月別アーカイブ: 2011年4月

キャッシングのための審査の内容

キャッシング会社によって異なるのが、キャッシングのための審査の内容なのですが、実際どのような内容なのでしょう。キャッシングをするための審査とは、具体的にはどのような内容についてキャッシングの申込みをした人のことをチェックするのでしょうか。申込みをした人の信用情報の確認で審査するのは、キャッシングする人が信用に足りる人物かどうかという部分です。審査が信用情報についてされるというのは、登録をキャッシングを希望する人がした内容だけでなく、過去のキャッシング履歴も審査対象となります。過去のキャッシング借り入れ高や返済状況等の情報は、信用情報センターで照会されます。現在個人信用情報機関でキャッシング会社が利用してるものは5つあるそうです。個人信用情報機関はそれぞれ、業態別に棲み分けがなされているようです。キャッシングを希望する人に、どのくらいの金額を貸すかを決めるのが、属性スコアリングの決定というものです。普通のスコアリングの基準としては、年齢、性別、年収だけでなく、勤務先、勤続年数、加入している保険内容、持ち家かどうか、自宅に電話があるかなど、非常に細かい点までが審査の対象となるそうです。さらに在宅、在籍の確認では、間違いがキャッシングを希望している人の情報にないかどうか、きちんと連絡がとれるかどうかの確認が行われています。在籍の確認といっても心配はいりません。直接自宅や勤務先に申込みをしたらキャッシング会社の人が来るわけではないからです。知り合いのふりをしてキャッシング会社の人が、登録した電話番号に電話をしてくることはあるといいます。申込みをした人の情報をキャッシング会社が審査したあとそれをクリアしてはじめて、キャッシングすることができるのです。

キャッシングするために必要な事前審査

キャッシングをするときには事前審査を受けなければなりませんが、審査基準はキャッシング会社によって少しずつ異なります。最近ではキャッシングの申込みがインターネットでできるようになり、店頭の窓口に行くことは不要となりました。審査を誰でもネットで受けることができるので、受付が24時間いつでもされていて、キャッシングの審査が以前と比較してかなり短い所要時間で済むようになったそうです。気軽にキャッシングがネットでできるようにはなりましたが、キャッシング会社による審査が申込み時になくなったわけではないようです。実際にキャッシングの申込みをした時に、キャッシング会社が審査しているのはどのような項目なのでしょうか。キャッシングのための審査内容や審査基準は、もちろんキャッシングか会社によって異なります。逆に絶対にキャッシングの審査にこれだけの条件を満たしていれば、通るといった確実な条件というものもありません。審査される内容は、キャッシングによって多少の差はありますが、3つのステップに大きく分けることができるといいます。まずは、個人信用情報の確認が行われます。どういうことかというと、キャッシングを希望している人が信用に足りるかどうかを審査するのです。さらに属性スコアリングの決定が行われます。どういうことかというと、キャッシングを希望している人に、どのくらいお金を貸すかどうかを決めるという意味です。それから、在宅、在籍の確認が行われます。キャッシングを希望している人の情報が間違っていないかどうか、連絡先があっているかどうか、連絡がきちんととれるかどうかの確認を行うそうです。これらの事前審査をクリアして、ようやくキャッシングにこぎつけることができるというわけです。

クレジットカードの審査が通らないケース

クレジットカードを持ちたくてもクレジットカード会社の審査に通らないといったケースもよく目にします。その中でも一番多いのが、クレジットカードを決まった仕事に就いていなく安定した収入がない場合はに持つことができないというものです。クレジットカード会社の発行するかどうかの審査も厳しくなりやすいのは、アルバイト生活の人や学生は特に収入が安定しないからではないでしょうか。比較的主婦や学生の場合は家族会員として申し込めば審査も通りやすいようですが、そうではない場合は注意したほうが良いでしょう。クレジットカードの中でも年会費がかからないはものは比較的審査も甘いので所有しやすい言われているので、申請をそういったカードにしてみる方法もあるでしょう。そして可能性が大きいのは、返済延滞や返済不能等のトラブルを過去にクレジットカードの利用で起こしている人は、ブラックリストにすでに載っているということです。クレジットカードの申込み時に重要なポイントなのは、過去の返済状況の確認なので、支払いをくれぐれも滞納しないように気をつけることは必要です。カードローン、キャッシングの支払い残高が多い人や破産経験のある人に対しては、発行するには慎重にならざるをえないのがクレジットカード会社です。クレジットカードは、その中でも破産経験のある人は、ブラックリストから5年から7年は情報が消えないと言われているので、その間はが作成しにくいといわれています。クレジットカードを所有したことがない場合も、意外に審査に通らないことがあるといいます。特にチェックされやすいのが、使用履歴がクレジットカードを持っているにもかかわらず一切ないような場合だそうですので気をつけましょう。クレジットカードをある程度利用していて、滞りなくきっちりと返済もしているならば、問題ないとクレジットカード会社も判断してくれる傾向があるといいます。

クレジットカードの審査内容

新しくクレジットカードを作りたいと思った場合、気になるのがクレジットカードの申し込み時の審査内容です。特に決まった仕事についていない人や過去にクレジットカードの支払いが滞った経験のある人は審査に通らないケースがよくあります。通常、クレジットカードの審査には、住所や名前など本人の身分確認は当然ですが、加えて勤め先や収入、過去のクレジットカードの履歴などが加味されます。実際には、勤務先の確認は行われるケースも多く、所属の確認としてクレジットカード会社から電話が入ることもけっこう多いようです。さらにキャッシングやリボ払いができることも多いのがクレジットカードなのですが、その限度額が収入に応じて決まるとも言われているようです。そしてクレジットカードを今現在何枚か所有していて、審査の重要なポイントが、その借り入れ額や返済状況に問題が無いかどうかということだそうです。中でもクレジットカードを初めて作成する場合、審査も実績がない分厳しくなるので注意しなければなりません。いわゆるクレジットカードによる事故といった、過去に支払いが滞ったりしたことのある人も、その情報はクレジットカード会社が利用する情報管理会社にすでに伝わっているそうです。クレジットカードの利用で問題が無い人なら、複数枚のクレジットカードに申込みをしても所有することができます。逆に情報管理会社の所有するトラブルデータによって、異なるクレジットカード会社に申込みをしても、クレジットカードを所有できない可能性が高くなるのが、何かしらの問題を起こしたことがあるという場合です。クレジットカードは今や無くてはならないほど生活に密着しているサービスになりつつあります。無理な借り入れや衝動買いは、クレジットカードを新しく作成する場合にクレジットカード会社から断られないように、控えるようにしたほうが無難です。

クレジットカードの審査

誰でも必ず1枚は、成人し定職に就いていれば持っていると言われているのがクレジットカードです。現金を持ち歩く必要がない点や使用金額に応じてポイントがたまるということもあり、クレジットカードを複数枚持っている人も多いようです。特に外国ではクレジットカードは生活の必需品としてだけではなく、本人の身分証明書としても利用されることがあります。クレジットカードは海外旅行には必ず持って行ったほうがいいとも言われています。クレジットカードは、商品の購入時だけでなく旅行時にも便利なものですが、クレジットカード会社の事前の審査に、所有するためには必ず通る必要があるといいます。クレジットカードは一般的ものなであれば、問題なくほとんどの人が審査に通り所有することができるでしょう。収入や仕事内容などの審査条件が高い傾向にあるのが、クレジットカードの中でも、プラチナカードやゴールドカードと呼ばれるクレジットカードだそうです。決して少なくないのが、勤め先や給与によって、クレジットカードの申し込みを断られるケースです。過去のクレジットカードの利用履歴や返済状況なども、申込み時にはチェックされ、審査の重要なポイントになります。いわゆるブラックリストに載っていることも、支払いを滞納したことのある人や破産経験のある人には多く、ほとんど実際の申込み時に断られてしまうようです。クレジットカードの審査に一度通らなかった場合、そのクレジットカードと同じ系列の会社に申込みをしても、しばらくは審査になかなか通らないと言われているようです。社会人になり安定した収入があれば、誰でもクレジットカードを所有することができます。審査に通る通らないで困惑する事にならないように、返済できる範囲内で借り入れをすることが一番大切なクレジットカードの利用方法になります。