投資銀行とは

証券取引免許をもつ金融機関のこと

投資銀行とは、証券取引免許をもつ金融機関のことを指しますが、正式なのは、米国のinvestment bankという名称になります、
つまり、一般的に、日本の銀行法の中においては、投資銀行という名称は正式には認可されていません。
日本での投資銀行の業態は、法人向け業務を行う証券会社ということになり、顧客は企業や機関投資家になります。
投資銀行の業務は、資金調達やM&Aのアドバイスを行うことと、株式市場や債券市場で流通する証券を機関投資家向けに売買することにあります。
また、自己勘定のために売買したりするマーケット業務が、投資銀行の主体たる仕事になります。
実際に利益を稼ぐ営業を行う投資銀行の部署をフロントオフィスと呼んでいて、営業をサポートする部署をバックオフィスと呼びます。
但し、銀行とは異なり、投資銀行の場合、預金を集めて企業に貸し付けることはありません。

投資銀行が企業の資金調達を担う

投資銀行が企業の資金調達をする場合、企業が証券を発行して、証券を投資家が購入する仕組みになっています。
証券の発行を投資銀行は業務としていて、新たに発行される証券をプライマリーマーケットと呼びます。
そして、投資銀行では、発行後、流通している証券が売買される市場をセカンダリーマーケットと呼んでいます。
日本で投資銀行が知られるようになったのは、1990年代以降のゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーが有名です。
米系の投資銀行が、高度な金融技術を武器に、合併案件や巨額の資金調達の財務アドバイザーとなったから知名度が上がりました。
日本で投資銀行として活躍していたのが、野村證券、大和証券、日興證券の3つの証券会社です。
これらの会社が投資銀行の業務を担っていたのですが、ほとんどが個人向け有価証券売買の仲買業務でした。

投資銀行は日本では個人向けが多い

投資銀行は、日本では個人向けが多く、法人向けの財務アドバイザリー業務などはあまり行われていませんでした。
その後、資本市場の国際化や規制緩和により、投資銀行は日本でも増え、大和証券SBCMなどができました。
日興證券とトラベラーズグループの合弁による日興ソロモンスミスバーニー証券などの投資銀行もできました。
ホールセール専業の本格的な投資銀行が出現し、2000年には、みずほ証券が法人に特化した営業を行いました。
また、2005年には、三菱証券とUFJつばさ証券が合併した投資銀行、三菱UFJ証券が設立されました。
そして、投資銀行として、独立系の証券会社の東海東京証券がビジネス拡大するなどの動きが見られました。