月別アーカイブ: 2010年8月

自動車ローンの賢い借り方

 

自動車ローンを利用するなら低金利での融資が受けられるローンがいいのですが、いくら低金利でも変動金利型の自動車ローンは将来的に金利が上がる可能性があります。もしもローン返済が3年以上の長期になるなら、変動金利制は利用しない方がいいかもしれません。返済期間を5年以上で考えるなら、固定金利型をベースにした方が安心な自動車ローンといえるでしょう。銀行では、給与振り込み口座を持っていたり、公共料金の引き落とし口座を持っている顧客などが自動車ローンを組む時には、金利的な優遇措置を取ってくれる可能性があります。自動車をローンを組んで購入する際は、ディーラーに任せてしまうのでは無く、自動車ローンについて、あらかじめ金利やその他の借入条件も確認してみることをおすすめします。それなりの出費で自動車とは購入するものです。それだけに、自動車ローンを選ぶ時には、気合いを入れて納得のいくところを探す必要があります。返済途中で状況が変わった時に、一部繰り上げ返済や一括で残りを返済できるという自動車ローンも存在します。財政的に大丈夫そうなら、返済時期を早めるのもいい方法です。税金やガソリン代を安く抑えたいならば、グリーン税の対象となる車がいいでしょう。自動車ローンを利用する際にはいろいろなお得な情報があるので、事前に情報を収集することが大切です。自分に合う自動車ローンを見つけることで、車と共に生きる人生をより良いものにしていけるでしょう。

自動車ローンを利用する前に

 

自分の収入や貯蓄とローンのバランスを考えて、自動車を買うことが重要です。ローンを組む前に、返済の見通しは立てておきましょう。一括で払うことが難しい金額でも、ローンを利用すれば高価な自動車の購入も不可能ではありませんが、完済まで返済の負担があるのは事実です。現時点での所有財産だけで自動車を買うことができれば理想的かもしれません。とはいえ高い自動車を購入したい場合は、手元のお金では足りないことが多いでしょう。一括で全て支払うことが難しいとしても、ある程度は貯蓄を持っておいた方が頭金などにもなり、ローンの負担も軽くなります。自動車ローンを使って車を購入するという時は、月々に支払える金額はいくらくらいか明確にした上で、車の金額や返済までに必要なお金についてしっかり調べるべきでしょう。出来る限り低金利で利用可能な自動車ローンを探すことも大切なポイントです。自動車が欲しいばかりに無理をしてローンを組んでも、毎月の返済に困ってローン期間内に車を手放すケースも若い世代には少なくないようです。自動車ローンでは、ローンを返し終わっていないうちは、実際の所有者はローン会社となっているケースもあります。状況によっては車は手元になくなってしまったのに返済だけが続くということもあり、自動車ローンを組む時は条件をよく確認することも大事です。自動車を買い替えたいならば、環境対策が進みエコカー減税もある今がちょうどいいという人も少なくありません。車社会の日本でマイカーと上手につき合っていくために、自動車ローンなどを賢く使って無理なく返済をしながら自動車を買い替えていきたいものです。

クレジットのブラックリスト

 

ブラックリストに用心してクレジットを使いましょう。クレジット社会の業界用語でもあるブラックですが、どちらかというと一般的に知られているのはブラックリストの方かも知れません。上方に突き抜けた存在なのがブラックランクのカードであり、下方に突き抜けたのがブラックリストといえるでしょう。これまで、クレジットカードの返済で問題を起こしていたり、債務整理や自己破産をした人をチェックしたものです。実際にはリスト化はされてはいないとの情報もあります。新たにクレジットカード発行の手続きを行う時は、申込者に対する審査があります。カード会社は信用情報会社にその人について問い合わせることで、過去の返済履歴やキャッシングをどれだけしているかチェックします。クレジット会社同士は、信用情報会社を通じて顧客の利用情報を調べることができる状況を作っているため、一社の返済が遅れると、別の会社にもそれが知られてしまいます。審査に通らなくなった状態をブラックリストに載ったと巷では言われているようです。基本的には5年くらい、返済時に問題があった人物として情報が記録されつづけることになります。破産経験者がクレジットカードを作るには、ほとぼりが冷めるまでは7~10年ほどはかかります。ブラックリストに名前が載ったことがある人は、しばらくはクレジットカードやローンで不便な思いをしますので、借りたお金の返済で問題を起こさないようにしてください。

ブラックのクレジットのメリット

 

クレジットカードのブラックは、最も上位に存在するカードだとされています。アメリカで、センチュリオンカードというブラックのカードができたのが1999年。日本で取り入れられたのは2002年になります。今ではダイナーズやマスターなど、さまざまなクレジット会社でブラックのクレジットカードを発行しています。ちなみにアメリカンエキスプレスのブラックカードの年会費は30万以上にもなります。30万円もかかるクレジットカードとして目を引いたこともありました。クレジットカードが盛んに使われているアメリカ国内では、年会費に30万円かかるクレジットカード自体はそれほど珍しいものではないといいます。年間数十万もする高額なクレジットカードの年会費を払うには、相応の理由があるようです。ブラックのクレジットカードの場合は、さまざまな特典があります。ブラックのクレジットカードを使うとコンサートなどのチケットが入手しやすく、飛行機や小型ジェットも良い物が回されてきます。ブラックのクレジットカードで、家や車も買えるといったメリットもあるといわれています。ブラックのクレジットカードに招待されるには、年間で1千万以上の金額を利用するのが最低条件だそうです。主に芸能人や実業家といった著名人がこのブラックのクレジットカードに招待され、ステイタスとして所持しているといわれています。

ブラックのクレジット

 

ブラックのクレジットについてです。最近は、クレジットカードは私たちの消費生活においてごく自然な存在になっています。1人で何枚かのクレジットカードを持っているという方も少なくありません。アメリカではクレジットカードは身分証明書代わりで、信用の証になるそうです。クレジットカードを持たないことは、あり得ないとも言われています。一部のクレジットカードはステイタスでもあります。特にゴールドカードやプラチナカードは審査も厳しく、限られた人しか持てない特別なクレジットカードとなっています。普通のクレジットカードよりずっと高い年会費がかかり、持ち続けるだけでも大変なカードと言われています。ただしプラチナやゴールドがカードの最上ではなく、更に上位のブラックが存在しています。ブラックのクレジットカードはゴールドやプラチナより更に高い、全てを差し置く最高位のカードといえるでしょう。カードの色はもちろんブラックで、年会費は何と10万円以上だそうです。中には30万円を超えるブラックのクレジットカードもあるようです。ブラックのクレジットカードは希望して持つのではなく、カード会社側からの判断で発行されます。このクレジットカードを所有するには、収入やカード利用額など、全てにおいて群を抜いていなければなりません。今でも世界中でごく限られた人だけがこのブラックのカードを持ち、実際に使用されているクレジットカードなのです。 >