REITとは

REITとは、簡単に言うと不動産投資信託のことで、これは不動産を運用する投資信託の仕組みを指しています。

 米国でREITは既に1960年代に誕生していて、その後、1990年代に入って、急速に拡大していきました。

そして日本ではREITは、2000年の投資信託及び投資法人に関する法律の改正により、登場しました。

そして、2001年からREITは日本でも市場に進出することになりますが、その仕組みはアメリカの物とは異なります。

そうしたことから、REITはジェイリートと言う風に、日本独自のものとして展開されることになります。

市場のREITの時価総額は、約5兆7,000億円にも達し、投資家から大きな人気を得ることになります。

まさしく、資金を集めて不動産を運用するために設立されたのがREITであり、 投資法人は不動産を運用して得た賃料収入を投資家に分配していきます。

 

REITは、配当可能利益の90%超を分配すると、法人税が課税されないので、その点で優遇されています。

そして、REITの場合、不動産の開発はせず、その特徴は、不動産の賃貸事業に特化している点にあります。

そうした特徴を有していることから、REITは、非常に安定性が高く、多くの投資家から支持されていいます。

投資が比較的高く安定しているREITは、それだけ分配金も期待できることになり、それがさらに人気に拍車をかけています。

証券市場に上場しているのがREITで、投資家は証券会社を通して、市場価格にて売買することになります。

投資口価格によってREITは変動することになり、結果、市場の需要によって大きく変動する性質があります。

多くの投資家から集めた資金により、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などをREITで購入することができます。

 

REITは、端的に言うと、賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品のことで、不動産投資を一般に行います。

法律上の観点から見るとREITは投資信託の仲間に入り、その仕組みはアメリカで生まれたものです。

ただ、投資信託の仲間ではあるものの、日本のREITは証券取引所に上場されている特徴があります。

日本のREITは、法律により、不動産投資法人という会社のような形態をとっていて、投資証券を発行しています。

REITに投資する投資家は、投資証券を購入し、その資金を元に、不動産などに対して投資することになります。

ただ、日本のREITの場合、金融機関から融資を受けたり、投資法人債を発行して、資金調達するケースもあります。