カテゴリー別アーカイブ: クレジットカード

無利息で借りられるキャッシング

キャッシングには利息がつくものというのがこれまでの常識でした。

今話題になっているのが、当然のことだったことがそうではなくなった金融サービスなのです。

利息がまったくかからないキャッシングサービスである、無利息キャッシングというものです。

高い利息によって全財産をなくしてしまうような感じがしている人が、さまざまな事情でキャッシングをしようと思ってる人の中にはいるようです。

キャッシングと聞くと、利息がいったん借りたら気が付かないうちに増えてしまうというようなことを思い浮かべる人も多いでしょう。

借金した分をそのまま返済するだけで、金銭面で自分にデメリットが無いのが無利息キャッシングの特徴だといえるでしょう。

キャッシングをしてみたいという人は、自分の懐が痛まない無利息キャッシングを使ってみるのはいい方法でしょう。

金融会社ごとに、無利息キャッシングを利用するための条件は違うといいます。

キャッシング会社の中には、制限が利用上限額や貸付日数にあったり、実際に店舗に来て手続をしているお客さんだけが利用できるというところもあるようです。

無利息での融資をどんな条件でどの金融会社がしているのか、調べてみるとキャッシング会社の中で活用しやすいものが発見できるかもしれません。

要注意なのは、無利息借りたキャッシングの場合、利息が条件を守れなかったときに高くなりやすいことです。

きちんと計画を立てて常識の範囲内で無利息キャッシングを活用することをおすすめします。

キャッシングの総量規制について

キャッシングの法律改正が行われたことは記憶に新しいところです。

総量規制というものがキャッシングに入ったのは、改正貸金業法という法律の改正が行われたことによります。

キャッシングを安易に利用しすぎてたくさん借りてしまう人が多いことや、多重債務といった現在世の中で問題となっていることを解決するために法案化されたのが、総量規制というものです。

法律によってきちんと定められのは、キャッシングの借入は合わせて年収の3分の1までということで、総量規制が導入されたことによるものです。

多重債務そのものができなくなることになるのは、証書ローン、カードローン、キャッシングローンなどの合計金額がすべて法律の対象になるからです。

50万円がキャッシングで借り入れできる上限金額となるのが、年収が150万円の人ということです。

キャッシング会社は信用情報機関への加入が義務づけられています。

利用を他のキャッシング会社でしている状況を伏せておくことは不可能なのです。

審査をこの法律が改正される前に済ませており、融資を今受けているのであればそのままキャッシングを継続できるといいます。

再び審査を受けなければならない場合や新たに借り入れをしたい場合に当てはまるようになるのが、総量規制です。だいぶ対策が法律が改正されたことによって進んだのが多重債務や借りすぎの問題です。

場合によっては借入が今までできるはずだったキャッシングが、法律によってできなくなることもあるようです。

年会費無料のクレジットカードとは

最近、年会費無料をうたうクレジットカードが増えています。

そのためか、クレジットカードを使っている人が増えているようです。

クレジットカードは支払いを行なうために使うカードで、品物を買った時などの代金を決済する時に利用します。

今まではクレジットカードを持っている人は少数派でしたが、最近は一人で複数枚持っている人も少なくありません。

一人で何枚ものクレジットカードを持てるのは、ひとえに年会費無料だからだと思われます。

複数のクレジットカードを持った場合でも、費用がかからないからです。

では、クレジット会社のほうが年会費無料のカードをどんどん発行するのはどうしてなのでしょうか。

まず、クレジット会社の収入源が年会費以外にもある、というのが理由にあげられます。

分割払いやリボ払いをすると発生する手数料などがその一つです。この手数料は金利に基づいて決まるもので、クレジットカードの提供会社ごとに変わります。

それぞれクレジットカードの加盟店が手数料をカード会社に対して支払っています。

加盟店が支払う手数料は、クレジットカードの利用料金の1~7%程度です。

カードの所有者がクレジットカードで買い物をすると、そのたびごとに、手数料が発生するわけです。

手数料はクレジットカードを利用した額に比例するわけですから、年会費無料としてでもできるだけ多くの人にカードを持ってもらおうとするわけです。

年会費無料のクレジットカード活用方法

年会費無料をうたうクレジットカードがそうでないカードに比べて優れているのは、お金がかからないため何枚もカードを持つことができるという点です。

クレジットカードを一人で複数枚持っていると、いろいろなことに使えるので便利です。

クレジットカードを利用状況に合わせて使い分けることで、よりお得になるので、クレジットカードそれぞれの特性を理解しておくことをおすすめします。

年会費無料のクレジットカードは何枚持っても費用がかかりませんから、上手に使い分けしましょう。

クレジットカードの中には、会員になっただけでプロバイダの料金が割り引かれたり、市外電話の代金が割引になるようなものも存在します。

その他にも、高速道路の利用料金が割り引かれたり、商品ごとであったり利用する場面ごとにあわせたような割引サービスなどの特徴を持つクレジットカードも存在します。

買い物をする際に何かしらのサービスを受けられる特典がついているカードなら、デパートやスーパーなどで使うようにすればいいわけです。

航空会社のクレジットカードにはマイレージが貯まりやすいものがよく見られますので、飛行機をよく利用するようなら検討の価値があります。

空港のラウンジなども無料で使えることもあります。

よく買い物をするお店のクレジットカードを作れば、そのお店でサービスを受けることができます。

まずは自分の生活シーンを見直してみることです。

年会費無料のカードのなかから、それにみあったものを持つようにするといいでしょう。

年会費無料のクレジットカードを持つにしても、そのようにすればよりうまく活用できます。

年会費無料のクレジットカードを利用する時の注意点

年会費無料をうたうクレジットカードを使う時には注意すべき事がありますので、少し見ていきましょう。

いちばん気をつけなければいけないのは、クレジットカードを紛失したり盗難に遭ったりすることです。

カードをいい加減に扱っているととんでもないことになりかねません。

年会費が無料だからといって何枚も所持していると、あまり利用しないクレジットカードもあり、紛失していても気付かない時もあります。

年会費無料だからと一人で複数枚のクレジットカードを作っているような場合、いいかげんに扱ったりしないようにしましょう。

総量規制の法改正が行われたことなどがあって、年会費無料のクレジットカードは近ごろでは発行されなくなってきているようです。

中には、年会費無料となるには条件を満たすことが必要なクレジットカードも存在します。

たとえば、年会費無料となるのは学生だけであったり、初年度のみ年会費無料というようなクレジットカードです。

年会費無料という誘い文句につられてクレジットカードを気軽に作り、忘れたころに請求を受けてしまうような話もよくあります。

注意しましょう。クレジットカードは上手に使えば便利なものですが、所持していることによるリスクもあります。

クレジットカードを利用して買い物をするというのは、厳密に言えば決済日までの借金をしているのと同じです。ついつい使いすぎてしまった……というような話は、クレジットカードを利用した買い物では良く耳にします。

年会費無料だからといって次々にクレジットカードを作ってしまい、金銭感覚が麻痺してお金を使いすぎてしまうようなことがないようにすべきです。

バイナリー初心者