月別アーカイブ: 2012年10月

人気のクレジットカード

近年では数多くのクレジットカードがあり、人気の高いものも多いようです。ポイント還元システムのあるクレジットカードや、年間の維持費がかからないクレジットカードに人気が集まっているようです。キャッシュバックシステムや、割引や優遇キャンペーンの多いクレジットカードも、人気の源となっているといいます。クレジットカード会社によって特典の中身は異なりますので、自分にとって使いやすい特典を探すことが重要です。ただし、多くの人が使っている人気のクレジットカードだからといって、自分が使った時に問題がないかといえばそうとは限りません。クレジットカードで買い物はほとんどしない人もいるでしょう。国外のホテルの予約にクレジットカードが必要だという人や、マイレージサービスの利用目的にクレジットカードがいる人もいます。年会費無料で持てるクレジットカードが欲しかったのであり、ポイントを貯めようと思っていないという人も少なくないでしょう。その逆に、もっぱら買い物にクレジットカードを使うという方もいます。キャッシュバックの仕組みや、ポイント還元率の高いクレジットカードが向いているといえます。人気のクレジットカードでも、人によっては使いづらいことがあります。人気のクレジットカードは信頼性があるという事でもあるので、カードを選ぶ際の参考になります。

カードローンとキャッシングは異なるのか

カードローンとキャッシングはそれぞれ返済の仕組みがあり、同じところもあれば、根本的に違う部分もあります。カードローンで残高スライドリボルビング方式を行う場合、完済まで何回の返済を行うかを決めてから計算します。毎月の返済額の上限を決めておくと、いつまでも返済が長引く場合があるためです。残高に応じて月々の返済金を少なくしていけることで、返済の負担をコントロールできる方法です。カードローンは、元々ローンでした。専用カードを利用することによってATMで借入れや返済がきるようになりカードローンへと移行していきました。キャッシングにおいても、ATMを使うやり方が定番になってきているといいます。比較的高額の融資を受け、月々の返済で返していく方法がカードローンのかつての形でした。そして、キャッシングは一度の返済で借り入れるものでした。元をたどれば、キャッシングは小口の現金融資に、カードローンは大口の買い物をするための金融商品でした。現在で、カードローンもキャッシングも、どちらも似たような融資を行っています。カードローンにも小口融資をしてくれるものもありますし、キャッシングの方でも毎月の分割払いでの返済が主流となっています。

カードローンとキャッシングは異なるのか

カードローンとキャッシングはそれぞれ返済の仕組みがあり、同じところもあれば、根本的に違う部分もあります。カードローンで残高スライドリボルビング方式を行う場合、完済まで何回の返済を行うかを決めてから計算します。毎月の返済額の上限を決めておくと、いつまでも返済が長引く場合があるためです。残高に応じて月々の返済金を少なくしていけることで、返済の負担をコントロールできる方法です。カードローンは、元々ローンでした。専用カードを利用することによってATMで借入れや返済がきるようになりカードローンへと移行していきました。キャッシングにおいても、ATMを使うやり方が定番になってきているといいます。比較的高額の融資を受け、月々の返済で返していく方法がカードローンのかつての形でした。そして、キャッシングは一度の返済で借り入れるものでした。元をたどれば、キャッシングは小口の現金融資に、カードローンは大口の買い物をするための金融商品でした。現在で、カードローンもキャッシングも、どちらも似たような融資を行っています。カードローンにも小口融資をしてくれるものもありますし、キャッシングの方でも毎月の分割払いでの返済が主流となっています。

カードローンとキャッシングの違い

キャッシングとカードローンの区別はどこでつけるのでしょう。どちらの場合、金融会社から予め取り決めた条件に従ってお金を借りるというものになります。非常に似ているように見えるかもしれませんが、詳細に見てみるとキャッシングとカードローンは別物です。カードローンとキャッシングを同一のものとして用いる会社もこの頃は多いですが、元来の意味を考えればそうでもありません。どんなところが、キャッシングとカードローンの差だと言われているでしょう。カードローンについてです。ローンと聞いて何を思い浮かべますか。教育ローン、住宅ローン、自動車ローンなど、ローンという言葉から幾つかの用語が連想されます。顧客のニーズや他社との差別化のために、その金融会社独自のローンなども多くなり、ローンの使い方は多様化していると言われています。デンタルローンのような、高価な歯科治療を受けるために利用することができるローンも存在します。結婚式費用にあてるためのブライダルローン、旅行のためのトラベルローンといったローンも存在します。工夫を凝らしたカードローンが増加していますが、近年では使い道を限定していないタイプのカードローンも人気があります。借り入れしたお金の用途を特化している点はカードローンとキャッシングとの大きな違いの一つと考えて良いでしょう。

住宅ローンの比較の方法

様々な住宅ローンを比較しても、どの住宅ローンにすべきか最終的な結論はなかなか出ないことが多いようです。大口の融資にならざるをえない住宅ローンは、完済までの道のりも長くいつまでも続くものです。わずかな差しかないように見えた金利の違いでも、最終的な返済総額で考えた場合に数百万円単位の開きができてしまう場合もあるといいます。住宅ローンが何らかの理由で返せなくなったら、家を売却して返済にあてなくてはならなくなります。初期の段階で妥協をしすぎないように、住宅ローンの比較をしっかり行うことによって最適な回答を探しましょう。住宅ローンは大きく分けると、固定金利型、変動金利型、ミックス型の3種類に分けられます。どの金利で住宅ローンを利用すると返済にどのように関係するかを計算しつつ、ライフプランに合う住宅ローンを選びます。固定金利は最期まで金利が同じなので、利息がどれだけつくかが最初からわかります。ただし金利が高くなりがちなので、様々な住宅ローンを比較した上で、最も低金利で融資が受けられるところを探す必要があります。金利の低い住宅ローンを希望するならば、変動金利型にするといいでしょう。変動金利制の住宅ローンを選ぶ場合は、いつどのタイミングで金利が変わるのかをじっくりと比較することがポイントです。住宅ローンはいろいろと比較検討することが大切なのです。