ブラックカードと年収

ブラックカードを取得するには、年収が安定している必要があり、不動産などのアセットがあることが要求されます。

また、過去の利用実績が良好でないと、ブラックカードは簡単には取得できないようになっています。

基本的に、ブラックカードは、年収の高い開業医や弁護士、上場企業のオーナーなどが所持しています。

また、それに準ずる高収入の年収を得ている外資系金融マンや個人事業主なども、ブラックカードを所持しています。

また、芸能人やスポーツ選手も年収の高い人は、ブラックカードを所持している人が多く、特に有名人にそうした傾向があります。

クレジット会社側からすると、有名で息の長い年収の高い芸能人やスポーツ選手でないとブラックカードを与えません。

芸能人は人気がなくなると年収が減少するので、ブラックカードを貸与する値打ちがないと判断します。

 

ブラックカードは、年収の高いスポーツ選手などもよく使用していますが、引退などのリスクがあるので、よほど実績がないと無理と言われます。

そうしたことから、年収が安定している中小企業のオーナーなどがブラックカードを持つ比率が高くなっています。

いくら年収があるとブラックカードが持てるかという規則は特になく、800万〜数億円と、かなり幅があります。

つまり、年収いくらからブラックカードが持てるという決まりはなく、クレジットカード会社の明確な回答はありません。

年収は確かにブラックカードのホルダーを決める1つの要素ではありますが、それが全てではありません。

もちろん、年収が多くて、社会的立場や職業が明確な人は、ブラックカードを持ちやすいのは事実です。

年収が高く、貸したお金をしっかり返してくれる人であれば、ブラックカードを持つ資格が与えられます。

 

ブラックカードは、年収の高い有名人やスポーツ選手などにホルダーが多く、知名度も大きな条件になります。

一般的に、貸したお金を踏み倒されるリスクが少ない人にブラックカードのホルダー資格があり、年収がいくらかは公ではありません。

要するに、ブラックカードを保持するための年収の定めはなく、各社によって審査基準にはバラつきがあります。

ただ、ブラックカードを取得するには、ある程度の年収は必要で、少なくとも1,000万円〜2,000万円程度は必要と言われます。

年収数百万円の少ない人が、年会費数十万円のブラックカードを持っても、あまり意味がないでしょう。

ブラックカードのデスクを十分に使いこなせる決済額を有していなければ、年会費の元を取ることはできません。