分割手数料計算

分割手数料が高いと、せっかくクレジットカードの年会費が無料でもより多くのお金が掛かることになってしまいます。

どの程度の頻度でクレジットカードを利用するかにもよりますが、実際に使うところまでイメージして分割手数料を選択要素に加えてみても良いでしょう。

と言っても、分割手数料が発生するということはつまりそれだけ高額なものを購入しているという事なので対策は他でも練ることが可能です。

そこまで頻繁に高額な買い物をしないのであれば、つまり分割払いを利用しないのであれば分割手数料は気にしなくて良いのかもしれません。

分割手数料はクレジットカード会社ごとに違っているため、カード選びの基準として重要視する事があります。

ポイントサービスや年会費など、色々な要素と分割手数料とを組み合わせて検討してみることをお勧めします。

 

分割手数料は分割払いを選択した際に必ず発生するという訳ではなく、主に3回払い以上の分割払いを選択した際に発生します。

ただし、ボーナス一括払いを選択した際には分割手数料が発生しません。

基本的に分割手数料は分割の回数を多くすればするほど掛かるため、いくらクレジットカードに分割払いの機能があるからと言って乱用はしない方が良いでしょう。

たとえそれがクレジットカードによる支払いだったとしても、一括払いなら分割手数料のように余計な費用がかかる事はありません。

クレジットカード会社としては、出来れば分割手数料をかけて欲しいというのが本音でしょうか。

ところで、分割手数料がどういった計算で出されるかをご存知でしょうか。

仕組みはそれほど難しい話ではないので、覚えておいて損はありません。

ただし自分が支払う事になるであろう分割手数料を計算で導き出すには、カード会社が出している分割払いの手数料表というものを照会する必要があります。

 

分割手数料と利用額との和が、最終的に支払う額になります。

一括で支払えば利用額だけで済むところ、分割払いを選択する事によって分割手数料が発生する事がよく分かりますね。

分割手数料が支払い回数によって変動するというのは、回数によって設定されている利率が異なるためです。

やはり分割回数が少ないほど利率は低く、多くなるほど利率が高くなるため分割手数料も多くかかるのです。

当然の話ですが、月々に払う額は分割手数料と利用額との和を分割回数で割ったものです。

ただ、大抵は初回に少し多く払う事になるので一律ではありません。

分割手数料の計算方法やより詳しい情報については、ブログやサイトからも収集可能です。