REITとETF

REITは、ETFとよく間違われますが、その違いは、不動産市況の影響を大きく受けないのがETFです。

ETFは、REITと違い、日経平均株価に連動していて、その点が大きな違いということになります。

REITとETFは、共に、日銀が保有金額を増やせば、それだけ、値上がりが期待できることになります。

不動産の投資信託がREITで、証券取引所に上場していて、株式と同じように売買することができます。

資産運用を運用会社に外部委託しているので、最近ではREITは、日銀の買い入れで大きな注目が集まっています。

そして、政府の金融緩和政策においては、REITのみならず、ETFの買い入れも発表されています。

日銀のREITとETF購入の金額をみると、日銀が買うのは国債だけなのかどうか、疑問を感じます。

 

REITとETFは、株価指数に連動し、これまでも買ってきたのですが、ETFの保有を2.3倍の3.5兆円としています。

そしてREITに関しては、5割増の1700億円に増やすという目標を政府は打ち立てています。

日銀は国債の購入を発表すると共に、同時にREITとETFの購入金額も発表しているので、その動きが注視されています。

そうすると、保有金額がかなり増加するので、REITとETFの市場での動きが非常に注目されています。

日銀のREITの購入金額 が2年で5割増の1700億円 というのはかなり思い切った策と言えるでしょう。

また、ETFの購入金額も 2年で2.3倍の3.5兆円なので、今後益々、REITと共に、ETFも注目されることは間違いありません。

REITとETFの市場規模拡大もさることながら、日銀の購入金額が非常に多くなっていることに注目が集まっています。

 

REITは、ETFのように、日経平均株価の指数には連動していませんが、証券取引所に上場しています。

普通の株式のように売買できるのがREITの魅力で、投資信託会社が投資家からお金を集めて、指数を構成します。

株式のうち一定割合を買って運用するとETFの価値は上がりますが、REITとはまた、その仕組みが違います。

ETFは日経平均株価に連動していて、REITのように不動産市況の影響を受けず、ETFの場合、各種手数料は不要です。

有利な運用成績をあげやすいのがETFで、REITの場合、不動産市況によっては、値下がりすることがよくあります。

もちろん、REITは、不動産の売却益や賃料収入が利益の源泉になるので、不動産価格が上昇すれば、それだけ価格が値上がる可能性は高くなります。

REITは不動産市況の影響を大きく受けてしまいますが、ETFはそうした心配がほとんどありません。

バイナリー初心者