分割手数料とは

分割手数料とは、クレジットカード等の特定の支払い方法を選択する状況に際して発生する料金の事です。

基本的には、商品に対して付けられた値段分だけの金銭を支払えば済む話です。

支払いが一括で行われれば良いのですが、問題は分割で購入した際に生じる分割手数料です。

因みにここでの買い物は、分割手数料の都合上一括の時も現金支払いではなくクレジットカードを用いたものとして考えます。

そもそも買い物をする時に、現金で分割手数料を考えるのは余程その店主と親しい間柄でなければ難しいので必然的にカード払いとなります。

クレジットカード自体が信用を前提に利用する事を認められており、分割手数料はその信用に更に上乗せされる条件と言えるでしょう。

 

分割手数料は分割で支払いをする時に発生する料金ですが、場合によっては発生しない事もあります。

当然ですが一括払いの時は分割していないため分割手数料はかからず、また分割2回払いの時もかからない場合が一般的です。

ただし2回払いの場合、カード会社によっては例外事項が設けてある事があります。

分割3回払い以降になると、問答無用で分割手数料は発生するものと考えておけばまず間違いありません。

例外といえばもう一つ、ボーナス一括払いの時も分割手数料がかかることは原則としてありません。

要するに分割手数料は、一度に支払う金額が小さくなると発生するものという認識をする事ができます。

相対的に幾らかという話ではなく、元々の値段に対して割る数が大きくなればなるほど最終的に支払う分割手数料も高くなるのです。

分割手数料が信用の延長線上にあるというのは、支払う金額に対する責任の重さと言い換えることができますね。

 

分割手数料を一度の支払いだけで見れば、それほど大きな金額とは感じないでしょう。

しかし、3回払いと12回払いとを比較すれば明らかに12回払いの方がより多くの分割手数料を払う事になります。

買い物において分割払いを利用するという事は、一度の支払いを軽くする代わりに分割手数料を背負う事を意味します。

もちろん家や車といった、人生における高額な買い物を一括ないし分割2回払いというのは難しいため分割手数料もやむなしです。

それ以外の買い物、たとえば家電製品などの車ほどではないにしても高価なものは分割手数料を抑えるためにボーナス一括等の支払い方法を選択するのが良いでしょう。

支払い方法一つで実際に払う料金に結構な違いが出てくるため、安易な選択は禁物です。

分割手数料について詳しい話は、ブログやサイトからチェックする事ができます。