月別アーカイブ: 2012年3月

キャッシング審査に通らないケース

キャッシングの申込みをしても、審査に通らなければお金を借りることはできません。過去にキャッシングを利用しきちんと返済できている方は、信用情報の確認については、審査を特に問題なく通過できるに違いありません。審査段階でキャッシングの審査に落ちてしまうのは、返済遅延や債務整理の経験が過去にある方たちです。その結果としてキャッシングが不可となってしまう場合もあることを、覚えておくべきです。いったいどのくらいの期間、キャッシングの審査が通らなくなってしまうのでしょう。返済遅延の場合は3ヶ月、債務整理の場合は5年間と言われていますので記憶にとどめておくとよいでしょう。審査でお金が借りられなくなるということはほとんどないので、属性スコアリングの決定においてはそれほど心配しなくても良いでしょう。この段階で審査に落ちてしまう可能性があるのは、仕事の勤続年数があまりにも短すぎる方や、職業に就いていない方などです。在籍確認、在宅確認が無事に済めば、キャッシングの申込みの審査はすべて終わりです。キャッシングは、審査に通過したら利用することが可能となります。審査が最近ではかなり素早く終わるようになってきています。近ごろ即日キャッシングなどができるキャッシング会社も多くなってきています。無事にキャッシングの審査に通ったからといって、計画的にキャッシングするようにし無計画な借り入れはしないことをおすすめします。

金利で損をしないキャッシングを

同じ利率であってもキャッシングの金利は、返済方式や返済期間によって変わってくるものです。キャッシングの中からどの金利方式のものを選ぶかによって大きく変わってくるのが総返済額です。返済方式には、大きく分けて一括返済と分割返済があります。文字通り一括で返済することが一括返済ですが、いろいろな種類があるのが分割返済というものです。元金とそれに対する利息を合計した金額を返済回数で割り金額を毎回返済する方法。その反対に実質年率方式というのもあり、キャッシング残高に対して利息計算を行う方法です。返済期間を元金均等返済初めに決め、元金返済額を毎月同じ額にしていきます。この返済方法はつまり、借入元金を支払い回数で割った均等額と借入残金への利息を合算するのです。返済期間を元利均等方式で初めに決め、毎月同額の元金と利息を含めた支払いをする返済方式でリボルビング方式と呼ばれています。金利は払わないで済むならそれに越したことはありません。キャッシングを選ぶ際には金利をしっかり確認するようにしましょう。金利が期間を設けた上でゼロのものも、キャッシングによってはあるそうです。しっかり自分が必要な金額と返済可能な期間をキャッシングをする前に理解しておくことで、金利で失敗しないための大事な方法です。

クレジットカードを選ぶ方法

色々なところがクレジットカード会社にはあるようです。支払い方法が多様な信販系会社のクレジットカードや、利用限度額が高い銀行系会社のクレジットカードがよく知られています。発行元のデパートやスーパーで使うと優遇サービスを受けられる流通系のクレジットカードも人気です。クレジットカードの中から年会費のかからないをものを選ぶ人も多いようです。クレジットカード会社の選び方は、どんな使い方をするかで変わってくるものです。一番何に、クレジットカードを持った時によく使うかを想像すると良いでしょう。よく旅行に使うのであれば、航空会社のマイルを貯めることができるクレジットカードがお得になるかもしれないのです。電話やインターネットでクレジットカードを使う人や、車やガソリン関係に最も多くクレジットカードを使う人やなど、その使い方はそれぞれの人によって異なります。いちばんよく使うメインカード、カード特典や割引サービスを目的に使うサブカード、普段は使わない予備カードなど、状況に応じて使い分ける人も、最近は多いといいます。持っているだけでも特に問題はないのが、年会費無料のクレジットカードでしょう。あまり利用していないクレジットカードをたくさん所持しているという人は、整理したほうが良いのではないでしょうか。いろいろとクレジットカード会社もサービスを提供していますが、クレジットカードの見直しもライフスタイルの変化にともなって時には大事なことかもしれません。

クレジットカード会社の利益

大変便利なクレジットカードは、現金が無くても商品を購入することができます。一体利益を得るためにクレジットカードを発行している会社はどんなことをしているのでしょう。カード会員が直接クレジットカード会社に支払っているお金は年会費ですが、年会費自体は主たる収入源にはなっていないようです。事実年会費のかからないクレジットカードも数多く存在します。実はクレジットカード会社が収入の一つとしているのが、加盟店からの手数料です。加盟店がカードを使って支払った金額に応じて支払うべき手数料が発生するのが、加盟店がクレジットカードで決済をしたときです。クレジットカードを使える状態に手数料を支払ってもすることで、買い物を客がしやすい環境を、加盟店からすれば作っているといえるでしょう。会員が支払いを分割払いやリボルビング払いで行う場合は利息がつくので、クレジットカード会社の利益になります。利息がクレジットカード会社の収入源となるのは、クレジットカードに付随しているキャッシングサービスを利用する場合も同様です。他には、保険などの他社からのサービスの仲介手数料があります。明細でクレジットカード会社から送られてくるものには、一緒に保険や旅行の案内が入っている場合があるでしょう。保険会社から仲介手数料を、クレジットカード会社は会員に保険に入ってもらうことで、得られるという仕組みなのです。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組みについてです。クレジットカードを商品を購入する時に使う人が増えています。もしクレジットカードがあれば必要な買い物や食事が手持ちの現金がなくてもすぐにできるでしょう。クレジットカードはお金を払わずとも物が買えたり、食事ができたりするのはなぜなのでしょう。三者間の契約で成り立っているのがクレジットカードで、その三者とはカード会社と加盟店とカードを持つ会員です。クレジットカードを一定の信用があると判断した会員に発行するのが、クレジットカード会社です。加盟店は商品を会員に引き渡すのは、会員がクレジットカードを使って加盟店で買い物をした場合です。クレジットカード会社に商品代金を請求するのが、加盟店です。加盟店からの商品代の請求に応えて、クレジットカード会社は加盟店に商品代金を立て替え払いを行います。会員の指定口座から指定日に引き落とされるのが、クレジットカード会社が建て替えた金額です。いろいろと引き落としには方法があるといいます。支払金額を引き落とす方法としては、一括で引き落とす方法もあれば、リボ払いや分割払いなど数回に分けるものもあります。必要なものが必要な時に手に入りますが、分割で支払う場合は指定の手数料がかかるようです。少しずつお金を会社に支払うことで高額な商品でも入手できるという点は、大きなクレジットカードの魅力ではないでしょうか。