ビジネスローン銀行系

ビジネスローンでは、銀行系とノンバンク系がありますが、その違いは、銀行系が融資対象に対する信用を重視していることにあります。

銀行系ビジネスローンのデメリットは、審査が厳しいことと、融資を受ける上で保証人が必要であったり担保が必要であったりすることです。

実際に融資を受けるまでに、銀行系ビジネスローンの場合、様々な障害が発生することになります。

ある意味、銀行系ビジネスローンは、敷居が高いと言ってもよく、融資を実際に受けるにはかなり時間がかかります。

急遽お金が必要になったような場合は、銀行系ビジネスローンは不向きと言え、対応が間に合わなくなることがあります。

しかし、銀行系ビジネスローンは、ノンバンク系と比べて、かなりの低金利で融資を受けられるメリットがあります。

担保ありで融資を受ける場合、銀行系ビジネスローンなら、かなりの好条件で資金調達が受けられます。

 

ビジネスローンにおける銀行系の金利は、融資条件や融資期間で変わりますが、大体、年率2.5〜10.0%くらいです。

三菱東京UFJ銀行などのメガバンクの銀行系ビジネスローンの場合、特に、金利設定が低めになっています。

最近の銀行系ビジネスローンの特徴としては、簡単審査や、カードローンによる融資が挙げられます

カードローンは、通常のビジネスローンより金利水準は高いのですが、銀行系ではこれまで実現し得なかった早さがあります。

すぐに融資を受けられるのが魅力で、銀行系ビジネスローンは、信販会社や消費者金融よりも、かなり低金利です。

また、利用目的を限定しているおまとめローンに限っての話ではなく、銀行系ビジネスローンは、総量規制の対象外です。

他の業者からの借り入れが年収の3分の1を超えている場合でも、銀行系ビジネスローンなら大丈夫です。

 

ビジネスローンは、銀行系がおすすめで、総量規制を原因として融資が受けられないことがありません。

但し、銀行系ビジネスローンには、最大の難関があり、それは、審査についてのハードルが高いところです。

これは他のローンでも同じことですが、銀行系ビジネスローンの審査は、かなり厳しいと言っていいでしょう。

しかし、銀行や信用金庫、農協などが銀行系ビジネスローンに該当するので、何より、安心感があります。

基本的に大手金融機関が多いこともあり、銀行系ビジネスローンでは、違法な融資や法外な利率などのトラブルが少ないです。

銀行系は、ノンバンク系のビジネスローンよりも金利が低いので、計画的に返済することができます。