為替オプションとは

為替オプションという言葉について耳にされたことはあるでしょうか。

通貨を扱うため、為替オプションの別名はカレンシーオプションといいます。

為替オプションとは、権利行使期間に権利行使価格で、ある通貨を買ったり売ったりする権利を売り買いする取引を指しています。

為替オプションは、市場においては1980年代前半ごろから取り扱われ始めた商品です。

現在では外国為替市場における重要な取り引きとなっており、市場の規模は急速に拡大していて、リスクヘッジとトレーディングに利用されています。

為替オプションは通貨を売買する権利を取引するものなので、現物の受け渡しはしません。

直物為替や先物為替取引といった外国為替の取引は、売買した通貨現物を受け渡しする点で、為替オプションとは異なります。

為替オプションの購入者は、購入した権利を行使するかどうかを決めることができます。

為替オプションの販売者はオプション料を得ますが、売却した権利が行使された際にはそれを実行せねばなりません。

通貨オプションについては、そのオプションが外国為替市場において満期となる日時と市場が決められています。

この最終締め切り時間は、オプションのカットオフタイムと呼ばれます。

カットオフタイム前後に為替レートがオプションのポジション調整のための売買によって大きく動くことがあるので注意が必要です。

テクニカル分析で為替予測

為替の予測は、外貨取引を行なう際にはかならず必要となります。

外国為替証拠金取引で利益を出すには、為替予測の手法の中でも特にテクニカル分析のやり方を身につけることです。

正しいやり方を身につけずに為替を予測して取引している人もかなり多いようですが、それではうまくいきにくいでしょう。

一定の法則を使って効果的に外貨取引を進めていけるようになるのが、テクニカル分析の特徴です。

テクニカル分析を行なうにあたっては、為替レートの過去の推移をグラフ化したデータであるチャートを基礎データとして利用します。

チャートに含まれているのは、その時の為替マーケットの変動要因です。

為替の値動きには、例えば要人発言や発表された経済指標などが影響しますが、その影響を見ることができます。

このチャートをつかって、為替レートの値動きに法則性を見いだして予測を立てるのがテクニカル分析です。

チャートという形で為替情報を見れることから、関連情報がもたらした影響を視覚的に確認できるため、テクニカル分析は為替レートをイメージとして予測しやすくなります。

チャートによるテクニカル分析はイメージがつかみやすく便利ですが、注意せねばならない点もあります。

チャートが示すのはあくまで結果であるという点です。

チャートとしていま現れている結果は、過去の変動要因に対してマーケットが選択した道の一つに過ぎないのです。

為替予測をテクニカル分析でする場合には、自己責任で判断することが重要です。

為替予測に役立つもの

外貨の取り引きを行なう際、うまく利益を出すためには為替相場をしっかりと適切に予測することが大事になってきます。

為替相場で予測を誤ると、利益を出すどころか損失を被ることもありますので、為替相場の値動きにいつもアンテナを立てておくことが必要です。

では、為替相場で予測を立てる時には、どういったものを利用したらいいのでしょうか。

外貨に投資をする場合には、投資先通貨の発行国の経済的な状況を調べることが大事です。

投資する通貨に関する以外にも、世界の主要な国家についての情報も大事です。

アメリカやEUなどの経済情勢は知っておきましょう。

中で特に要注意なのは各国の政治や景気の動向、貿易収支、金融政策、為替政策などです。

その他、国際経済や政治状況にも注意しましょう。

アメリカ大統領選挙などの大きな動きになりうるものは重要です。

為替の将来的な動きを予測使用とする場合、国内総生産額、民間設備投資、雇用統計などを考慮に入れるといいでしょう。

インターネット、ニュース、新聞、雑誌などからそういった情報を手に入れることができますが、もっとも便利でおすすめなのは日本経済新聞です。

東京外国為替市場の為替レートの他に、日経新聞のマーケット総合一面には世界中の株式市場で飛び交っている情報が載っています。

為替市場の将来的な動きについての解説やコラムなど、為替の動きを予測する際に参考にできる記事が数多く記載されているのです。

為替を予測するためにも日経新聞を熟読してみてはいかがでしょうか。

為替の予測方法

現在はFXで通貨の取引をしている人も多いわけですが、取引を行なう際には、これから為替がどのように動いていくか予測せねばなりません。

予測をきちんと立てることができなければ、利益を上げることは難しくなります。

為替相場の先の予測は難しいように思われますが、いくばくかでも予測ができるやり方のようなものはあるのでしょうか。

為替相場において、例えば1ドルが80円となればドル安すぎる。

あるいは1ドルが130円となればドル高過ぎると感じる人は多いと思います。

1ドル80円だとドル安すぎるとされるのはどうしてなのでしょうか。

納得のいく答えを明確に言える人はなかなかいないと思います。

相場が高いか安いかを判断するには適正な水準を知らなければなりません。

為替の変動要因を分析するための為替相場決定理論によって、このような問題にきちんとした説明を行えます。

通貨価値が決まる大前提は、その通貨に関する需要と供給の兼ね合いです。

為替相場決定理論は、通貨の需要と供給は経済のファンダメンタルに左右されるという観点から為替相場を予測しようというものです。

ファンダメンタルとは、経済活動の状況を示す代表的な指標ないし経済活動実態そのものを指します。

経済成長率、インフレ率、金利水準、失業率などです。

通貨は国が発行するわけですが、その経済的な力がどれほどであるかを示したものです。

経済のファンダメンタルを総合的に判断して為替予測を行うことが大切なのです。

FX取引のデメリット

プラス面だけではなくマイナス面もあるFXは為替投資として人気があるとはいえ、どんなリスクがあるか把握したうえで取引を行いましょう。

為替の動きによって儲けを出すのがFXというものですが、損をする可能性ももちろんあるといえます。

外貨を扱う金融商品はみんな為替変動によって損失がでる場合があるのは同じです。

損してしまった場合その分影響が莫大になるのは、FXがレバレッジをきかせているからです。

自分の思い通りに相場が動いてくれれば、レバレッジの大きな投資をしていた場合見込めるのが大きな為替差益です。

逆に相場が予想外の事態を呈した場合、一瞬で何十万円もの投資金を失ってしまうこともあります。

為替FXによる外貨取引における危険性は、金利が変動することだといえるのではないでしょうか。

二国間の政治、経済、金融情勢がどう変わるかによって金利は動きます。

投資の計画がかなり狂ってしまうことも、予定外のタイミングで金利変動が起こることによってあるでしょう。

このほかのリスクとして、オンライン取引といってインターネットを使っている場合のものもあります。

通信障害やシステム障害によって、うまく投資ができなかったり、正しい為替レートが示されなかったりする場合があるといいます。

時には為替売買注文のちょっとした入力ミスにより、投資で思いがけない損をしてしまうこともあります。

FX取引のメリット

投資利益を為替の差額を運用して得るというFX取引をする方が最近多くなってきています。

レバレッジというシステムを活用することで、たくさんの利益を少ない投資で得ることも不可能ではないことが、FXの大きなメリットではないでしょうか。

投資でたくさん儲けを出すためには、基本的には投資する金額が多くなければならないといえます。

変動値そのものは少ない、為替の変動を活用する投資をするのであれば特に、差益は高額を投資しなければ得られないというのが今までの常識でした。

自分のところにある金額の何倍もの取引が、レバレッジという制度を利用することでできるのがFXです。

FXでレバレッジ10倍の取引をすると、差益額も10倍になります。

だいたいの場合、安いうちに購入し、高くなったら売却するというのが投資の方法でした。

差益を出す方法というのは、土地でも家でも安価なときに購入して高額になるのを待つしかないのです。

為替による信用取引を行っているFXの場合には、実際とは逆の高いときに売り安くなったら買うという取引をすることができます。

24時間いつでも為替取引ができるということは、FXのもう一つの便利なところです。

何時でもどこかの市場が開いているのが為替市場というものですし、毎日休みなくネット取引可能です。

為替FXなら自分の空いている時間を利用して、早朝でも深夜でも投資をすることが可能です。

為替を利用した取引

離れた場所に現金を送る方法として、小切手や手形など信用手段を使うことを為替といいますが、それを投資に活用している人がいます。

外国為替と国内為替が決済の行われる場所によってあります。

為替レートの変動を活用した外国為替というのが、為替を使った投資に利用されるものです。

自国通貨と外国通貨の交換比率のことを指すのが為替レートです。

外貨交換の時期によっては、レートは常に動いていることから、差額の部分で利益を得ることができるといいます。

為替に自己資産の投資を1ドル100円のときにした場合です。

投資した金額が100万円だった場合、手元には1万ドルを保有することになります。

110万円が手に入るのは、1ドル110円のときに円に交換した場合です。

為替投資の差益が差額の10万円ということになります。

この外貨為替のシステムを活用して近頃はFXをする人が多くなってきています。

外国為替証拠金取引の略がFXで、証拠金をFX業者に預けることで投資が可能になるのが、実際の資金の何倍もの金額だといいます。

為替の変動が有利なときに取引することで、手数料も高くないので大きな儲けをそれほど多くない資金で得られることもあります。

今までFXをやったことがない人でも、バーチャルFXをデモ取引としてしばらく行えば、容易に要領を得ることができます。

為替を利用して有効な投資をしていきましょう。

為替チャートのトレンドライン

どのようなものが為替チャートのトレンドラインと呼ばれるものなのでしょうか。

買うのは価格が安い時、売るのは高い時というのがFX投資のセオリーです。

FXで利益を上げるためには、単純なこの作業をどれくらい続けられるかということが重要です。

けっこう困難なのが、ぴったり時期を判断することではないでしょうか。

いつ売買するか決めるのに、為替チャートはとても便利です。

為替チャートの値動きの特徴は波のようになっていることです。

大きなトレンドという方向性の間に、短い期間で繰り返しているのが上昇と下降であるという見方です。

為替チャートを読みはじめたばかりの頃は、その時々の値動きに一喜一憂してしまいがちです。

トレンドさえ理解していれば、ちょっとした価格の変動で慌てることは無くなるのではないでしょうか。

売買をするタイミングを判断する場合の材料として、波状の動きから考えていくというやり方があります。

チャート上で今までにつけた高値や安値を直線で結んだものがトレンドラインです。

2つの種類がトレンドラインにはあり、高値を下降トレンドで結んだレジスタンスラインと安値を上昇トレンドで結んだレジスタンスラインがあるそうです。

これ以上は価格が下がることはないだろうと予測されるのが、為替チャートのサポートラインです。

為替チャートでのレジスタンスラインは、これ以上は価格が上がりにくいと予想されるラインといえるでしょう。

為替チャートで流れを読む

基本的なFXや外国為替取引の材料となるものが為替チャートです。

分かりやすいように図で為替の推移を表したものですが、値動くを読み取ることではなく予測することが為替チャートの用途です。

あくまで為替チャートは判断のためのもので、理解できるだけでは為替チャートを使う意味はありません。

為替チャートを見てそこから理解すべきなのは、レートが上昇基調なのか下降基調なのかということです。

売り方が強いか、買い方が強いかというのは大事な判断材料だといえるでしょう。

売りと買いの勢いが同じ場合、次からは値動きの流れがそれまでと逆方向に動くこともあります。

値動きのタイミングや反発する箇所が見つけられるようになるので、大まかな流れをつかんでおくようにしましょう。

チャートを分析するだけで、為替チャートの見方をしっかり理解できていれば利益を得ることができるようになるといいます。

投資を同じ通貨にする人は、その為替チャートを投資した人すべてが見て値動きを観察しています。

どんな値動きを次にするかという予測はみんな同じようなものになります。

おおかたの動きを予測するこで、すみやかに損きりしたり、早めに効果のある売買をする判断ができるようになります。

いろいろな為替チャートを見ることで、為替の流れを読む目を養っていきましょう。

為替チャートの読み方

まだFXを始めたばかりの人にとって、為替チャートの読み方は簡単ではありません。

今まで見たことがない形をしているので、何も分かっていない状況ではどんなふうに活用したら良いのか難しいでしょう。

為替の値動きに移り変わりを、時間を区切ってグラフにしたものが為替チャートです。

とても役立つのは、どんなふうに読めば良いか分かれば、わかりやすく為替のレートの推移が図で示されているからです。

よく為替チャートとして使われているのが、始値・終値・高値・安値で作られているローソク足と呼ばれるものです。

1つのローソクには胴体とヒゲと呼ばれる部分があり、相場の上がり下がりが一目でわかるように胴体は色分けされています。

ローソク足チャートにはさまざまなタイプがあり、期間によって違います。

1日のレートで1本のローソクを表す日足、1本のローソクを週のレートで書く週足、1か月のレートで1本のローソクを書く月足なのが為替チャートの種類です。

使い分けるのであれば、どんな投資を自分がするつもりかによってすると良いでしょう。

日足チャートを基本的に使用し、大まかな流れは月足チャートで予測していきます。

チャートの動きを観察しながらすみやかな判断が求められるデイトレードの場合には、基本的に1分から5分足チャートを利用します。

投資が長期にわたる場合には、短期間の値動きを意識する必要はありません。

相場の転換期などには短期為替チャートの動きを踏まえておく必要があるでしょう。