はじめての積立投資

積立投資は、投資ビギナーにとって買い時の判断はとても難しいものなので、はじめての場合は心配です。

はじめての積立投資は、うっかり高値で買ってしまうことも決して少なくないので、注意しなければなりません。

はじめての場合、毎月少額ずつ投資する積立投資がおすすめで、投資のタイミングが分散されるからです。

高値掴みの失敗を避けられるので、はじめての積立投資は、毎月、少しずつ積み立てていくことが大事です。

いわゆる、はじめての積立投資で大切になってくるのは、ポイントとして、毎月一定金額ずつを買っていくことにあります。

毎回同じ投資金額をすることが、はじめての積立投資では大事で、安い時は多い口数を、高い時は少ない口数を買い付けることになります。

その結果、はじめての積立投資は、一定口数ずつ購入した場合より、平均購入価額を安く抑えられるのです。

 

積立投資は、はじめての場合、ドル・コスト平均法がおすすめで、これは荒相場に強い時間分散投資になります。

資産作りのために始めた投資も、続けるのに手間がかかってはムダなので、はじめての積立投資は慎重を要します。

三日坊主で終わってしまっては意味がないので、はじめての積立投資のために、ゆっくり検討していかなくてはなりません。

まず、はじめての積立投資の場合、最初に金融機関の窓口で積立サービスを申し込んでしまうことです。

そうすれば、後は手間いらずで、はじめての積立投資で、毎月、指定した口座から自動的にお金が引き落とされます。

自動的に投資信託が買い付けられていけば、はじめての積立投資として、安心して取り組めます。

そうすれば、いつの間にか資産が積み上がるという醍醐味を、はじめての積立投資でも味わうことができます。

 

積立投資は、次第に資産が増えていくことを味わえるかどうかで、それこそが大きな醍醐味なのです。

 

はじめての積立投資は、まず、コツコツと買って、それが大きく成長するのを見届けることです。

但し、はじめての積立投資で、少額から始めたとしても、値動きには注意しなければなりません。

購入するタイミング次第では元本割れする危険性もあるので、はじめての積立投資は、タイミングが重要です。

はじめての積立投資で、購入するタイミングがわからない人は、リスクを少しでも軽減するため、購入回数を複数回に分けることです。

それこそが、ドル・コスト平均法と呼ばれる投資テクニックで、はじめての積立投資にふさわしい方法なのです。

積立投資のデメリット

積立投資は、様々なメリットがあり、気付かぬ内にリスクが増大するというような危険が少ない投資方法です。

ゆっくりと運用額が増えていく方法であり、積立投資の場合、非常にデメリットは少ないと言えます。

しかし、ゆっくりと運用額が変動していくので、積立投資は、それなりにリスク額が増えるデメリットがあります。

総体的に見ると、積立投資の場合、運用資産の損失額が大きくなるという可能性を秘めているのです。

運用額の変動幅が、精神衛生上、よろしくないレベルまで積立投資は大きくなってしまうデメリットを抱えています。

そうならないよう、積立投資は、運用額やアセットアロケーションをじっくり吟味しなければなりません。

また、積立投資のデメリットとして、運用の間違いに気付きにくいと言う点があり、これは注意しなければなりません。

 

積立投資は、損益から有利不利が判断しにくいケースがあり、上がったり下がったりしながら、下がっていくような商品もあります。

そうした金融商品で積立投資をした場合、買付のタイミングが分散される関係で、全体的に下落傾向になります。

含み益となる事がある積立投資ですが、含み益が出ているから正解と思って積立を止めないと、最終的に損をします。

その金融商品が本当に有益なものなのかどうかを考えないと、積立投資は痛い目にあうデメリットがあります。

運用を省みる機会が無いといのも、積立投資の1つのデメリットで、ステマティックに積立てていかなければなりません。

アセットアロケーションや投資対象が、積立投資で不利なものでも、それに気付く機会が無いのです。

考えなくても、淡々と積み立てることができる積立投資というのは、大きなデメリットが潜んでいます。

 

積立投資は、デメリットを考慮して、積立方針が正しいか、時折、じっくりと吟味しなければなりません。

運用の勉強をしなくなる可能性も、積立投資のデメリットであり、運用方針と積立方針が決まると、放置する危険性があります。

実際に、積立投資を実行していると、もっと良い運用をしようという気持ちが希薄になるデメリットがあります。

運用の勉強をしにくくなることが積立投資では懸念されていて、これは注視すべきデメリットなのです。

コストがかかるというデメリットも積立投資にはあり、運用規模が大きくなるに従って、支払うコストの額は増えます。

投信での積立投資の運用なら、支払っている信託報酬額は増加していくので、これは大きなデメリットです。

長期積立投資

積立投資をするなら、長期がおすすめといわれていて、それは、誰にでもできて、利益を生む可能性が高いからです。

長期積立投資は、社会の経済成長によって、皆が利益を出せる可能性がある非常に信頼性の高い投資になります。

実に優しい雰囲気があるのが、長期積立投資の魅力であり、一般人や初心者にも受け入れやすい考え方がそこにはあります。

なぜ、長期積立投資が最終的に上手く行くのかは、それなりに色々と要因があり、それについては熟考する必要があります。

結論から言うと、長期積立投資の場合、積立て終了、取り崩し開始の前後数年間〜10数年間のマーケットの影響を受けます。

要するに、積立投資というのは、毎月一定金額の投信を購入する方法で、当初は投資残高が僅少ですが、どんどん増えていきます。

そして、年月の経過とともに長期積立投資を運用していくと、徐々に残高が増えていきます。

 

積立投資は、毎月5万円を積立てた場合で価格変動を無視すると、1年経過後の残高は60万円になります。

そして、2年経過後、長期積立投資は120万円となり、10年経過後は600万、20年経過後は1200万となります。

さらに、長期積立投資は、30年経過後になると、1800万となり、30年間のマーケットの変動が影響を及ぼします。

そして、長期積立投資の運用のパフォーマンスに及ぼす影響は、均等ではなく、後のほうになるほど大きくなる特徴があります。

要するに、長期積立投資の場合、同じ10%の変動でも、1年後は6万、20年後は120万、30年後は180万となるのです。

いわゆる、長期積立投資が抱える問題点は、長くなればなるほど、大きな損益が出るということです。

運用残高が少ない初期の時期のマーケットの変動が、長期積立投資にすることで、膨れあがるわけです。

 

積立投資運用の成否に及ぼす影響は、長期になるほど大きいですが、トータルでみるとそうでもありません。

長期積立投資は、長い目でみるとその損失は大きくなく、20〜30年間のスパンでするのなら、今のパフォーマンスは気にする必要はありません。

利回りが上がれば、長期積立投資の30年後の資産額は大きく上昇することになるので、かなり魅力的です。

これこそが長期積立投資の醍醐味であり、得られる複利効果であり、その数字を根拠に長期投資が提唱されているのです。

国債や定期預金などの確定利回りものは100%なので、早くから長期積立投資をするほど、資産額も増えます。

長期的に株価が低迷して株価が当初より大幅に下落しても、長期積立投資なら利益が出るとも言われています。

海外積立投資

海外積立投資は、とても人気が高いのですが、ハンサードやフレンズの商品は、日本居住者が直接申し込むことはできません。

要するにこれらの海外積立投資の場合、日本支店はなく、日本においては、申込む手段がないのです。

また、仮に海外積立投資を海外で直接申し込んでも、ハンサードやフレンズはどんな人間が申し込んできたのか個人認証できません。

そのため、海外積立投資を申し込んでも、結果的に却下されてしまうと言う事態になってしまうのです。

これは、まさしくマネーロンダリングかもしれないということで、海外積立投資は揶揄されました。

そこで、海外積立投資は、投資助言会社のアブラハム・プライベートバンクが取り扱うことになったのです。

そのため、今では海外積立投資はプライベートバンクを通して簡単に投資できるようになり、とても便利になりました。

 

海外積立投資は、プライベートバンクのアドバイスを受け、ハンサードやフレンズに直接申し込むことができます。

つまり、プライベートバンクは、海外積立投資のための個人認証の役割までも果たしてくれるわけです。

アドバイス通りに書類に記入するだけなので、海外積立投資をするにあたって、英語力は全く必要ありません。

いつかはゆかし、というアブラハム・プライベートバンクが扱っている個人年金の海外積立投資があります。

これは人気のサービスの金融商品で、海外積立投資で、月々5万円からできるので、とても有意義です。

具体的に、この海外積立投資商品を通じて、ハンサードやフレンズに投資することができるようになります。

イギリスや香港においては、海外積立投資は人気で、将来の年金や必要資金を作るために多くの人が運用しています。

 

海外積立投資は、積立ファンドとも呼ばれていて、世界的に資産運用が高い投資手法として高い人気を誇っています。

その加入率を見ればよくわかり、海外積立投資は、人気のある国では、18歳以上で70%にも及ぶと言われています。

いわゆる海外積立投資というのは、日本の財形貯蓄や変額年金保険に似ていて、海外では企業年金の運用先としても利用されています。

100%海外のファンド投資である海外積立投資は、毎月積立てられる資金は外貨でファンド購入されます。

つまり、海外積立投資は、運用リスクと為替リスクを両方カバーするので、将来のリターンが期待できるのです。

日本の個人年金保険に入っている人なら、海外積立投資を一度比べてみるべきで、利用価値は高いです。

複利で増やす積立投資

積立投資というのは、先行き不安な今の世の中、非常に有益な投資手段であり、それは大きな複利を生むからです。

今の時代、資産づくりに興味がある人も多いでしょうが、おすすめなのは、複利のある堅実な積立投資です。

毎月積み立てをするのが積立投資ですが、普通の貯金ではお金が増えず、それは金利がつかない状態で積み立てても意味がないからです。

今の金利は0.02%と非常に低く、利息から税金が引かれずに複利で積立しても有益な積立投資にはなりません。

日本人男性の平均寿命は79歳で、生まれてから積立投資を始めたとしても、生きている間に大きな資産は形成できません。

本来の積立投資は、そうした心配はなく、経済的に安心できる人生を送るために、投資信託が形成されています。

普通預金の0.02%といった金利では単なる積立貯金にしかなりませんが、積立投資の場合、将来的に複利で大きく増やすことができます。

 

積立投資は、ある程度のお金が無いとできないようなイメージがありますが、そんなことはありません。

中には、積立投資をするにあたって、最低でも100万円程度の資金がないとできないと思っている人もいるようです。

しかし、それは誤解で、積立投資というのは、非常に安いお金からスタートして、複利でどんどん増やしていけるのです。

もちろん、積立投資の商品の中には、ある程度まとまった資金が無ければ投資できないものもあります。

しかし、投資信託という積立投資の仕組みを活用すれば、1万円程度からでも簡単に購入することができます。

投資信託で積立投資をしていけば、銀行預金をするのと同じ手軽さで、複利でお金を有意義に増やせるのです。

最近では、投資信託を取り扱っている金融機関も増えていて、積立投資をする人がかなり急増しています。

 

積立投資は、非常に安く始めることができるので人気があり、実際に銀行では小口化を進めています。

中には、月1000円で積立ができるところもあり、積立投資は、誰でも気軽にやり始めることができます。

全世界に投資する投資信託を積立投資で購入すれば、大きな複利を生むことになり、高い数字を目指すことができます。

年利7%が、積立投資の目指すところで、これを複利で運用すれば、個人が資産を作るのに大きな力となります。

複利で積立投資の実績を上げていくには、具体的には、1年間の運用で得られた収益を再投資していくことです。

一定期間の運用で得られた収益を元本に加え、翌年の積立投資を運用することで、大きな複利効果が得られるのです。

積立投資のメリット

積立投資には、様々なメリットがあり、それは、500 円という少額からでも投資ができるところです。

そして、積立投資は、回数を分けて長期運用できるので、買うタイミングの分散ができるメリットもあります。

また、一度はじめたら、自動的に投資を続けられ、少額から投資できる大きなメリットがあります。

少額から投資できるということが、積立投資の最大のメリットであり、投資はお金持ちでないとできない、というイメージを払拭しています。

特に、最近では500円から積立投資ができるようになっていて、これは非常に大きなメリットと言えます。

また、投資信託を使った積立投資がはじめられるサービスも出てきて、様々なメリットが急増しています。

以前は積立投資は1万円からだったことを考えると、利用しやすいよう、メリットが増えているのは事実です。

 

積立投資は、実際、月に500円の積み立てでは、30年間積み立てても、元金は18万円です。

これではリタイヤ後のための資産運用としては心もとなく、積立投資はあまりメリットがないように感じます。

しかし、考え方次第で、月に500 円からできる積立投資は、こづかいで試しにできるというメリットは見逃せません。

要するに、そうしたメリットが積立投資にはあるので、投資をはじめるに当たってのハードルが下がります。

また、積立投資の場合、いくつかの投資信託に分散投資できるメリットがあり、それもかんたんにできます。

毎月2万円しか積み立て予算がない人でも、積立投資であれば、5本の投資信託に分散することも可能です。

そして、積立投資は、1本あたり4,000円ずつにお金を割り振りすることもできるメリットがあります。

 

積立投資は、小口にした分、手数料が高くなるという心配もないので、メリットはたくさんあります。

非常に自由度が高いのが積立投資のメリットで、買いタイミングの分散ができるのが魅力です。

投資家は、どのタイミングでどれだけ購入するかがポイントになりますが、積立投資はメリットが大きいので、参入しやすいです。

投資をするタイミングというのは難しく、そうした時に、一番安い価格で買える積立投資は有利なのです。

タイミングというのは、運用成績を左右する大事な要素ですが、判断が極めてむずかしいので、積立投資はおすすめできます。

メリットの多い積立投資なら安心で、大切な資産を不運というひとことで失敗に終わらせません。

分割手数料の仕訳

分割手数料というのは、主にクレジットカードで買い物をして分割払いを選択した際に発生する料金の事です。

本来なら商品購入に際して存在しない費用ですが、分割払いをすることによって分割手数料を支払う義務が発生します。

元々は存在しないので、分割払いを選択しなければ分割手数料も発生しないのですが高額な商品の買い物となると支払いも容易ではありませんね。

この場合、ローンの機会そのものを一気に解消する手立てとして提案されるボーナス一括払いで分割手数料対策をする事ができます。

可能であれば分割手数料を発生させたくないのですが、時としてどうにもならない事はあります。

その時になって慌てないよう、分割手数料について必要最低限の知識は持っておきたいところです。

 

分割手数料も、個人で買い物をするだけならあまり大きな問題とはなりません。

要するに、ただちょっと余分に支払いをしなければならないというだけですが場合によって分割手数料は面倒を生みます。

複式簿記をする際に、仕訳というものが要求されるのですが分割手数料が発生した時にどうなるのか悩まれるのではないでしょうか。

仕訳を怠ると正しい決算書を作ることができなくなるため、分割手数料が面倒だからと言って怠けずに作業を終わらせましょう。

仕訳において、何を買ったかによっても作成する内容が変わってきます。

たとえば購入したものが車なら、自動車税や自賠責保険などの費用も分割手数料と合わせて経費処理する事があるでしょう。

事情によって仕訳をする必要がある人は、分割手数料をどう処理すればよいのかをしっかり把握しておきたいです。

 

分割手数料は、一度に支払う額が多くなればそれだけ少なく済むようになっています。

支払い能力が十分であるなら、分割払いを選択せずに一括払いをすれば分割手数料を全く心配する必要がなくなります。

また、分割手数料はカード会社によってもかなりの違いが出てきます。

分割払いを絶対に選ばないという方はともかく、大抵何らかの場合に分割払いを余儀なくされるため少しでもお得な分割手数料をと考えたくなります。

今までクレジットカード選びの基準は年会費やポイントサービスだけだと思っていた方も、これからは新たに分割手数料も比較対象として検討してみると良いでしょう。

買い物をたくさんすればするほど、支払額に差が出てしまいます。

理想としては、年会費がかからずまた分割手数料が低く設定されているクレジットカードでしょうか。

ブログやサイトから、分割手数料について更に情報収集してみることをお勧めします。

積立投資の分散

積立投資というのは、非常に有益な投資手段ですが、どんなにいいと思っても、1つの投資先だけでは安心できません。

1つの資金を集中させることは非常に危険で、それは積立投資でも同じであり、分散させる必要があります。

何かあった際、積立投資を分散させておかないと、せっかく投資した資金をすべて失うことにもなりかねません。

一方で、常にどこかにお金が流れていくので、積立投資を分散しておかないと、大きな損失を生むことになります。

国内外の株も債券も下がったにも関わらず、金価格だけは上昇することもあるので、分散積立投資は必至なのです。

要するに、積立投資は1つに固めず、複数の資産や地域に分けて分散して投資をすることが大事になってきます。

分散して積立投資をするということは、とりもなおさず、リスクを分散できるということで、意義深いものです。

 

積立投資は、まさしく分散投資に適した金融商品であり、なぜなら、日本株をはじめ、世界中の株や債券を扱っているからです。

分散投資の考え方は非常に優れていて、積立投資においても、積極的に分散していくべきでしょう。

あらゆる商品が積立投資にはあるので、さまざまな対象に投資できる商品が揃っていて分散にはもってこいです。

また、積立投資であれば、個別に買うのは難しい新興国の株式や個人では手掛けにくい原油などもあります。

そして何より、積立投資なら、手軽に購入することができ、投資を始めるにあたって、多額の資金を用意する必要がありません。

何と投資信託の積立投資であれば、最低1000円から購入ができるので、これなら気軽に分散投資ができます。

さらに、1本でさまざまな資産に投資するバランス型の積立投資もあり、これなら、1銘柄を買うだけで分散投資できます。

 

積立投資は、分散するのにふさわしい投資方法で、しかも少額で分散投資できるので非常に魅力的です。

中でも、ネット証券の1000円積立は、分散積立投資としておすすめで、非常に大きな魅力があります。

対面型の金融機関では投信の積立を扱っていても1万円からというところが多いので、積立投資はおすすめです。

複数の銘柄を買って積立投資で分散投資するのは中々大変ですが、月1000円からなら気軽にできます。

3つの積立投資に分散して3000円ずつ投資しても、合計月9000円でできるので、本当に手軽に分散投資ができます。

将来のために、コツコツと今から投資をはじめたいのなら、積立投資で着実に分散投資していくことです。

分割手数料とは

分割手数料とは、クレジットカード等の特定の支払い方法を選択する状況に際して発生する料金の事です。

基本的には、商品に対して付けられた値段分だけの金銭を支払えば済む話です。

支払いが一括で行われれば良いのですが、問題は分割で購入した際に生じる分割手数料です。

因みにここでの買い物は、分割手数料の都合上一括の時も現金支払いではなくクレジットカードを用いたものとして考えます。

そもそも買い物をする時に、現金で分割手数料を考えるのは余程その店主と親しい間柄でなければ難しいので必然的にカード払いとなります。

クレジットカード自体が信用を前提に利用する事を認められており、分割手数料はその信用に更に上乗せされる条件と言えるでしょう。

 

分割手数料は分割で支払いをする時に発生する料金ですが、場合によっては発生しない事もあります。

当然ですが一括払いの時は分割していないため分割手数料はかからず、また分割2回払いの時もかからない場合が一般的です。

ただし2回払いの場合、カード会社によっては例外事項が設けてある事があります。

分割3回払い以降になると、問答無用で分割手数料は発生するものと考えておけばまず間違いありません。

例外といえばもう一つ、ボーナス一括払いの時も分割手数料がかかることは原則としてありません。

要するに分割手数料は、一度に支払う金額が小さくなると発生するものという認識をする事ができます。

相対的に幾らかという話ではなく、元々の値段に対して割る数が大きくなればなるほど最終的に支払う分割手数料も高くなるのです。

分割手数料が信用の延長線上にあるというのは、支払う金額に対する責任の重さと言い換えることができますね。

 

分割手数料を一度の支払いだけで見れば、それほど大きな金額とは感じないでしょう。

しかし、3回払いと12回払いとを比較すれば明らかに12回払いの方がより多くの分割手数料を払う事になります。

買い物において分割払いを利用するという事は、一度の支払いを軽くする代わりに分割手数料を背負う事を意味します。

もちろん家や車といった、人生における高額な買い物を一括ないし分割2回払いというのは難しいため分割手数料もやむなしです。

それ以外の買い物、たとえば家電製品などの車ほどではないにしても高価なものは分割手数料を抑えるためにボーナス一括等の支払い方法を選択するのが良いでしょう。

支払い方法一つで実際に払う料金に結構な違いが出てくるため、安易な選択は禁物です。

分割手数料について詳しい話は、ブログやサイトからチェックする事ができます。

分割手数料計算

分割手数料が高いと、せっかくクレジットカードの年会費が無料でもより多くのお金が掛かることになってしまいます。

どの程度の頻度でクレジットカードを利用するかにもよりますが、実際に使うところまでイメージして分割手数料を選択要素に加えてみても良いでしょう。

と言っても、分割手数料が発生するということはつまりそれだけ高額なものを購入しているという事なので対策は他でも練ることが可能です。

そこまで頻繁に高額な買い物をしないのであれば、つまり分割払いを利用しないのであれば分割手数料は気にしなくて良いのかもしれません。

分割手数料はクレジットカード会社ごとに違っているため、カード選びの基準として重要視する事があります。

ポイントサービスや年会費など、色々な要素と分割手数料とを組み合わせて検討してみることをお勧めします。

 

分割手数料は分割払いを選択した際に必ず発生するという訳ではなく、主に3回払い以上の分割払いを選択した際に発生します。

ただし、ボーナス一括払いを選択した際には分割手数料が発生しません。

基本的に分割手数料は分割の回数を多くすればするほど掛かるため、いくらクレジットカードに分割払いの機能があるからと言って乱用はしない方が良いでしょう。

たとえそれがクレジットカードによる支払いだったとしても、一括払いなら分割手数料のように余計な費用がかかる事はありません。

クレジットカード会社としては、出来れば分割手数料をかけて欲しいというのが本音でしょうか。

ところで、分割手数料がどういった計算で出されるかをご存知でしょうか。

仕組みはそれほど難しい話ではないので、覚えておいて損はありません。

ただし自分が支払う事になるであろう分割手数料を計算で導き出すには、カード会社が出している分割払いの手数料表というものを照会する必要があります。

 

分割手数料と利用額との和が、最終的に支払う額になります。

一括で支払えば利用額だけで済むところ、分割払いを選択する事によって分割手数料が発生する事がよく分かりますね。

分割手数料が支払い回数によって変動するというのは、回数によって設定されている利率が異なるためです。

やはり分割回数が少ないほど利率は低く、多くなるほど利率が高くなるため分割手数料も多くかかるのです。

当然の話ですが、月々に払う額は分割手数料と利用額との和を分割回数で割ったものです。

ただ、大抵は初回に少し多く払う事になるので一律ではありません。

分割手数料の計算方法やより詳しい情報については、ブログやサイトからも収集可能です。