ビジネスローンの比較

ビジネスローンというのは、中小企業や自営業者を対象とした、民間金融機関の小口、短期ローンの商品のことを指します。

中小事業者向けの小口貸付はかつてノンバンクが中心でしたが、ビジネスローンには、今は銀行系金融機関も多く参入しています。

一般的にビジネスローンは、中小企業や個人事業主に向けたもので、無担保、無保証となっています。

また、審査時間が短く、ビジネスローンの場合、即日融資をしてくれるケースもありますが、比較検討することが大事です。

審査に必要な書類が比較的少ないという特徴がありますが、ビジネスローンの場合、融資枠は小さいです。

ビジネスローンは、返済期間も比較的短いのですが、その辺のところを各社で、比較してみる必要があります。

元々、ビジネスローンは、はっきりした定義がなく、借入期間が長いものや、第三者の保証人が必要なものもあります。

 

ビジネスローンを選定する場合は、よく比較することが大事で、内容が異なるケースがよくあります。

そして、ビジネスローンを借入する時は、個々の商品内容をよくチェックして、しっかり比較しなければなりません。

基本的にビジネスローンは、銀行系かノンバンク系かによって違いがあるので、必ず比較検討する必要があるのです。

銀行系のビジネスローンは、金利がやや低めで、返済期間が長めに設定されている特徴があります。

借入可能額も高い商品が多いのですが、銀行系のビジネスローンの場合、必要書類が多くて審査が厳しいデメリットがあります。

ノンバンク系のビジネスローンは、スピードが速く、金利は銀行系よりも高めで借入可能額も低めですが、必要書類は少ないです。

数時間で審査可能なケースもあり、銀行系と比較してノンバンク系のビジネスローンは、急な資金に強みを発揮します。

 

ビジネスローンを比較すると、金利負担を抑えることを重視するなら銀行系、スピードを重視するならノンバンク系でしょう。

資金需要の内容によって、ビジネスローンは、よく比較し、用途に応じて上手く使い分ける必要があります。

銀行系でビジネスローンを比較すると、まず、常陽銀行のカードローン、キャッシュピットがあります。

借りたいときにいつでもすぐにキャッシングできるシステムになっているビジネスローンで、常陽銀行と取引がなくても申し込み可能です。

このビジネスローンは、無担保、無保証で、利用限度額も1万円から最大500万円まで借り入れることが可能です。

ビジネスローンを比較する上で忘れてはならないのが、オーナーズのセレクトカードで、実質年率が13.0%〜18.0%となっています。