住宅ローンのローン一本化

ローン一本化に住宅ローンを活用しようと考える人がいるようです。

カードローンなどを利用している方が住宅ローンで家を購入しようとしているときに、カードローンの借金も住宅ローンも、まとめてローン一本化しようと考えるのだとか。

カードローンなどをまとめて住宅ローンにローン一本化することは、正直お勧めできません。

理由としては、銀行などが行っている住宅ローンは目的別ローンと呼ばれるもので、使い道が決まっている方が利用するローンだからです。

住宅ローンでは住宅を、カーローンでは自動車購入を、そして教育ローンは子供の教育費に使わなければならないわけですが、ローン一本化は可能なのでしょうか。

目的がはっきりしているローンだからこそ、低金利で借りることができるのです。

この住宅ローンで借金をローン一本化し、カードローンなども返済してしまおうと考えるのは、目的別ローンの使途に反しています。

住宅ローンとカードローンなどをまとめてローン一本化していることが分かってしまったら、場合によっては住宅ローンの一括返済を請求されることにもなりかねません。

 

ローン一本化で不必要な問題を抱えてしまうことはあるのでしょうか。

悪質な不動産業者の中には、住宅ローンで他の借金もローン一本化しないかという話をするところもあるようですが、このような話に乗らないように気をつけましょう。

ローン一本化はできなくても、同じ企業で住宅ローンもカーローンも利用するということはできると思います。

同じ企業で住宅ローンもカーローンも、そしてカードローンも利用すれば、返済日を統一することができるかもしれません。

窓口もひとつにまとめることができるかもしれませんから、借金のローン一本化ではなく、窓口を一本化するという線で考えてみましょう。

全てのローンを一企業のサービスにまとめるというのは良いことだと思います。

利息はローンの種類によって異なるとは思いますが、それぞれに他社のローンを利用するよりも便利なのではないでしょうか。

住宅ローンのような目的別ローンではなく、複数の企業で使途自由のローンを利用しているという方は、借金のローン一本化ができると思います。

 

ローン一本化に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。

そして、住宅ローンで借金をローン一本化することができるのかといった情報も、ネット上には満載です。

ですから、他に借金をしていても住宅を購入したい、住宅ローンを利用したいと考えている方は、ローン一本化についてネットで情報を収集してみると良いでしょう。

ただ、住宅ローンは何十年も返済していくローンになります。

住宅ローンを組む前に、そのほかの借金をローン一本化して整理し、完済してから住宅を購入するのがベストだと思います。