すべき点は、ただ金利の数字だけではありません。

金利の選択により、毎月の支払い金額も随分と変わってくるから注意が必要です。

ローンを取り扱っている金融機関ごとに金利の利率が異なるのは当然として、金利そのものにも種類があります。

例えば固定金利か変動金利かといったことです。

どのような金利を選ぶにしても一長一短がありますので、住宅ローンならばこれと決めうちするのも難しいのが現状です。

家を建てようとするのであれば、ローンで借り入れる金額は大きく、また長期間の返済となるため、簡単には決められないでしょう。

ローンの金額が大きいために、融資を受けるまでの手続きは複雑で、書類も多く出さねばならず、審査にも時間がかかります。

ローンを検討する際には、単に金利の多寡を見るだけでは足りません。

繰り上げ返済が可能かどうか、担保や保証人はどうかなど、気をつけなければならない点がいくつもあります。

金利の種類を決める際は、準備できる頭金の金額、月の返済金額、ボーナス時の支払額など、返済計画をしっかり立てることをおすすめします。

ローンの一本化の注意点

ローンを一本化したいと考えている場合、まず現在の要返済額を把握する必要があります。

ローンの一本化に関する手続きはいろいろとあるわけですが、すべて金融機関がやってくれるわけではないことにも注意しましょう。

最初に、現在借り入れを行なっているローン会社の中から、まだ借り入れができる会社を探します。

そしてその借入枠を利用して、ローン会社の数を減らしましょう。

たくさんのローン会社を少しずつ整理していって、把握できる程度の数にまとめてから、ローンを一本化します。

毎月のローン返済額が月給の約20%をこえているようであれば返済に無理がありますので、とりあえずの目安としてそこを目指しましょう。

無理のない返済計画を立てて、遅延や滞納などが無いような返済金額にしないと、ローンを一本化する意味がなくなってしまいます。

一本化をする過程でローン会社に返済をし終わると、そのローン会社から新たな融資広告や案内を受け取ることがよくあります。

せっかく毎月の支払いを減らして余裕が出てきているのに、それで安心して新たなローンを組んでしまっては元の木阿弥です。

再び返済に東奔西走する生活を送るのが嫌なら、新しくローンを組むようなことはしないように注意して下さい。

金融機関であればどこであってもローンの一本化ができるというわけではないので、そこにも注意が必要です。

ローンの一本化を取り扱っている金融機関であっても、当然ながら審査が待っています。

審査の結果によってはお金が借りられず、一本化が頓挫することもありえるのです。

ローンの一本化によって得られるメリットはたくさんあるので、返済に困っている方は一度検討することをおすすめします。

リフォームローンの金利

リフォームローンもローンですので、当然ながら金利がかかります。

この金利はローンの元本に加算して返済せねばなりません。

融資を受ける金融機関によって、リフォームローンの金利は大きく変わります。

また、金利が固定されているか変動するかによっても変わります。

その他のローンと同じように、リフォームローンの金利についても、銀行系の方が非銀行系よりも安い金利をつけています。

近頃は不景気で貸し出し需要も減っていますので、一般の金融会社でも金利を低く設定し、リフォームローンの利用者の裾野を広げようとしているようです。

リフォームローンにもさまざまなものが増えていますので、金利や申し込みやすさなどを事前に比べていくつか候補を出しておくことです。

金利が固定型か変動型かどうかは大きなポイントです。

固定金利となっているものの場合、一定の金利のまま最後まで変化しませんので、最終的にどれだけの返済額となるのかを計算することができます。

つまり、計画を立てて返済して行きやすいという長所があります。

変動金利型のリフォームローンであれば、金利は最初に設定したものから、市中金利の上げ下げに従って変化することになります。

一方で金利が下がった場合、返済総額は減ることになります。

変動型ローンの場合、初期の金利で返済をした時とは最終返済額が変化する可能性が高く、最終的にどれだけ返済すればいいかや途中の返済計画が見えにくいという欠点を持っています。

リフォームローンを組む時には金利についてもよく検討して、慎重に選ぶようにしたいものです。

リフォームローンの利点について

リフォームローンには、便利な点がいくつもあります。

提供してくれる会社によってばらつきはありますが、リフォームローンの貸付額は通常500万円ほどまでのようです。

担保についてみれば、すでに所有している自宅をリフォームする場合ならばその自宅を担保とするだけですみます。

ほとんどの場合、住宅ローンを借り入れる際には、担保を設定するほかに保証人が必要となります。

保証人になってくれる人がなかなかみつからずに大変な思いをする人も多く、保証人をつけなくてよいリフォームローンは借りやすく、便利に使えるローンだと言えます。

リフォームローンの場合は、お金を借りられるかどうかの審査期間が短いというのもメリットとしてあげられます。

住宅ローンは融資額が大きいため、それだけ長い時間をかけて貸し出しの審査が行なわれます。

リフォームローンのほうは審査する項目が少なく、審査も早く終わります。

住宅ローンのようにさんざん待たされたあげくローンを組めなかったというようなことはありません。

すでに家屋を持っている人にお金を貸すわけですから、金融機関側から見て借り手の信用度が高いためです。

住宅を新規に建てる場合とは違い、リフォームローンが必要となるような場面ではリフォームするための家がすでにあります。

ローンで資金的な都合を付けることができれば、リフォーム工事をすぐに始められるというメリットもあります。

リフォームローンは住宅ローンに比べて大変利用しやすいのが大きな特徴です。

リフォームローンとは

ローンにもさまざまなものがありますが、家のリフォームをする時の費用を工面するためのものがリフォームローンです。

増改築やリフォームにかかる経費はまとまったものになりますので、これを用意したり分割で支払うようにするためにあるものです。

住宅は建築後にどうしても老朽化していきます。

ふつう、10年に1回程度の割合で修理やリフォームが必要となるとされています。

屋根のふき替えや外壁の塗り替えといった外回りから、畳の張り替えや水回りの改修といった内部まで、リフォームといってもさまざまなものがあります。

費用面でも、10万円程度ですむような比較的小さなものから、時に100万円を超えるようなリフォームとなることもあります。

100万を超えるような高額な費用になる場合には、リフォームローンを利用する人が増えてきます。

また、家が古くなって壊れるといったもの以外にも、家族構成の変化や生活習慣の変化によってリフォーム需要が発生することもあります。

キッチンや部屋の間取りを変えたり、トイレやお風呂の設備を新しくしたいといったものはどうしても出てくるのです。

最近多く見られるリフォーム工事としては、年齢を重ねた居住者が、トイレなどの住宅内部をバリアフリー化するようなものがあります。

工事内容にもよりますが、キッチンを交換したり部屋の間取りを変えたりすれば、数百万円の工事になることもあります。

住宅ローンを借りるときとは違い、リフォームローンで借りる額は少なくなります。

まとまったお金を用意できない時には、リフォームローンは大変便利なサービスといえます。

住宅ローン控除の条件について

住宅ローン減税の控除ですが、いくつかの条件に合致していないと控除を受けることができません。

ローンそのものに関する条件もいくつかあるので、ローンを借りる前にしっかり調べておくことです。

一戸建てやマンションなどの住宅を取得した家計には負担が生じますが、住宅ローン控除はこの負担を軽減することを目的としています。

控除を受けられるための条件がいくつかありますが、これは平等になるように考えられたものです。

その条件にもいろいろありますが、まず所得が3,000万円以下であることが必要です。

3,000万円を越えるような年収を得ている人の場合、ローの控除によって税金が減額されることがありません。

次に、入居する時期にも期限があり、取得から6ヶ月以内となっています。

購入した年の末日まで入居している事かどうかも確認されます。

ずっと住宅に住んでいるかどうかと言う事なのです。

そして、どんなに短くとも10年以上の返済期間をもった住宅ローンを借りていることも、住宅ローン控除の条件です。

ローン期間が短い場合には条件に合致しないので、住宅ローン控除による減税の恩恵を受けることはできません。

複数の相手から借金をしているかどうかは、控除の条件としては問題ありません。

一方で、支払利息が年利1%未満の融資(無利子のものも含む)の場合、ローン控除の条件を満たさないために住宅ローン控除の適用対象外となります。

こうした資金面の内容だけでなく、例えば長期優良住宅であることなど、取得した住宅の種類や工事内容などにも条件があります。

確実に住宅ローン控除を受けるためにも、必ず事前に方法収集して住宅ローン控除の条件についてしっかり確認しておきましょう。

住宅ローン控除の金額

住宅ローンの控除を利用して所得税を減らしたい方は多いと思います。

購入、新築、増改築をした住宅で居住を開始した年から10年間利用できる制度ですが、どれぐらいの金額になるかは入居年により異なります。

平成24年入居の場合であれば、その住宅が長期優良住宅であった場合は、一年間のローン控除額は30~40万円となります。

10年間で、300万円~400万円までの控除を受けることができると言ったように、上限金額が決まっています。

これを同じような長期優良住宅に平成25年に入居した場合で見積もると、ローン控除額は一年で20万円~30万円となります。

10年間の上限が200万から300万円となっていて、入居する年度によって異なっています。

住宅ローン控除で減税がなされる期間は、入居した年からむこう10年間までと決まっており、ローンの借入期間とは無関係です。

長期優良住宅以外にも控除対象となる住宅はあります。

低炭素住宅にも特別優遇措置が存在しています。

低酸素住宅とは、家を建てる時であったり、住んでいる間、家を壊すときなどに、二酸化炭素排出量が少なくなるよう作られたものを指します。

低炭素住宅は省エネでもあるので、東日本大震災以降の電力不足に対する有効な手段として、建設が促進されています。

低炭素住宅は、まだ広く浸透していないため、知らない方もいるかと思います。

優良住宅が一般的になれば、環境にやさしいだけでなく省エネにも役立ち、住宅を購入した人は住宅ローン控除を受けることができるようになっています。

住宅ローン控除について

住宅ローン控除とはどのようなものでしょうか。

借入金額が多くなる住宅ローンは、返済期間も長くなるのが普通です。

短くとも10~15年、長い場合には20~30年といったあたりが普通ではないでしょうか。

住宅ローンを組んだ場合、住宅ローン控除というものを利用することができるようになります。

少しとはいえお金が戻ってきますので、是非利用しましょう。

住宅ローンを組むことになったら、住宅ローンの控除制度について、前もってしっかりと調べて準備をしておきましょう。

住宅ローン控除は、ローンを組んで家を買った場合に、いくつかの条件を満たしていれば受けることができます。

入居した年から10年間支払うべき所得税の還付を受けることができるというものです。

住宅ローンは借り入れる額が大きく、当然返済する額も大きくなるため、家計に負担がかかります。

住宅ローン控除制度は、こうした返済による家計負担を軽減するため作られました。

住宅ローン控除は所得税に関わる制度であり住宅借入金等特別控除といいますが、住宅ローン減税制度などと呼ばれることもあります。

住宅ローン減税のような所得税控除制度は、その名称だけは耳にしたことがあるけれども中身を知らない、という場合が多いようです。

住宅を取得するためのローンを組む際には、こうしたローンから利用できる控除の制度を忘れずに利用することです。

種類や住宅ローン制度の内容について調べてどれぐらいの控除が受けられるのか、受けるための条件は何なのかなど事前にきちんと把握しておく必要があります。

為替オプション取引の注意点

為替取引を始めたばかりの人の間で、分かりやすく簡単な為替オプション取引が人気です。

多くの人が参加して取引きを行なっていますが、これは時間的余裕がない人でも参加しやすいためです。

為替オプション取引には欠点も存在します。

株式投資や外国為替証拠金取引の場合、投資した全額を失うということはありません。

損失を抑えるために投資対象を手放せばその時点での損失を被るだけですみますし、うまく買い戻して利益を上げることも可能です。

為替オプションの場合、損失を抑えるということはできず、投資したお金すべてを没収されることになります。

仕組みとしては非常にわかりやすいですし、投資金を少なくすれば予想が外れた場合にもそれほど大きなダメージを負わずにすみますがその分利益も少なくなりますので注意が必要です。

為替オプションを取り引きする場合、取り引きの開始の時点で利益と損失の最大額がはっきりと分かります。

投資額に対するリターンの割合を示すペイアウト率が1.8の取り引きをしたとしましょう。

投資額を5,000円とすると、予測が当たれば9,000円が手元に戻り、業者は手数料として1,000円を得ます。

予測が外れた場合は5,000円の損となります。

このように、2回に1回予測をあてたとしても、この手数料部分のために損失が出てしまう結果になります。

50%より高い勝率を維持していなければ、為替オプションでは利益が出ないわけです。

為替オプションの取引はリスクが限定的でかつ分かりやすいため、ついやりすぎてしまうのが問題です。

為替オプション取引を始める前にはどれらいの資金を投資するか、どれだけの損失までなら良しとするかを決めておくことが重要だといえるでしょう。

為替オプションに向いている人

為替商品の中に為替オプション取引というものがありますが、どういった特徴を持った取り引きなのでしょうか。

外為FXで取り引きする場合のように、通常の為替取り引きに際しては長時間まめにレートの値動きをチェックしておかなければなりません。

相場の値動きをチャートなどで長い時間ずっと見ておかねばならないのですから、仕事で忙しい人などの場合、取引きに参加すること自体難しくなってきます。

一方で為替オプションの場合、チャートをこまめにチェックする必要はなく、またある程度の知識さえ持っていれば利益を期待できます。

また、外国為替証拠金取引では細かい作業が面倒ですが、システムに少々差があることを除けば面倒な作業も要りません。

為替オプションの場合には取引を開始したときよりも判定時刻となるときに為替レートがどのように動いているかというのを選択するだけです。

レートの細かな値動きなどには関係しませんので、多忙な方向けの商品であると言えます。

多忙な方が取り引きをするなら、例えば朝一番に取り引きを行ない、夜に帰宅してから結果だけを見るようにすればいいわけです。

会社によっては平日だけでなく週末に取引きすることが可能なので、週末にしか時間が取れないようでも大丈夫です。

外為FXの場合、為替のレートがどう変化するかの予測はもちろんですが、ポジションの売買タイミングも大事になります。

一方で為替オプション取引の場合、売買タイミングは関係ありません。

外貨FXでは、売買のタイミングを間違えると、せっかくの儲けをふいにしてしまうことになりかねません。

予測はできるけれどもタイミングだけはつかめないという人に為替オプション取引が向いているといえるでしょう。