月別アーカイブ: 2012年11月

クレジットカード審査のスコアリングシステム

どんなクレジットカードでも、発行時には必ず審査があるものです。審査の段階で断られれば、その人はクレジットカードの発行はされません。クレジットカード会社が審査を行う場合、スコアリングシステムというもので点数を付けているそうです。スコアリングシステムとは具体的にどのように行われるのでしょうか。クレジットカードの申し込み情報に記載された年齢や勤務年数などの情報です。これまでキャッシングをどのように利用しているか、返済時にトラブルは起こしていないかなども含めて判断をしているようです。一つ一つの条件に点数をつけ、自動的に合計を算出します。例えば、居住については自分の家を持っている人が最も点数が高く、その次から家族の持つ家、社宅、アパート、マンションの順になります。クレジットカードの審査では、審査基準の各項目で評価を行って総合点を出してランク付けがされます。ランク分けの結果によってクレジットカード発行の可否が決定され、クレジットカードの限度額も決まるそうです。スコアリングシステムは手動ではなく、すべてコンピューターが行われます。クレジットカードの審査は明確な指針が存在しており、誰でも同じように判断されているといえます。

クレジットカードの審査基準

クレジットカードを持つことが一般的になっていますが、審査を受けなければカードはつくれません。もしも審査の段階で断られれば、クレジットカードは発行されません。それぞれのクレジットカード会社は、入会審査の判断基準として3Cと呼ばれるものを取り入れています。3Cとはいったいどのようなものなのでしょうか。クレジットカードが発行されやすい人というのは職業的には医師や弁護士など社会的地位の高い人です。また、上場企業に長く勤めている人や、公務員のような安定した仕事をしている人なども該当します。土地や不動産を所有し、年収も安定して高い人が評価されます。水商売や肉体労働者などは収入が安定しない職業と見なされています。また、フリーターやアルバイトの収入も不安定であるとされ、審査ではマイナスです。職業によって審査での評価が異なるのは、仕事の内容を差別しているためではなく、信用力のある人を見極めてサービスを提供するためといえます。3Cの1つめはCapacityと呼ばれ、資力を意味します。継続して返済することのできる一定の収入があるかどうかという返済能力をみるものです。2つめはChracterと呼ばれ、性格を意味します。お金に関しての性格、決められた日にきちんと返済する人かどうかということです。3つめはCapitalであり、資産のことです。負債の担保としての家や貯蓄、車などの資産があるかどうかです。クレジットカードの発行には、一定の審査をクリアしている必要があります。
 

クレジットカードの注意点

クレジットカードが1枚あれば、様々なサービスが利用できます。手持ちの現金がなくても、クレジットカードがあればカードを使った決済ができます。現金が必要になった時には、キャッシングをすることも可能です。支払いを翌月にずらしたり、分割にすることもできるのでより買い物がしやすくなるメリットがあります。クレジットカードは使い方を誤ると、予想外の請求が来ることもあるので注意が必要です。リボルビング払いに設定してクレジットカードを使っていると、うっかり使いすぎてしまう危険性もはらんでいます。返済能力をオーバーするようなキャッシングの仕方をして、返済時になって困るという人もいます。クレジットカードを使う時には、先々のことまで視野に入れて無理のない範囲で使うようにしましょう。クレジットカードは常に信用の上で成り立っています。一度でも返済が滞った場合ブラックリストに載っている可能性もあります。載ったことが原因となって、新規でのカードの申し込みや、住宅ローンの申請ができなくなるケースもあります。破産したことがある人、クレジットカードの返済ができなくなったことがある人は、ブラックリストに載った名前は5年~7年は消えませんので、気を付けるようにしましょう。

クレジットカードの審査

クレジットカードを作りたいのであれば、金融会社の審査をパスしなければならないものです。決まった仕事についていない人、クレジットカードの滞納履歴がある人は審査に通りにくくなります。いくら申し込んでも、審査で利用を断られることがあるので、注意が必要です。複数のクレジットカード会社で利用を断られた場合には、しばらくの間クレジットカードを作成できないと思ったほうがいいでしょう。クレジットカードの審査は、本人の身分確認のほか、勤続年数や収入、過去のクレジットカードの履歴なども必ずチェックします。間違いなくその会社で働いているか確認するために、クレジットカード会社が勤務先に電話をすることもあります。人によっては、クレジットカードがなかなかつくれないこともあります。働いていない人や、幾つかのキャッシング会社からお金を借りて返済途中にあるという人などです。過去にキャッシングやカードローンの支払いを滞納したことがある人や、破産の経験がある人はブラックリストに載っています。審査の段階で却下されてしまうようです。通常、審査に通らなかった場合はその会社系列のクレジットカードは持つことができません。違う会社のクレジットカードであれば、審査に通ることもあり得ます。何が何でもクレジットカードが必要だという人は、別のクレジットカード会社に申込みをしてみるという手もあります。

クレジットカードの特徴

働いている人であれば、基本的に自分の名義のクレジットカードを持っていることでしょう。この頃は、銀行が発行するキャッシュカードがクレジットカードとして使えるものもあり、重宝しているという人もいます。クレジットカードのメリットは、何と言っても現金を持ち歩く必要がないところ。高額商品を買いたい時にも支払いを分割にすることができます。使用金額に応じてポイントがたまるということもあります。クレジットカードを何枚か持って、上手に使い分けしている人も大勢います。海外では、クレジットカードが身分証明書として機能する場面もあります。ホテルのチェックインでは、クレジットカードを出すように求められることが、海外旅行時には多くあります。海外に行くのであれば、クレジットカードを1枚は所持しておくべきだといいます。クレジットカードは誰もが持てるものではありません。新規で作成するためには必ず事前に審査はあるので利用を断られることもあります。一般的には、仕事を持ち一定の収入がある人であれば、問題なくクレジットカードを持つことができるでしょう。更にグレードの高いゴールドカードやプラチナカードになると審査基準が厳しくなります。また、収入が不安定だったり、ついている仕事の内容によって、クレジットカードが作れないこともあります。