長期積立投資

積立投資をするなら、長期がおすすめといわれていて、それは、誰にでもできて、利益を生む可能性が高いからです。

長期積立投資は、社会の経済成長によって、皆が利益を出せる可能性がある非常に信頼性の高い投資になります。

実に優しい雰囲気があるのが、長期積立投資の魅力であり、一般人や初心者にも受け入れやすい考え方がそこにはあります。

なぜ、長期積立投資が最終的に上手く行くのかは、それなりに色々と要因があり、それについては熟考する必要があります。

結論から言うと、長期積立投資の場合、積立て終了、取り崩し開始の前後数年間〜10数年間のマーケットの影響を受けます。

要するに、積立投資というのは、毎月一定金額の投信を購入する方法で、当初は投資残高が僅少ですが、どんどん増えていきます。

そして、年月の経過とともに長期積立投資を運用していくと、徐々に残高が増えていきます。

 

積立投資は、毎月5万円を積立てた場合で価格変動を無視すると、1年経過後の残高は60万円になります。

そして、2年経過後、長期積立投資は120万円となり、10年経過後は600万、20年経過後は1200万となります。

さらに、長期積立投資は、30年経過後になると、1800万となり、30年間のマーケットの変動が影響を及ぼします。

そして、長期積立投資の運用のパフォーマンスに及ぼす影響は、均等ではなく、後のほうになるほど大きくなる特徴があります。

要するに、長期積立投資の場合、同じ10%の変動でも、1年後は6万、20年後は120万、30年後は180万となるのです。

いわゆる、長期積立投資が抱える問題点は、長くなればなるほど、大きな損益が出るということです。

運用残高が少ない初期の時期のマーケットの変動が、長期積立投資にすることで、膨れあがるわけです。

 

積立投資運用の成否に及ぼす影響は、長期になるほど大きいですが、トータルでみるとそうでもありません。

長期積立投資は、長い目でみるとその損失は大きくなく、20〜30年間のスパンでするのなら、今のパフォーマンスは気にする必要はありません。

利回りが上がれば、長期積立投資の30年後の資産額は大きく上昇することになるので、かなり魅力的です。

これこそが長期積立投資の醍醐味であり、得られる複利効果であり、その数字を根拠に長期投資が提唱されているのです。

国債や定期預金などの確定利回りものは100%なので、早くから長期積立投資をするほど、資産額も増えます。

長期的に株価が低迷して株価が当初より大幅に下落しても、長期積立投資なら利益が出るとも言われています。