住宅ローン控除の金額

住宅ローンの控除を利用して所得税を減らしたい方は多いと思います。

購入、新築、増改築をした住宅で居住を開始した年から10年間利用できる制度ですが、どれぐらいの金額になるかは入居年により異なります。

平成24年入居の場合であれば、その住宅が長期優良住宅であった場合は、一年間のローン控除額は30~40万円となります。

10年間で、300万円~400万円までの控除を受けることができると言ったように、上限金額が決まっています。

これを同じような長期優良住宅に平成25年に入居した場合で見積もると、ローン控除額は一年で20万円~30万円となります。

10年間の上限が200万から300万円となっていて、入居する年度によって異なっています。

住宅ローン控除で減税がなされる期間は、入居した年からむこう10年間までと決まっており、ローンの借入期間とは無関係です。

長期優良住宅以外にも控除対象となる住宅はあります。

低炭素住宅にも特別優遇措置が存在しています。

低酸素住宅とは、家を建てる時であったり、住んでいる間、家を壊すときなどに、二酸化炭素排出量が少なくなるよう作られたものを指します。

低炭素住宅は省エネでもあるので、東日本大震災以降の電力不足に対する有効な手段として、建設が促進されています。

低炭素住宅は、まだ広く浸透していないため、知らない方もいるかと思います。

優良住宅が一般的になれば、環境にやさしいだけでなく省エネにも役立ち、住宅を購入した人は住宅ローン控除を受けることができるようになっています。

“住宅ローン控除の金額” への5件の返信

  1. ピンバック: jimmie
  2. ピンバック: Warren
  3. ピンバック: Harold
  4. ピンバック: Dustin
  5. ピンバック: willard

コメントは受け付けていません。