ビジネスローンの審査

ビジネスローンは、細かい審査がなく、事業資金の融資を受ける際、細かく会社の経営状態や財務状況を調べられません。

保証人や担保なども心配する必要もなく、ビジネスローンには、細かい審査がないというメリットがあります。

原則としてビジネスローンは、保証人や担保も基本的に審査には必要なく、従来の様な細かい審査がありません。

大手銀行のビジネスローンを新規に利用する場合であっても、細かい審査は必要なく、非常に便利なローンと言えます。

通常、融資を受ける場合の審査のように、ビジネスローンの場合、審査査担当者が申請者の財務状況や経営状態などを個別に細かく調べることがありません。

担保をどうするか、保証人を立てることができるかなどをビジネスローンは考える必要がないのです。

融資可否の審査でこれまで融資までにかなり時間を要していましたが、ビジネスローンがそれを解消しました。

 

ビジネスローンの審査方法は、スコアリングシステムで、簡単に審査が完了するようになっています。

スピード審査こそがビジネスローンの人気の理由の1つで、それはスコアリングシステムの導入で可能となったのです。

ビジネスローンのスコアリングシステムというのは、金融機関独自のデータベースを元にしたものです。

融資を申請した事業者の会社の決済書をパソコンに入力するだけで、ビジネスローンの審査のシステムが確立します。

統計的データに基づいて企業の信用度を点数化して融資の可否が決定するのが、ビジネスローンの審査システムになります。

ビジネスローンのスコアリングシステムは、事業年数や属性情報、借り入れ金額などを元に与信リスクを算出します。

融資枠、金利、返済期を一瞬で決定することができるのがビジネスローンの審査システムの魅力です。

 

ビジネスローンは、優れた審査システムにより、金利を低くしたり、返済期間を長くすることができます。

コンピュータが企業の決算書のスコアリングを行い、その点数でビジネスローンは、融資の可否や融資の実行額などの諸条件が決まります。

但し、ビジネスローンの審査は、融資審査の経験がない融資の素人の行員が事務処理をして、コンピュータで審査をすると危険です。

いい加減な審査をすると、ビジネスローンは、融資をした会社が破綻して貸し倒れとなるケースがあります。

ある程度経験を積んだ銀行員がビジネスローンの審査をする必要があり、それではじめて、粉飾決算を見破ることができます。

債務超過であることを見破ることが可能な決算書に対して、ビジネスローンを出しているケースはよくあります。