分割手数料による損失

分割手数料は、分割払いを選択した時に支払いの義務が生じるものです。

つまり分割手数料を払いたくなければ、クレジットカードを利用した買い物で分割払いを選択しなければ良いのです。

一度に払う金額は少なくて済むものの、最終的に払う額は商品の代金に加えて分割手数料がかかるため高額になります。

自動車はまだしも家を考慮に入れると、さすがに一括払いは現実的ではないため折り合いをつけて分割手数料と接する必要があります。

どうしても避けられない分割手数料があるなら、それは仕方のないものとして他の部分で極力抑えるようにすれば良いのではないでしょうか。

家や車に次ぐ高価な買い物で、それなりの頻度で購入を要求され分割手数料が気になるものといえば家電製品です。

分割手数料は、月々の支払で見れば大した金額ではありません。

しかし単純計算で1年なら12倍に5年なら60倍にも膨れ上がるため、結果として分割手数料はかなりの負担となります。

一口に家電といっても幅は広く、悩むことなく一括で買えるものから分割手数料なくしては手が出せないようなものまで様々です。

どうしても手に入れたいというならそれ以外の選択肢はありませんが、分割手数料を考慮して別のものを選ぶのも一つの方法です。

大雑把な計算で高い安いと判断してしまうのではなく、きっちり計算した上で分割手数料に幾らかかるのかを出してみましょう。

その家電に対してかかる分割手数料が妥当と思えるのか、無理がないかという観点から考えてみると冷静に分割手数料を分析することが出来そうです。

月々となってしまえば実感しにくくても、ひとつのまとまった金額として分割手数料を出せば誤魔化しようがありません。

分割手数料の支払いを避けようとすると、一括かそれに近い形での支払いか家電を購入しないかに限られてしまいます。

家電を購入しないという方法は本題から逸れてしまうため一先ず放置して、分割手数料を低く抑える事を考えてみませんか。

分割払いの場合、2回払いが適用されるなら分割手数料がかかることは通常ありません。

ただし必ず使用出来る方法という訳ではないため、注意する必要があります。

分割払いはその回数によってそれぞれ金利が設定されており、もちろん回数が少ないほど金利は低く分割手数料も安くなります。

無闇に多くの分割払いを選択するのは、あまり賢いとは言えませんね。

無理のない程度に、ほどほどの分割回数にしておくと分割手数料による損失を抑えることができます。

分割手数料について詳しい計算方法などの情報を、ブログやサイトからチェックしてみると良いでしょう。

“分割手数料による損失” への14件の返信

  1. ピンバック: jay
  2. ピンバック: Edward
  3. ピンバック: angelo
  4. ピンバック: enrique
  5. ピンバック: brandon
  6. ピンバック: shawn
  7. ピンバック: ronald
  8. ピンバック: Ralph
  9. ピンバック: Gary
  10. ピンバック: Joe
  11. ピンバック: Shaun
  12. ピンバック: bruce
  13. ピンバック: Aaron
  14. ピンバック: shannon

コメントは受け付けていません。