ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、中小企業、個人事業主に向けた、事業性の無担保ローンのことを指します。

大企業に対する融資を行っていたメガバンクが、中小企業に融資を開始したのをきっかけにビジネスローンが大きくクローズアップされます。

その後、大手銀行や地方銀行にてビジネスローンの提供が積極的に展開されるようになってきました。

元々、ノンバンクで中小企業や個人事業主に対し行われてきた商工ローンがビジネスローンになります。

銀行でビジネスローンが広まった背景は、平成10年頃の金融危機で、大手銀行が破綻したことがひとつのきっかけになっています。

また、大手銀行同士の合併などが相次いだこともビジネスローンが活発になったきっかけになっています。

政府や日銀による銀行への公的資金注入が行われたことで、ビジネスローンが台頭してきたのです。

 

ビジネスローンは、政府が金融不安を解消するために、保証協会の無担保枠拡大を実施したのに端を発しています。

別枠による無担保の金融安定化保証が設けられたことにより、ビジネスローンは大きく注目されるようになりました。

公的資金を導入した大手銀行は、ビジネスローンを強化する流れになり、政治的にもそれが求められました。

ハッキリ言って、それまでの大手銀行や都市部の地方銀行は、ビジネスローンの取り組みには消極的でした。

中小企業や個人事業主向けの融資には積極的ではなく、信用保証協会任せの審査に近かったので、ビジネスローンへの取り組みはそれほどではありませんでした。

中小企業や個人事業主に対する与信管理や審査ノウハウなどが、ビジネスローンに影響していました。

人員不足も影響していて、ビジネスローンは、大手銀行にとっては、数百万円〜数千万円の融資規模は小口融資にすぎませんでした。

 

ビジネスローンは、掛かるコストを抑制する目的もあり、スコアリング形式での導入が最初でした。

チェックシートによるスコアリング形式の簡便な審査を導入して、ビジネスローンはスタートしたのです。

ビジネスローンは、担保や保証人が不要であるということが大きな特徴で、法人の場合は代表者が保証人になります。

融資額は1000万円程度までで、ビジネスローンの場合、融資金利は通常の銀行融資よりも高めです。

ビジネスローンの金利が高めに設定されている理由は、担保と保証が不要であるからです。

しかし、ビジネスローンは金利が高い分、審査については柔軟に対応できるメリットがあります。

1〜3日間の迅速なスピードで審査を受けることができるのが、ビジネスローンの魅力と言えます。