複利で増やす積立投資

積立投資というのは、先行き不安な今の世の中、非常に有益な投資手段であり、それは大きな複利を生むからです。

今の時代、資産づくりに興味がある人も多いでしょうが、おすすめなのは、複利のある堅実な積立投資です。

毎月積み立てをするのが積立投資ですが、普通の貯金ではお金が増えず、それは金利がつかない状態で積み立てても意味がないからです。

今の金利は0.02%と非常に低く、利息から税金が引かれずに複利で積立しても有益な積立投資にはなりません。

日本人男性の平均寿命は79歳で、生まれてから積立投資を始めたとしても、生きている間に大きな資産は形成できません。

本来の積立投資は、そうした心配はなく、経済的に安心できる人生を送るために、投資信託が形成されています。

普通預金の0.02%といった金利では単なる積立貯金にしかなりませんが、積立投資の場合、将来的に複利で大きく増やすことができます。

 

積立投資は、ある程度のお金が無いとできないようなイメージがありますが、そんなことはありません。

中には、積立投資をするにあたって、最低でも100万円程度の資金がないとできないと思っている人もいるようです。

しかし、それは誤解で、積立投資というのは、非常に安いお金からスタートして、複利でどんどん増やしていけるのです。

もちろん、積立投資の商品の中には、ある程度まとまった資金が無ければ投資できないものもあります。

しかし、投資信託という積立投資の仕組みを活用すれば、1万円程度からでも簡単に購入することができます。

投資信託で積立投資をしていけば、銀行預金をするのと同じ手軽さで、複利でお金を有意義に増やせるのです。

最近では、投資信託を取り扱っている金融機関も増えていて、積立投資をする人がかなり急増しています。

 

積立投資は、非常に安く始めることができるので人気があり、実際に銀行では小口化を進めています。

中には、月1000円で積立ができるところもあり、積立投資は、誰でも気軽にやり始めることができます。

全世界に投資する投資信託を積立投資で購入すれば、大きな複利を生むことになり、高い数字を目指すことができます。

年利7%が、積立投資の目指すところで、これを複利で運用すれば、個人が資産を作るのに大きな力となります。

複利で積立投資の実績を上げていくには、具体的には、1年間の運用で得られた収益を再投資していくことです。

一定期間の運用で得られた収益を元本に加え、翌年の積立投資を運用することで、大きな複利効果が得られるのです。