REITの下落傾向

REITは、最近では下落する傾向にあり、その動向が危ぶまれていますが、それはちゃんとした理由があります。

まず、REITが下落する理由として考えられるのは、やはり、不動産の取得競争の激化状態にあります。

つまり、REITの下落は、不動産の競争が激しくなりすぎたことにあり、不動産会社の不動産取得競争がそのまま反映されています。

しかし、REITの下落を慎重に考えてすけば、それはとりもなおさず、不動産売却で企業は本業強化のチャンスがあることを示しています。

実際、REITを運用している人は、立地などの条件が良い物件は限定されていて、取得競争は非常に厳しいと判断しています。

駅から遠い競争力が低い物件などは、REITに関しては、購入を避ける傾向が色濃く出ています。

取引対象になる不動産の選別は進んでいて、REITは、不動産の取得競争が行われることでその市況は活況を呈しています。

 

REITの下落は、このところ顕著ですが、その配当金には不動産売却益もしっかり含まれています。

賃料収入が大きな割合を占めているのがREITで、下落理由としては、不動産の取得競争の激化で、含み損が発生するからです。

結局、REITの下落は、賃料収入が十分に得られないということが、一番に考えられることになります。

最近ではREIT購入日を日銀でも発表していますが、ETFと比較すると購入余力が限られているのが痛いところです。

この先、REITの購入枠を増額しないと、益々。

下落の一途をたどることになるので、動きが注目されています。

日本のREIT市場は、軟調傾向を示しており、全体の値動きを示す指数が、約20%も下落しています。

REITの下落の主な要因は、最近の国債利回りの上昇で、保有債券価格の下落による損失が出ているからです。

 

REITの下落は、金融機関を中心として、利益確定の売りがでていることもその要因になっています。

下落の要因として他で考えられるのは、REITの分配金利回りの優位性が、相対的に低下していることです。

そして、日銀の買い入れ枠の残り額が少なくなっていることもREITの下落に大きな影響を与えています。

今後も短期的に債券市場の不安定な動きに影響される可能性があるので、REITの下落には注意しなければなりません。

本来、REITは、インフレや金利上昇に強い資産で、過去においては保有不動産の理論売却価値に連動する動きを示していました。

債券市場の安定化と、不動産価格や賃料の上昇が明確になってくれば、REITの下落は解消されるでしょう。