ビジネスローン金利

ビジネスローンの金利は、経営状況や決算書の内容などの融資対象者の条件により、大きく変わってきます。

つまり、融資資格のある事業者全てが、一緒の金利でビジネスローンの融資を受けられるわけではないのです。

そのため、ビジネスローンの金利は一概に何%ということはできないわけで、明確な基準というものはありません。

決算書は通常の銀行融資を受ける際に重要ですが、ビジネスローンの審査では、決算書の内容を元にスコアリングしています。

それで全ての融資条件が決まってしまうので、ビジネスローンの場合、会社の経営状況が悪い場合は決算書の内容も悪くなります。

ビジネスローンのスコアリングでの合計点数が低くなると、それだけ企業の信用度も低くなります。

そうなると、仮にビジネスローンで融資を受けられたとしても、金利はどうしても高くなってしまいます。

 

ビジネスローンを受ける際、経営状況が良くて決済書の内容が良い会社の場合、スコアリングでの合計点が高くなり、金利面で優遇されます。

つまり、低金利でビジネスローンの融資を受けることが可能になるわけで、経営状態は金利に大きく左右します。

経営状態によって大きな金利差が生じるのは、ビジネスローンの場合、通常の融資と違い、融資ができるかできないかを重視しているからです。

融資ができると判断すれば、会社の経営状況があまり良くなくてもビジネスローンでは融資を行ないます。

返済ができなくなってしまうケースを想定して、ビジネスローンでは、スコアリングの合計点によって貸し倒れのリスクを算出しています。

貸し倒れの損失が生じても、ビジネスローンの場合、金利によって相殺できるよう設定しているのです。

ビジネスローンの金利は、会社の状況や決算書の内容を元にしたスコアリングの合計点によって決められます。

 

ビジネスローンの金利は、スコアリングが良ければ金利は低くなり、悪ければ金利は高くなります。

融資を受ける場合、融資元によってずいぶんと金利が変わってくるのが、ビジネスローンの特徴と言えます。

銀行系から融資を受ければ比較的低金利でビジネスローンは、借り入れをすることができます。

しかし、ノンバンク系のビジネスローンで融資を受けると、かなり金利が高くなってしまいます。

ビジネスローンの場合、金利が低いというのは単に融資機関のメリットであり、金利が低いほどよい条件で資金調達ができるわけではないのです。

一般的に、ノンバンク系のビジネスローンの金利は6.0〜18.0%ですが、機関によっては大きな変動があります。