投資銀行ランキング

業界全体の投資銀行のランキング推移

投資銀行のランキングを見ると、売上高ベースにおいては、最大の銀行はJPモルガンになります。
JPモルガンとHSBCが、投資銀行のランキングの中では群を抜いていて、売上高を飛躍的に伸ばすことに成功しています。
そして、投資銀行のランキングとして、次いで、ゴールドマン、ドイチェバンク、バンク・オブ・アメリカ、シティ、バークレイズと続きます。
逆に投資銀行のランキングの中で売上高の落ち込みが激しいのは、UBS、バンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン・サックス、クレディスイスになります。
利益の投資銀行のランキングでは、JPモルガン、HSBC、BNPパリバがトップ3を占めている状況です。
赤字だった投資銀行のランキングを見ると、UBS、クレディ・アグリコール、クレディスイス、野村です。
業界全体の投資銀行のランキング推移を見ると、総売上高は減収傾向にあり、芳しくありません。

投資銀行のランキング

投資銀行のランキングは、全体的に見ると、総費用としては、1,660億ドルから1,700億ドルへと増えています。
コスト・コントロールが未だ十分に出来ていないというのが、投資銀行のランキングから見てとれます。
部門別の投資銀行のランキングを見ると、M&A、FICC、株式ともに、減収傾向となっています。
全体的に落ち込んでいるのが、投資銀行のランキングから見てわかり、給与、賞与は圧縮傾向にあります。
特に、売上高に対する給与、賞与の比率は、ほとんど改善が見られないのが投資銀行のランキングでわかります。
業界全体の投資銀行のランキングのROEは、大きく後退していて、2011年は僅か10.2%にしかすぎません。
投資銀行の中で特に給与が高いのが、ゴールドマン・サックスで、新卒の初任給でも800万~900万+賞与という実態です。

投資銀行の給与ランキング

投資銀行の給与ランキングでは、ゴールドマンが圧倒的で、1年目から年収1,000万円を超えるような給与体系です。
2009年のリーマン・ショックが起こる直前、投資銀行の中で最高の業績を叩き出していたのがゴールドマン・サックスです。
社員の平均ボーナス支給額を7,300万円と公表し、投資銀行として世間を驚かせたことは有名です。
特に給与が高い投資銀行のランキングを見ると、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、メリル・リンチなどです。
もっとも、こうした投資銀行の企業の採用枠は非常に狭き門となっていて、参入するのは大変です。
投資銀行のランキング上位の会社に入るには、経験や知識、スキル、人格、語学力などを総合的に磨きあげる必要があります。