月別アーカイブ: 2012年5月

アルバイトでもキャッシングできるのか

今アルバイトでもキャッシングすることはできるのでしょうか。実は2010年の貸金業規制法の改正により、キャッシングに関係する法律も厳しいものとなっています。最近増えているのは、定職がなかったり、アルバイトなどで収入が少ない人のキャッシング利用者です。借り入れを返済ができないほどしてしまうことが、利息が高いことも重なったことで起こる場合があることで、社会問題へと発展したことがひとつの理由です。高額の利率で貸し出しする悪質な貸金業者も増えたようです。取り締まりを貸し出す金融機関に対して強化する狙いもあったというのも理由のひとつのようです。収入が正規雇用されずアルバイトなどで働いているため少ない人や無職の人が、キャッシングをよく利用するのも事実です。少なくないのは、いわゆる本当にお金に困っている人たちなのです。少しでもアルバイトなどで収入がある場合、実際は貸し出しをまったくしないわけでもないといいます。対応は年収などに応じて多少なりともしているといいます。年収の1/3以内と、新しい法律ではキャッシングができる目安として明記されているということです。もしアルバイトなどで収入が少ない場合、収入に応じた金額が限度額となっています。キャッシングをアルバイト勤務で考えている人というは、借り入れできる可能性がキャッシング申込み時の審査の際に勤め先や年収などを申告しておけばあるようです。

アルバイトとキャッシング

アルバイトとキャッシングについてです。現金が急に必要になった時、カードローンなどを利用したキャッシングが非常に便利です。クレジットカードの機能が最近は大手銀行の発行するキャッシュカードにもついてキャッシングできる場合も多々あるようです。消費者金融という一般的なものからでもキャッシングは不可能ではありません。気になるのは審査です。通常キャッシングを利用するには事前に必ず審査を受ける必要があります。今までは仕事がない人や、主婦、アルバイトの人でも少額であれば問題なくキャッシングできることが多かったようです。キャッシング利用時の規制も強化され、主婦など収入のない人へのキャッシングは原則不可となっているのが、2010年の法律改正後です。難しくなったと言われているのが、アルバイトなど収入が少ない人がキャッシングをすることです。キャッシングは特にできるだけ銀行系を利用したいと思う人もたくさんいるでしょう。他の金融機関より融資の審査が銀行の場合は厳しいので、キャッシングできる金額は正社員ではないアルバイトなどの勤務の場合には少額に限られてしまい、時には断られるケースもあるようです。学生専用のローンなどの場合もアルバイトなどである程度収入があった方がキャッシングしやすいと言われています。今現在アルバイト勤務でキャッシングの利用を考えている人は、なかなか難しい時代になっているようです。

主婦キャッシングとクレジットカード

主婦キャッシングが難しくなった場合、まず真っ先に考えるのがクレジットカードのカードキャッシングではないでしょうか。主婦の人の場合も他の人同様、カードキャッシングも年収の1/3の枠に入ってしまいます。借り入れは新規ではできないことになっているのは、キャッシングをもし借り入れ枠以上の金額をしたいと言う場合だそうです。同じくリボ払いのキャッシングや海外キャッシングも入ります。持っている枠分の貸付扱いに使っていなくてもなると言う事が、クレジットカードで気をつけなくてはならないことです。クレジットカードで50万円の限度額のものを3枚持っていると、150万円の貸付という扱いなってしまうようです。夫の収入がもし450万円だとすると、1/3枠分をすでに使用しているという計算にこの場合にはなってしまうでしょう。使うカードを1~2枚に限定して所持するように、クレジットカードなどを何枚も持っている人はしたほうが良いでしょう。ほかにはキャッシング枠を無くしておくのがおすすめです。総量規制によって全体的に厳しくなったと言えるのが、主婦のキャッシングです。特に従来は夫に知られる事なく、主婦も借り入れをする事ができました。夫がキャッシングを利用したくても収入の1/3の金額を主婦の方が使い切ってしまっていた場合などできず、夫に知られてしまう事もあり得るでしょう。もし主婦キャッシングをする場合におすすめなのは、事前に情報収集をしてから計画的に利用するようにすることです。

主婦キャッシングと総量規制

主婦キャッシングに多大な影響を与えると言われているのが、総量規制がされるようになったことです。総量規制により、今までのように主婦がある程度自由にキャッシングができなくなるからです。総量規制とは何なのでしょうか。端的に言うと、借り入れが金融会社などが出している無担保ローンについて、総収入の1/3以上は法律上不可能になってしまうというものです。50万円以上一つの会社で借り入れがある場合や100万円以上借り入れ総額がある場合は、提出しなければいけないと決められているのが収入を証明する物です。夫の収入を証明する物と、承諾書などが、専業主婦がキャッシングする場合には必要となります。キャッシングを今までのように家族に知られずにするということはなかなか厳しくなるのではないでしょうか。総量規制というのは、主婦を含む消費者保護を目的としています。借り入れがキャッシング機能のあるカードなども含めて年収の1/3を超えると、新規の借り入れが不可能となります。本来多重債務をなくす事が、この規制の目的だといえます。実際には疑問の声もあり、理にかなっているかどうか分らないとも言われているようです。金融会社に確認したほうが、主婦キャッシングを利用したいと言う人は総量規制というのは2010年6月に施行されているのでおすすめです。

主婦キャッシングとは

名前のとおり仕事を持っていない主婦のものが、主婦のキャッシングです。さらに収入が少ないパートやアルバイトなどの主婦がキャッシングする事もそう呼んでいます。収入の少ない主婦がキャッシングと言うと、難しそうに聞こえるのが一般的な考え方ではないでしょうか。キャッシングは、夫に一定の収入があれば、または借入額によって、ほとんどの大手の金融会社の場合にはする事ができるのです。多くの主婦キャッシングでは、女性の専用のスタッフを電話に置いていたり、専用の窓口を作っていたりしているようです。キャッシングを主婦の人がしやすいように、細かい気配りがいろいろと工夫されています。場合によってはキャッシングというと、家族に秘密にしているようです。特徴的な主婦キャッシングのメリットは、夫への通知もしないように頼む事が可能だということです。正社員ではなくアルバイトもしくは、専業主婦の場合にしか適用されません。きちんと仕事についている場合は、自分の収入があるわけで、もし主婦と言えども話は違ってきます。自分の会社への在籍確認などがある場合が多く、夫への通知などはない代わりに行われています。サービスには専用のスタッフが対応するなど、女性のキャッシングなのでありますが、少し主婦キャッシングとは違っているようです。