不動産担保のビジネスローン

ビジネスローンには、不動産担保付きのものがあり、これは決算書だけでは判断しないで、不動産担保力を重視したものです。

まさしく、不動産担保のビジネスローンは、新しいタイプであり、不動産は自社や自身の名義のものでなくてもOKです。

また、不動産担保のビジネスローンは、法人の人だけでなく、個人事業主の人でも利用することができます。

そして、不動産担保のビジネスローンの場合、融資額が100万円から2億円までとなっていて、かなりの幅があります。

そのことから、不動産担保のビジネスローンは、今利用しているローンの返済期間を延ばしたりすることもできます。

また、不動産担保のビジネスローンを利用すれば、他の金融機関で借り入れしている複数のローンをまとめることもできます。

そうすることで、不動産担保のビジネスローンには、月々の返済金額を減らせるメリットがあります。

 

ビジネスローンで不動産担保付きのものは、色んな用途に使えるので、とても魅力があります。

業者に不動産担保のビジネスローンについて相談すれば、返済額をすぐに試算してくれるので、依頼してみるべきでしょう。

特に資金繰りで困っている事業者は、積極的に不動産担保のビジネスローンを検討してみるといいでしょう。

専属の不動産担保のビジネスローンの専門の担当者が対応してくれるので、色々な話を聞くことができます。

不動産担保のビジネスローンは、決算書だけではなく、不動産担保力をしっかり重視してくれるのが大きな特徴です。

自社や自身名義の不動産でなくても良く、不動産担保のビジネスローンの場合、不動産に複数の抵当権がついていてもOKです。

他のローンをまとめて借り換えすることもできるので、不動産担保のビジネスローンは、非常に有意義なローンと言えます。

 

ビジネスローンで不動産担保付きのものは利用価値が高く、乗り換えることで月々の返済額を減らせる可能性があります。

もちろん、不動産担保のビジネスローンには審査がありますが、抵当順位に関係なく、最高2億円まで融資が可能です。

不動産担保のビジネスローンのメリットは、まさしく不動産という担保が設定されていることにあります。

通常の無担保のフリーローンより、不動産担保のビジネスローンは低い金利で、まとまった金額の借り入れができます。

借入期間も長期で設定することができるので、不動産担保のビジネスローンには、様々な特典があります。

但し、債権者の返済が滞った場合は、不動産担保のビジネスローンは、万が一の時、不動産を失う可能性があります。