リフォームローンの金利

リフォームローンもローンですので、当然ながら金利がかかります。

この金利はローンの元本に加算して返済せねばなりません。

融資を受ける金融機関によって、リフォームローンの金利は大きく変わります。

また、金利が固定されているか変動するかによっても変わります。

その他のローンと同じように、リフォームローンの金利についても、銀行系の方が非銀行系よりも安い金利をつけています。

近頃は不景気で貸し出し需要も減っていますので、一般の金融会社でも金利を低く設定し、リフォームローンの利用者の裾野を広げようとしているようです。

リフォームローンにもさまざまなものが増えていますので、金利や申し込みやすさなどを事前に比べていくつか候補を出しておくことです。

金利が固定型か変動型かどうかは大きなポイントです。

固定金利となっているものの場合、一定の金利のまま最後まで変化しませんので、最終的にどれだけの返済額となるのかを計算することができます。

つまり、計画を立てて返済して行きやすいという長所があります。

変動金利型のリフォームローンであれば、金利は最初に設定したものから、市中金利の上げ下げに従って変化することになります。

一方で金利が下がった場合、返済総額は減ることになります。

変動型ローンの場合、初期の金利で返済をした時とは最終返済額が変化する可能性が高く、最終的にどれだけ返済すればいいかや途中の返済計画が見えにくいという欠点を持っています。

リフォームローンを組む時には金利についてもよく検討して、慎重に選ぶようにしたいものです。

“リフォームローンの金利” への7件の返信

  1. ピンバック: Hubert
  2. ピンバック: Maurice
  3. ピンバック: gregory
  4. ピンバック: Jim
  5. ピンバック: jeffery
  6. ピンバック: Adam
  7. ピンバック: russell

コメントは受け付けていません。