月別アーカイブ: 2011年1月

不動産投資とローンの関係

会社勤めをしている人が不動産投資を開始する元手には、住宅ローンを金融会社から借りるという手法があります。気をつけてほしいのは、すでに自分の住宅を購入していて、まだローンが残っている場合です。ローンの審査では、返済能力を測る際に他のローンを組んでいるかどうかも着目されます。返済が終わっていない住宅ローンを抱えている人は、審査が厳しいかもしれません。不動産投資の場合は、マンションの1室からはじめるのか、マンション1棟ごと投資するのかでもローンの条件が変わってきます。バブル期の華やかなりし時代は、不動産投資とは主に土地の価格上昇による売却利益を目当てにした投資であり、家賃収入などは考えていませんでした。不動産投資といえば、値上がりしそうな土地を買って売却益を得ていたものです。経済情勢の悪化などにより土地の金額は上がりはしないため、家賃が不動産投資での収益源となります。ローンの依存率を低くすることが、不動産投資をうまく続けるためには大事な点となります。一室だけ購入したマンションに住んでくれる人がいなければ、あくまで自力でのローン返済が求められます。マンションを一棟丸ごと購入したのであれば少なからず収益はあるでしょうが、初期投資が高額になります。投資とは多かれ少なかれリスクを伴うものであり、利益も理論上の最大値が出ることはほぼないですが、不況とはいえしっかり資産運用をしている人はいます。不動産投資は、土地や不動産購入にあてる金銭が足りなくても、ローンを活用することができるのです。

不動産投資とローン

不動産投資とローンについてです。ここ数年は不景気の影響もあり、日本では超低金利時代とも言われています。日本経済が上手く回っていないことから、株価も低下中です。銀行などへの預金も利息が低く、貯蓄を増やしたくてもなかなか資産運用ができません。逆にいえばローンなどでお金を借りる場合は利息が低いので、まさに借り時ともいえます。ローンを利用した不動産投資に手をつけている人は、不況の関係もあって増えているようです。特にサラリーマンはこの不況で給料が簡単には上がらないといった背景もあり、副業志向も高くなっています。これまで、不動産投資には元手がかかるというイメージがありましたが、最近では不動産投資のために住宅ローンを組むという方法で運用している人もいるようです。給与所得者は収入が一定なので、住宅ローンを組む際にはむしろ審査に通りやすいともいいます。不動産を運用して収入を得ているため、仕事は負担にならない程度で切り上げているという人もいるという話です。貯蓄の少ないサラリーマンの場合、不動産投資を行うには住宅ローンを返済しながら投資を行うことになるので、その分のリスクを負わなければなりません。不動産投資は当然リスクもあり、ローンの返済が滞り最悪、自己破産になる可能性もゼロではありません。ローンを組んで不動産投資をするなら、しっかりと下調べをして慎重な運用をしていただきたいものです。

住宅ローンの控除の申告

もしも住宅ローン控除を利用したい場合は、家を買った翌年明けから3月15日で手配をします。給与所得者の場合は、1年目は住宅ローン控除の確定申告をする必要があります。後は翌年からは年末調整によることができます。所得税だけで住宅ローン控除が引ききれず、住民税も対象にする場合、給与所得者でも確定申告をします。確定申告申込書の住宅ローン控除に関する欄を埋めて提出すると確定申告ができます。家屋の登記簿謄本か、登記事項証明書または売買契約書、借入金の年末残高等証明書、住民票、源泉徴収表などを添付します。また、担当税務署で、住宅ローン控除の申込みをする必要があります。近年では、ネットを使って自宅からの確定申告をすることも可能です。確定申告の記載方法で自信がない点があるなら、税務署で確認してもらってもいいですが、確定申告の期間ちゅうの税務署はとても混みあっているため、待ち時間の覚悟が必要です。しかし、まる1日を確定申告の届け出に費やすことは不可能だという方や、多忙で時間が作れないという方は、ネットからの確定申告手続きがおすすめです。インターネットでは、国税庁ホームページから確定申告書等作成のサイトに行くことで、確定申告の仕方がわかります。始めたばかりの頃は戸惑うこともあるかもしれませんが、一旦手続きをしてしまえば住宅ローン控除は手軽に受けることができます。

住宅ローンの控除の条件

住宅ローン控除を使うためには、定められた枠内で住宅を購入することです。どんな条件であれば、住宅ローンが使えるのでしょうか。まず、登記簿に記載されている住宅床面積が50㎡以上あることが、住宅ローン控除を受ける上での大前提となります。また、住宅を購入してから半年以内に住み始めていること、控除を受けている間はそこに住んでいることです。年収3,000万円以下の人のみが控除を適用できます。築20年以上の家屋や築25年以上のマンションも、住宅ローンの控除条件外となります。もしも平成17年4月より後に作られた家なら、耐震法の基準をクリアしている家が対象となり、耐震性の証明書がいります。また、住宅ローンが10年以下の場合も対象外となります。また、居住用財産の買い替え特例を購入年前後2年間利用していないことも、住宅ローン控除を受けるために求められる条件になりますので確認しましょう。住宅ローンの控除の金額は、税制改正によって2009年以降は少し控除率が変更になりました。住み始めた年が2009年か2010年の時、返済残高が5000万円より低いと控除の割合は1%です。それ以後に住む場合は控除率は変わらず1%のままですが、上限金額は以降1年毎に1,000万円ずつ下がっていくという仕組みです。

住宅ローンの控除

住宅ローンを受ける時は、控除の制度を利用するとお得になります。日本経済はここ数年低迷しており、なかなか家が売れずに金額が下がっているようです。家を買いたいと思っている人にとっては、魅力的な話かもしれません。正式名称は住宅借入金特別控除という名称ですが、一般には住宅ローン控除といいます。全ての税金を納めた上で、居住して翌年の確定申告をすると、住宅ローン控除をすることが可能です。では、どういった計算式を行うことで、住宅ローンの控除金額がわかるのでしょう。住宅ローンの控除率を、年の終わりの返済残高にかけると控除額になります。所得税と住民税を対象に行う住宅ローンの控除は、最も長い場合で今後10年間受けることができるものです。住宅ローン控除の対象が所得税と住民税の2種類に分かれているのは、所得税からの控除では引ききれない分を住民税から控除することを想定しているためです。一定条件を満たしている場合、住宅ローン控除が使えます。個々に設定されている条件をクリアすることで住宅ローンは使えるようになりますが、所得税及び住民税をオーバーすることはありません。所得税や住民税がしっかり納められているか、住宅ローンの控除の手続きですべきことは何かなどを把握するのは一苦労ですが、今後10年の控除にはそれだけの価値があります。