年金をクレジットカードで支払う時のデメリットについて

クレジットカードを利用して国民年金を支払うのは便利でお得なので、そうする人が増えていますが、不利になる点はないのでしょうか。

クレジットカードを使って国民年金保険料を納付すると、クレジットカードのポイントの対象になるので一石二鳥だと思う方もいらっしゃると思います。

銀行口座からの引き落としでも割引サービスは存在します。

クレジットカード払いの時にはつかえませんが、銀行口座からの振替の場合は早割制度があります。

銀行口座からの引き落としの場合と、クレジットカード払いの時とでは、保険料をまとめて支払った場合の割引額は異なっています。

総じて、銀行口座からの振替の場合の方が割引額が高くなっています。

従って、この割引額の差額と、カード利用によるポイントのどちらが高くなるかを見極めることが必要です。

買い物をしていて利用限度額までの余裕がない場合、クレジットカードで国民年金を納付することができなくなることもあり得ます。

国民年金であっても利用限度額にはひっかかりますので、年金を支払うための余裕をもたせてクレジットカードを使うようにしましょう。

クレジットカードの場合、解約の可能性もあります。

紛失や盗難によってクレジットカードの番号が変わることも考えられます。

クレジットカードの変更手続きには手間がかかりますので、その点も不利な点と言えるでしょう。

国民年金のクレジットカード払いに関しては、分割やリボ払いによる納付は認められていません。

あくまで一括で支払わねばならないので注意しましょう。

このように、クレジットカード払いには特有の長所と短所がありますので、そのあたりを見比べてどうするかを決めるようにして下さい。

“年金をクレジットカードで支払う時のデメリットについて” への3件の返信

  1. ピンバック: Everett
  2. ピンバック: kyle
  3. ピンバック: donald

コメントは受け付けていません。