REITとベンチャー

REITにおける様々な選択肢の中には、特性が異なるものも多数存在するのではないでしょうか。

例えば、同じREITでも、国内のそれがまずはあるとします。

国内のREITは、他の株や国債とあまり連動した動きをしないといわれているので、それ用の運用を心がけなければいけないでしょう。

では一方で、海外のREITはどうなのかという話になります。

海外のREITは、日本のそれと大きく特性が異なるという可能性を認識しておかねばならないでしょう。

REITには様々な種類がありますが、ところ変われば品変わるといわれるように、相違点だけでも認識しておく必要があるのではないかと思いました。

他に、REITの中で、変わった特徴を持っているとされるものはあるのでしょうか。

 

REITの特徴は、ある程度差があると思うのでなんともいえません。

しかしながら、REIT以外の投資信託もまたいうまでも無く、とり扱うものによって、その性格を大きく変えるのではないでしょうか。

例えばベンチャー企業に投資する投資信託については、かなりばらつきはあると思いますが、ハイリスク、ハイリターンな感じは、REITと一味違うかと。

もちろん、ベンチャー企業の中には、もしかするとREIT以上に安定しいるということだってありえなくもないのでしょうね。

REITだけではなく、今後は多様性が投資にも求められるでしょう。

もしもREITで成功を収めたければ、何事も求め続ける熱心さと、常に正しい判断を選び取ることが可能なだけのクレバーさは必要ですよね。

お金を使いきれないからREITにでもお金を入れとくか、というような人はまずいないでしょう。

REITだけでなく投資というのは損をしないために勉強する必要は不可欠なのです。

 

REITだけではなく、投資信託には様々な種類があります。

先ほど述べたベンチャー企業に投資するタイプの金融商品もあるように、その多様性にはいつも驚かされるものでしょう。

REITといえば、詳しい人だけがやっているという状況は、もはや過去ですらあると思います。

それどころか、昨日までREITについてろくに何も調べずいても、本気でやれば、意外とよいアクションがえられるように思わなくもありませんね。

REITだけは知識がないので除外してきたという人は、新たな選択肢に加える価値は、十分にあるのではないでしょうか。

REITとベンチャー企業との関係についても深く調べる価値はあると思います。