投資銀行の業務

投資銀行の業務はインベストメントバンキング

投資銀行の業務は、インベストメントバンキングと言われていて、主として証券引き受けや財務アドバイスなどが業務になります。
事業法人、機関投資家、政府系機関などの大口顧客を相手にするのが、一般的な投資銀行の業務になります。
具体的な投資銀行の業務は、資金調達業務、M&Aのアドバリザリー業務、マーケットメーキング業務などです。
リスク管理業務や外国為替業務なども投資銀行の業務で、日本では、外資系金融機関や大手証券会社などの銀行業務もあります。
投資銀行は、何をするのかと言うと、企業の新株発行における株式の引受業務がメインになります。
企業同士の合併、買収におけるアドバイザリー業務も、投資銀行の代表的な業務で、日本語で言うと証券会社の法人部門に該当します。
株式の引受やM&Aのアドバイザリー業務には共通部分があり、それは投資銀行での大量の株式トランザクション取り引きであることです。

投資銀行のトランザクション取引

投資銀行は、トランザクション取引が行われる際、業務が遂行され、この業務は市場では捌き切れないものを扱います。
そうしたところに投資銀行の業務の価値があり、いわゆる仕事の需要があるということが言えるのです。
要するに、投資銀行の価値の源泉は、市場外取引における客観的で適正な取引価格を算定する業務にあると言えます。
通常、バリュエーションと呼ばれる投資銀行の業務は、新米の人にとっては、数多の企業バリュエーションと格闘することになります。
M&Aでも引受でも、提案の段階で投資銀行のバリュエーションの業務は、不可避だからです。
証券アナリストやトレーディングという投資銀行の仕事も、同じ価値に基づいた派生業務の1つです。
適正価値と市場価格の歪みで儲けようというのが、投資銀行の業務で、そうして投資家は、バリュエーションのプロとして君臨できるのです。

投資銀行の業務には決定的な欺瞞的要素がある

投資銀行は、プロとして株式の秘められた価値を見出し、また、知られざるリスクを暴きます。
巨額の取引を成立させることで投資銀行は、結果として巨額の報酬を得るに至るのです。
しかし、投資銀行の業務には決定的な欺瞞的要素があり、それは、株式の客観的かつ適正な価値は算定しようがないところです。
存在すらしないかもしれない客観的で適正な価値を、それがあるかのような顔をして投資銀行は、詭弁を弄すのです。
絵空事を吹聴してまわるという本音ベースが、投資銀行の実態に他ならず、業務に疑問を持つ人も少なくありません。
投資銀行の業務は、価値の定かではない高額商品を他人に売りつけることであり、それに抗するには必要なスキルを身につける必要があります。

投資銀行への転職

投資銀行に転職する時期

投資銀行に転職しようとする人は案外多いのですが、リーマンショック以降、求人は激減していました。
しかし、2010年末ごろから徐々に採用が戻ってきていて、最近ではまた、投資銀行に転職しようとする人が増加傾向にあります。
そう言う意味では、今の時点というのは、投資銀行に転職する時期としてよいタイミングかもしれません。
また、一部の外資系投資銀行では、リストラを行ったこともあり、その反動で求人が増えていて、転職のチャンスです。
若手ポジションの投資銀行の求人依頼が増えてきていて、それは外資系に限らず日系でも言えることです。
証券会社の投資銀行部門においても、求人が増加傾向にあるので、転職を考えている人は早めに動くことです。
しかし、投資銀行の転職は容易ではなく、選考基準は厳しく、厳選採用であることに変わりはありません。

投資銀行に転職についてのポイントをしっかり把握

投資銀行に転職するには、中途採用基準と、転職についてのポイントをしっかり把握して行く必要があります。
年齢、学歴、職歴、語学力という4つのポイントがあり、投資銀行に転職するには、しっかりとした対策が必要です。
年齢に関しては、投資銀行の転職については、業務未経験でも採用対象になる転職可能年齢は25歳前後~30代前半までです。
但し、業務未経験の場合には転職で採用される投資銀行のポジションは、アソシエイト止まりです。
年齢は、投資銀行の転職に際して、決められた限界があり、30代になるとより厳しくなる傾向があります。
どちからというと、投資銀行では、海外MBAホルダーの人などが、転職に際しては有利になる傾向があります。
学歴に関しては、投資銀行の転職について、未経験者の人の場合、国内外関係なく高学歴である必要があります。

投資銀行の転職において書類通過の必須条件

投資銀行に転職をする際は、まず、各国のトップレベルの大学を卒業していることが条件として求められます。
高学歴であることは、投資銀行の転職において、書類通過の必須条件であり、必要最低条件と言えます。
しかし、例外もあり、大学がトップレベルでなくても、海外のMBAトップスクールを卒業していれば、投資銀行転職のチャンスはあります。
トップスクールというのは、全米ではTOP15位以内なので、やはり投資銀行への転職は狭き門には違いありません。
職歴に関しては、投資銀行の転職については、評価される経験として、大きく2つに分けられます。
それはドキュメント作成能力とファイナンススキルで、この2つの経験がある人は、投資銀行への転職で大きく有利に働きます。