月別アーカイブ: 2011年5月

住宅ローンと変動金利のデメリット

変動金利性の住宅ローンを組む上でのリスクは一体何があるのでしょうか。変動金利で住宅ローンを利用する際は、最終的な返済総額が融資を受けた時点で予想がつきません。一方、固定金利の場合は月々の返済額が最初に決まるので、計画が立てやすくなります。定期的に見直される金利に従って、変動金利制では金利が変わります。そのため、返済に必要な金額が借入時に計算できません。金利の上げ幅が激しいために、月々の返済金額が増加する利息においつかず、未払い利息が増える可能性もあります。変動金利でも、返済額は5年間は変わりません。そのため、返済金額自体は変わらずとも、利息と元金をいくらずつ払っているかが変化するのです。もし利息が毎月の返済額を超えてしまった場合に、超えてしまった分の金額を未払い利息と呼びます。結果的に、未払い利息と元金の返済が支払日を超えても終わらなくなってしまいます。変動金利を選択したために、住宅ローンの未払い利息がでることがあります。銀行によっては3年、もしくは5年毎に金利タイプの変更が出来るものなどもあります。変動金利の住宅ローンを変更できるかどうか、変更に伴う手数料なども最初に確認しておくことも大切です。

住宅ローンと変動金利のメリット

住宅ローンを組む時に、低金利に魅力を感じて変動金利で借り入れる人が多いようです。利息が増えないようにしたいなら、低金利の時や金利推移が下がり気味の時の変動金利は適切な方法です。金利というのは半年に1回見直しがあり変動します。変動金利性の金利は、固定金利性の金利より低金利です。変動金利というと、いきなり金利がとんでもなく上がったらどうしようと、心配する人もいると思います。住宅ローンを組む際、大幅な金利上昇が起きた時に備えた上限金利特約という特約制度をつけることが可能です。上限金利特約とは、金利推移によって貸付金利が上がっても、あらかじめ決めてある金利以上にはならないというものです。低金利が続いている時に変動金利で借り入れる時に使う方法です。金利推移が変わっても金利の上昇はここまでというラインが定められます。低金利でも安心して利用できますし、金利推移が上昇カーブを描いたとしても一定金利以上は増えないので、家計管理がしやすくなります。固定金利か、変動金利か、住宅ローンを利用する時は必ず決めなければなりませんが、どちらがいいかわからない人は少なくありません。固定金利と変動金利のどちらも使うミックス型の住宅ローンもありますので、迷ったら考慮に入れてみてください。

変動型住宅ローンと金利推移

単純に金利を比較すると、金利推移を考慮に入れなければ固定型住宅ローンより変動型の方が金利が低くなります。金利は六ヶ月に一度のペースで見直されるので、金利推移に応じて金利が変わっていくという方法です。一般的に変動型住宅ローンの金利自体は、半年に一度見直しがありますが、返済額の改定は5年ごとです。また、変動金利で見直された結果の返済金額が、これまでの1.25倍をオーバーしてはいけないことになっています。月々の返済額は5年間変わらず、その間は金利だけが随時見直されていきます。金利推移によっては利息が上昇すると、住宅ローンの返済額のほとんどが利息部分にあてがわれてしまいます。結果的に、完済までの期間が遠のいてしまいかねません。毎月の返済額の大半が利息で、元金の返済まで追いつかないという事態が、金利推移によっては発生します。未払いの利息が逆に増えてしまったという事態も起きえます。この頃は、半年に1度の金利推移に合わせながら、その都度月々の返済額を変えることができる住宅ローンもあるようです。余力があるなら、金利推移が増加しそうな時には早期に返済を済ませてしまい、元金を減らして利息の節約をすることも必要です。住宅ローンの返済額は、金利推移の変化をダイレクトに受けることになりますので、不測の事態でも対応がてるきよう、家計に余力を残す家に向いています。

固定型住宅ローンの金利推移

住宅ローンを固定金利型で借り入れる場合は、金利推移に関わらず同じ金利で利用できます。固定金利型での返済のいいところは、その後の金利推移を気にせず借りられることです。基本的に完済まで金利は変わりませんが、条件によっては金利が変動する場合もあります。全期間固定金利型は、金利推移が上向いている時に選ぶ金利です。どんなに金利推移が変化しても住宅ローンの返済額には影響がないので、家計の管理がしやすい特徴があり、住宅ローンの総額があらかじめ決められます。住宅ローンの返済が終わった時点で資産がどのくらい残っているか、家計の体力はどのくらいかなどもわかります。特にまだ子供が小さい場合、これから出費が多くなることが予想されます。金利推移で返済額が高くなると、当初の予定より返済が苦しくなってしまうことから、最後まで固定金利型を選ぶ人もいます。固定金利の期間をあらかじめ選択できる住宅ローンもあります。住宅ローンを借り入れる時に、何年後に金利を見直すかをあらかじめ決めておきます。決めた年数の間は固定金利で返済し、この後金利を再決定します。何年間、固定金利で返済できるかといった細かな内容は、貸付を行う金融機関によって差があります。金利推移を見極めながら一定期間の返済を終えた後は、再び固定金利型にするか、以後は変動金利で住宅ローンを返すかを決定します。

住宅ローンと金利推移

住宅ローンを検討する上で、金利推移は無視できない問題です。住宅ローンはいつまで、いくらずつ返済するかが悩みどころです。金利推移によっても、住宅ローンの返済額が大きく変わるケースもあるので、事前によく調べておく必要があります。住宅ローンの金利の仕組みは、変動金利型、全期間固定型、固定金利選択型と3パターンあります。全期間固定金利型は、金利推移が上向いている時に選ぶ金利です。たとえ金利が上昇しても、最初に決まった金利のままで返済を続けることができます。不確定要素が減るため、返済プランが立てやす方法です。変動金利型は、支払う時々の金利推移によって大きく利率も変わっていきます。今は金利が高く、これから低くなっていくと予測される場合に需要が高まります。両者の特性を併せ持つのが、固定金利選択型です。まずは固定金利でしばらく返済を行います。あらかじめ決めていた期間が経過し返済が済んでから、もう一度返済にかかる金利をどうするか決定します。固定金利は将来の見通しが立ちますが、やや高金利です。金利推移に左右されるというリスクがある分、低金利の借り入れができるということが変動金利型のメリットといえるでしょう。将来設計だけでなく金利推移も考慮に入れて住宅ローンを組むことで、返済にかかる負担を見極めることができます。