デイトレーダーの一日

デイトレーダーというのは、その仕組みがわかってきたところで、実際にどのようにやっていくのかを計画していきます。

デイトレーダーの一日を見ていくと、実際の活動時間は、株式市場の開いている時間帯だけではないことがよくわかります。

まず、デイトレーダーの一日は、朝、起床後、経済新聞などから何か材料がないかについて目を通さなくてはなりません。

前場の始まる30分前には、デイトレーダーは、パソコンに向かい、証券会社のマーケット情報などをしっかり閲覧します。

9:00の前場開始後は、デイトレーダーの一日は、ピックアップしている銘柄の動きを見ながら、売買のタイミングを待つことになります。

こうして、デイトレーダーの一日は、数回の売買を繰り返しながら、11:00に前場が終了するわけです。

デイトレードは神経を使うので、デイトレーダーの一日は、前場終了後には、ゆっくり休憩や食事をします。

デイトレーダーの一日は、前場終了後に、後場に備え、後場開始30分前には、最新のマーケット情報を閲覧します。

12:30の後場開始とともに、デイトレーダーの一日の中で、第2 ラウンドがスタートするのです。

売買のタイミングを逃さないよう、デイトレーダーの一日は、株価ボードにしっかり集中しなければなりません。

そして、デイトレーダーの一日の中で、数回の売買を繰り返して、一日の市場の終了を迎えるのです。

しかし、これでデイトレーダーの一日が終わるわけではなく、東証の開示公告を閲覧する必要があります。

そして、各企業の開示情報などから、デイトレーダーの一日の中で、材料を探さなければなりません。

デイトレーダーの一日の中で、決算の上方修正や業務提携、買収などの開示がされていれば、明日の銘柄発掘の目安になります。

デイトレーダーの一日は、様々な情報を元に、翌日に新しくピックアップする銘柄などを見ていきます。

そして、注目している銘柄の株価の動きや出来高などもデイトレーダーの一日の中で確認し、明日の戦略を練るのです。

こうした作業の繰り返しが、デイトレーダーの一日であり、そうすることが成功への第一歩となるわけです。

デイトレーダーの一日は、パソコンの前で楽そうな感じを受けますが、そういう考えは間違いです。

会社員並みの時間を株式投資に費やしているのが、デイトレーダーの一日なので、決して甘いものではありません。

一瞬の気の緩みが資産を減らすことになるので、デイトレーダーの一日は、非常に神経を使う日々の繰り返しです。

“デイトレーダーの一日” への5件の返信

  1. ピンバック: Jay
  2. ピンバック: herbert
  3. ピンバック: Brandon
  4. ピンバック: floyd
  5. ピンバック: terrence

コメントは受け付けていません。