月別アーカイブ: 2012年6月

ネットキャッシングの注意点

ネットキャッシングは、手軽に申込みができる便利な金融商品です。不測の事態でお金が必要になった時などの力強い味方です。気軽にお金を借りることができるため、自分のお金と借りたお金の境界線が曖昧になってしまう人もいます。借りすぎに注意し、確実に返済しましょう。ネットキャッシングを使う時は、無理なく返済できる金額以上のお金を借りないこと、本当に必要だという金額のみを借りることです。ネットキャッシングの審査でも、他のキャッシングと同様に在籍確認をする会社があります。全ての金融機関では無いようですが、もし勤務している会社に知られたくない場合には要注意です。申込みに際して、在籍確認をしているかどうかを聞いてみるという方法もあります。あらかじめ口座を指定しておいて、借り入れを希望する金額を金融会社から振り込んでもらうという方法もあります。家族に内緒でネットキャッシングをしている場合、うかつに振り込んでもらうと通帳の記載からばれてしまうかもしれません。今はいろいろな金融会社が、ネットキャッシングをしています。ヤミ金という非合法な金融会社は、法律違反の高金利で融資を行い、高い儲けを得ているところもあるようです。高金利のヤミ金から、お金を借りてしまうと、厳しい取立てをされたりして会社や家族に迷惑をかけることになります。ネットキャッシングをする際は、事前にしっかりと情報収集することをおすすめします。

ネットキャッシングを利用する前に

ネットキャッシングは、手持ちのお金がないような場合でも、融資を受けることでお金を調達することができる金融商品です。未使用のキャッシングカードを持ったままでは、ローンの審査等では差し障ることがあるようです。例えば実際に使用していないキャッシング専用カードやキャッシング機能の付いたクレジットカードなどを複数持っている場合があります。いらなくなったカードは整理しましょう。未使用のカードに年会費を払っている人もいます。トラブルが生じた時に備えて、カードを作ってあるという人もいるようです。マイホームや車などの大きな買い物ををする際に、ローンの審査に影響するケースもあるようです。キャッシングを使ったことがないという人でも、いつでもキャッシングができるカードを持っているということが警戒対象となる可能性もあるといいます。ネットキャッシングの手続きが済み、既にカードを持っているという人は、いつ融資を受けてもおかしくない人です。これまでは問題なくお金を借りていられたのに、法律が変わったために融資が難しくなったという人も大勢いるようです。ネットキャッシングは、賢く使っているうちは私達の消費生活を豊かにしてくれます。返さなければならない金銭だということを肝に銘じて、慎重にネットキャッシングを使うようにしてください。

キャッシングの過払いと訴訟

かつてキャッシングを利用していたなら、過払い状態になっているかもしれません。法が見直されたことにより、一定の金利以上の支払いが過払いと認められました。過払いをしていた人は、手続きによって返してもらうことができます。過払いであることは間違いないのに、適切な手続きを行っていてもキャッシング会社がきちんと返金しないこともあります。指定の金額より少ない金額しか返還されないこともあります。場合によっては、訴訟沙汰にもなるようです。弁護士や司法書士を間に入れてキャッシングの過払い請求をすることで、請求金額が高いものであってもキャッシング会社側に適切な対応をしてもらえます。ただし、弁護士や司法書士を介することで、過払い金の20%~50%程度が着手料や成功報酬として支払わねばなりません。もし10万円の過払い金であれば、2~5万円程度が弁護士費用になることとなります。成功報酬等を支払わずに過払い金の払い戻しをしたいなら、最初から最後までを一人で行うことになります。個人が訴訟をする場合は、それができるだけの情報量が必要です。キャッシングの過払い金の請求とはどのような手続きをするものか、インターネットや本でよく調べてみてください。

キャッシングの過払い請求

過去にキャッシングを利用したことがある人は、過払いの可能性を知りたいと思うでしょう。かつて、長期間にわたってキャッシング返済をしていたという場合、過払いの可能性があります。支払い額が多すぎて戻ってきたという人や、負債の残りがなくなったという事例が過払いでは起こりえます。キャッシング融資を受けていた人に限り、法律の見直しで過払いになった可能性があります。利息制限法で定めた金利より高い金利で返済をした人は過払いの可能性があります。過払いについて詳しく知るためには、融資を受けたキャッシング会社に明細を送ってもらい、内容を確認してください。過払いになっているかが判明します。もしもキャッシングが過払い状態になっていたなら、取引履歴を送ってもらって過払いを証明できる書類を用意します。金利20%以上の利息をつけて返済を行っている場合は、過払いの請求ができることがあります。過払いの請求方法には、いくつかのやり方が存在します。金融会社によっては、誠意がみられず、まともに対応してくれないこともあります。司法書士や弁護士を通じて過払いの請求ができれば、安心して任せることができるでしょう。専門家のアドバイスを頼むことで、訴訟にまで発展してもキャッシングの過払い金を全て払ってもらいやすくなります。

キャッシングの過払い

キャッシングには過払いの可能性があります。数年前からキャッシングをしている人や、過去にキャッシングを利用した経験のある人がいるでしょう。近年、キャッシングの過払いがクローズアップされているようです。出資法に定められた利率と、利息規正法での上限利率との間であるグレーゾーンが撤廃され、上限利率が明確化されました。過払い分の請求は、このような事情に基づいています。消費者金融会社からキャッシングを利用していたり、クレジットカードのキャッシング機能を利用したこどある人は、貸付金利によっては過払いになっていることがあるといいます。もし過払いがあるようであれば、どうしたらいいのでしょうか。キャッシングの過払いをしているかどうかは、年利20%以上の返済をしていなかったどうかを調べることで判断ができます。利息の計算が年利20%より高い金利になっていた場合、返済が過払いかを調べる必要があります。過払い状態になっている人は、時間をかけて返済しているため、元金ではなく利息の返済期間が長引いたという方です。まずはキャッシングをしていたカード会社やローン会社に問い合わせ、取引明細を送ってもらったほうがいいでしょう。キャッシングの支払い履歴を確認し、年利率がどの程度で計算されていたかチェックすることで、過払いに該当するかが分かります。