外国為替チャートとローソク足の種類

いくつかの種類があるのが、外国為替チャートのローソク足の特徴です。

とても大事な参考データとして為替取引で利用されるローソク足にはどのようなものがあるのでしょう。

ローソク足というのは、外国為替チャートの中でも、多くの投資家や専門家が利用するものです。

実際に投資のテクニカル分析をする場合には真っ先に調べるものであるほど、どんな人でも利用するものです。

けっして為替取引をするにあたって損はないので、ローソク足を外国為替チャートにおいて見る方法を学んでおくと良いのではないでしょうか。

1本のローソクで、1日の値動きを示しているのが、日足と呼ばれるローソク足です。

為替の1週間の値動きを表したものがローソク足の週足で、1ヶ月のものが月足、1年分の値動きを表しているのが年足と呼ばれるものです。

どのローソク足の種類を使った外国為替チャートが良いのかは、取引の内容によって違うようです。

外国為替取引が長期や中期型ならば、日足や週足、または月足が適しています。

分刻みの値動きを表したものが他にもあり、1分足や5分足、15分足、30分足といったものがあるそうです。

短期トレードと言われるデイトレードやスウィングトレードなどにピッタリなのが、短いスパンのチャートです。

さまざまな種類の外国為替チャートのローソク足がありますが、為替取引をするためには、基本的な値動きをしっかりりと読み取れるようになることが重要です。

“外国為替チャートとローソク足の種類” への8件の返信

  1. ピンバック: Louis
  2. ピンバック: Patrick
  3. ピンバック: claude
  4. ピンバック: ramon
  5. ピンバック: jonathan
  6. ピンバック: sergio
  7. ピンバック: Henry
  8. ピンバック: Travis

コメントは受け付けていません。