月別アーカイブ: 2010年7月

主婦のキャッシングと法改正

 

貸金業規制法が改正されることによって、キャッシングがしづらくなると言われています。例えば、配偶者に何も言わずにキャッシングをしていた主婦は、融資を受けにくくなるといいます。融資金額の総量に制限が課せられたことが、改正内容の中でも大事な点です。借り入れ金額の年収に比した金額までした融資を受けられないというのがその制限内容なので、専業主婦など個人の収入がない人にとっては大打撃です。かつては主婦でも申込みをすれば手軽に融資が受けられるキャッシングもあり、家庭の財政に役に立っていました。しかし、法律が改正されてからは、証明書がなければ融資は受けられません。自分自身の収入がない代わり、主婦はキャッシングを使うために夫の収入を証明する源泉徴収票などが必要書類に含まれます。個性謄本や住民票など、配偶者との間柄を示す書類も用意しなければなりません。キャッシングを利用することを認めるという夫の許可を明記した書類も作らなければなりません。かつては気軽に利用できたキャッシングも、主婦にとっては手続きが難しくハードルも高い、非常に借りにくい存在になってしまったわけです。確かに法改正により、主婦が夫に内緒で借りたローンがいつの間にか膨れ上がり、家庭崩壊になるようなケースは減ることでしょう。主婦がたくさんお金を借りるようにと工夫をこらしていたキャッシング会社にとっては、改正の影響は大きなものです。

キャッシングと法改正

 

キャッシングの改正がありました。バブル崩壊後、景気の低迷も重なって、クレジットカードやキャッシングの利用は年々増え続けています。複数のキャッシング会社から借入を行っている多重債務者が増えたことは、個人でも手軽に融資の申込みができるようになったこととも関わっています。キャッシングに関わる法律には利息制限法及び出資法以前はありましたが、グレーゾーン金利という高金利での貸し付けができました。借金に困る人につけこむ違法業者の存在も指摘されていたため、法律の改正によるキャッシングの問題対策の必要性が訴えられてきました。20%上限に金利が制限されたことでグレーゾーンの問題もなくなり、貸金業規制法も改正されました。今回の改正により、ヤミ金融など規定に反する行為や許可のない貸金業には罰則も強化されています。今までは出資法により最高29.2%の金利が付けられていたのと比べ、改正後は金利も低くなりました。法改正はキャッシングに関していいことばかりかというと、問題点もあります。利用限度額に法律による規制が入ったことで、借りにくくもなっています。お金の借りすぎ防止のための法改正により、法律の制限の範囲内を越える金額を新たに借りることが難しくなりました。法改正前は借り入れ可能だったキャッシングでも、法改正の影響を受けて新たな融資ができくなる場合もありますので、注意をしてお金を借りてください。

キャッシング利用の見直しと法律改正

 

法改正により、キャッシングの貸し付け条件が2010年6月から厳しくなっています。年収の3分の1を越えてはいけないという法律ができました。消費者金融などを対象に改正貸金業法という新たな法律の適用が段階的に行われてきたことによります。多重債務者の増加に歯止めをかけるため、法律面での規制がかかったというものです。法律により、現在使用しているクレジットカードのキャッシングやカードローン専用カードなどが使用できなくなるケースも考えられます。今までは、キャッシングとは何度でも使えるという点が顧客に喜ばれてきました。複数のカードローンやキャッシングを常時使っているという人も少なくありません。キャッシングの利用総額が、収入の3分の1より多くなるような借り方は法律で制限され、できなくなってしまいました。この規制は、キャッシングだけでなくカードローンに対しても行われます。この法律が適用されたことにより、多重債務状態の人が自己破産や債務整理になりやすい可能性があります。弁護士や法律のプロへのキャッシングに関する相談も増えています。多重債務状態に陥ってしまった人や、キャッシングの使いすぎで自分の手に負えなくなったという人には、国や地域、法律家の無料相談などがあります。1人で困っているより、法律のプロに尋ねた方が打開策が見つけやすいこともあります。キャッシングの使いすぎで追い込まれている人は、まずは人に話してみましょう。

キャッシングの利用と法律

 

この頃は、法律の専門家がキャッシングや多重債務の相談に乗ってくれる無料の電話窓口が存在します。この頃は、キャッシングの返済に行き詰まったり多すぎる借金を抱えてしまったなどの相談をするため、弁護士など法律家を頼る人が多くなっています。2010年6月の法律改正では、何社からものキャッシングを受けすぎて多重債務にならないようになりました。キャッシングローンを取り扱っている金融会社は数多く、クレジットカードのキャッシング機能や消費者金融、信販会社などのキャッシングも存在します。キャッシングやクレジットカードに関するメディア広告も数多く、新聞や雑誌の広告、電車の中吊りなどあちこちにあります。そのため、キャッシング自体への印象も気軽なものとなっています。キャッシングを使う人は、徐々に多くなっています。キャッシングに関する悩みや多重債務に関する助言を求めたい時は、無料の法律相談などを使うという方法があります。個々の融資状況に合わせて、法律に詳しい人たちが自己破産や任意整理、キャッシングの一本化な方法などを教えてくれます。キャッシングの法律改正が適用されたのは2010年6月からです。新規のクレジットカードやキャッシングの申し込みは、難しくなると考えることができるでしょう。また、何度も借り入れができるというキャッシングの特性に関しても、制約が入る可能性があります。

キャッシングの法律改正

 

キャッシング利用についての法律改正が行なわれました。2010年6月から、新しいキャッシングに関する法律改正がされています。今回のキャッシング利用の法律改正により、融資の限度額が利用者の年収の3分の1までとなりました。この先、利用限度額が年収の1/3を超えるなら新規融資は受けられません。キャッシングとは個人を対象とした小口融資のことで、キャッシングローンやクレジットカードのキャッシング機能を使います。近年は景気が底をついており、カードローンやクレジットカードでお金を調達する人が増えています。何社ものキャッシング会社からお金を借りた結果、返済能力をオーバーしてしまったという多重債務者の問題も深刻化しています。支払いの為に新たな借り入れを繰り返るケースが増えたことから、今回のキャッシング利用についての法律改正が行なわれる事となりました。この法律によって、借入金が増えすぎて多重債務状態になる人を作らないようにしようとしています。現時点でのキャッシング返済が多すぎて返済ができないからと、新規のキャッシングローンを組んで一層生活が苦しくなるという状況の打開のためです。入ってくるお金より返すお金の方が多いというのが、多重債務の恐ろしいところです。多額の借金を抱え込み、のっぴきならない状態になってから取り返しのつかないことを招いてしまわないよう、この度の法律の改正がされたというわけです。